親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

夢はワールドカップ

JUGEMテーマ:絵本紹介
 
熱戦を繰り広げたワールドカップ。

ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

私は、今までサッカーには全く興味がなかったのですが、息子がサッカーを始めたおかげで興味がわき、にわかサッカーファンになりました(笑)

息子は、オランダ戦だけ生で見ましたが、テレビに釘付けになっていました。



そんな中、こんな絵本を見つけて読みました。


夢はワールドカップ (あかね・新えほんシリーズ)
夢はワールドカップ (あかね・新えほんシリーズ)ティム ヴァイナー Tim Vyner

あかね書房 2001-11
売り上げランキング : 183004

おすすめ平均 star
starサッカー小僧の息子が大好きな本です
starサッカーの魅力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


世界中で、いろんな国の子どもがサッカーをやっているというお話。

息子には、

「サッカーはボール一つあれば出来るスポーツだから、いろんな国の子がやっているし、
 サッカーをやっていると世界中の子と遊べるんだよ!」

と話しました。

この絵本は、きれいな服を着ている国の子、はだしの子、絵を見るだけでいろんな事が読み取れるのも興味深かったです。

興味を持ったことから、世界に目を向けられるといいな〜と思います。

始めたサッカーも頑張って欲しいな☆



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応 援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育
絵本 | comments(0) | trackbacks(0)

絵本の選び方

 JUGEMテーマ:子育て情報

自己紹介にもあるとおり、3日坊主の私ですが、唯一続いていることがあります。

それは・・・


読み聞かせ☆

息子が0歳のときから、読み聞かせだけは今も続いています。

幼稚園に入園するまでは、同じ絵本の繰り返しで正直読み聞かせがうんざり・・・という時期もありましたが、最近は私も絵本を楽しめるようになってきました。

読み聞かせをすれば賢くなる、とはよく言われますが、じゃあ読む絵本はなんでもいいのか?
というと、ちょっと疑問を感じたりもします。

子どもが小さい頃は、音が出たり、音楽が流れたりするような絵本を見つけると、「買って買って!」とせがまれたりしますが、そんな絵本ばかり揃えるのもどうかな?と思ったりします。

かといって、子どもや自分が選んだ絵本にはどうしても偏りがあり、気が付けば同じ作家の人の絵本ばかり・・・ということもありました。


そこで、私の絵本の選び方をご紹介しますね。

.屮奪クラブで紹介されている絵本

おすすめの絵本を毎月届けてくれるブッククラブは、利用されている方も多いのではないでしょうか。

おすすめの絵本というだけあって、良書がそろっていると思います。

もちろんブッククラブを利用してもいいのですが、私の場合は持っている本も結構あったりするので、ここで紹介されている絵本を図書館で借りて読んでいます。

クレヨンハウスのブッククラブ


△┐曚鵑じさんのブログ

えほんおじさんというだけあって、絵本を見る目があると思います。

おじさんがおすすめしてくれる絵本もたくさんあるので、とても参考になります。

えほんおじさんによると、小学生で流行っている「かいけつゾロリ」シリーズは、良書とは言えないそうです。

えほんのくに 吉備


K棆阿気鵑里すすめの本

以前、チル大生の方に教えてもらった本屋さんですが、書店では見かけないような良書がたくさん紹介されているので、絵本選びの参考にしています。

絵本の店・星の子



こ本ナビのサイト

ご存知の方も多いと思いますが、絵本の解説が丁寧にしてあるので、とても参考になります。

歯の絵本や七夕の絵本など、テーマに沿って特集を組んでくれるのでほしい本が見つかりやすいです。

絵本ナビ


ナ_惨杤馘垢裡硲

良書が多いといわれる福音館の絵本。

そのHPの中に、おすすめ本ガイドや新しい本など様々な本が紹介されていて参考になります。

福音館書店


・・・と、まあ日本語絵本は上記のサイトを参考に選ぶことが多いです。

あとは、チル大生のブログもとても参考になりますよ☆


英語絵本は、やっぱり英語本のサイト!

英語本


それから、先日こんな本を見つけました。


[CD付]音のある英語絵本ガイド
[CD付]音のある英語絵本ガイド外山 節子 宮下 いづみ

コスモピア 2009-12-24
売り上げランキング : 262992


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


英語の絵本が見開きになって紹介されていて、さらに2ページぐらい音声付なので、絵本の内容も垣間見れてとても分かりやすかったです。

この本の中で紹介されていた絵本を図書館で借りてみて、息子が気に入ったのはこの絵本。


There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Caldecott Honor Book)
There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Caldecott Honor Book)Simms Taback

Viking Juvenile 1997-09-01
売り上げランキング : 45764

おすすめ平均 star
star子供の読みきかせに
starうーん。。。
starページをめくる度におばあちゃんのおなかが大きくなって

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハエを飲み込んだおばあちゃんが、次々にいろんなものを飲み込んでいくのですが、なかなか面白い本でした。


息子ももうすぐ6歳。自分で本を読むときもありますが、まだまだ読み聞かせは続けたいな〜と思います。

他におすすめのサイトや本があれば、教えてください♪


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育
絵本 | comments(2) | trackbacks(0)

会話がはずむ絵本

JUGEMテーマ:絵本紹介

昨日は、チル大の愛知オフ会に行ってきました♪

初対面の方ばかりでしたが、和やかな雰囲気で楽しかったです。

そして、集まった子ども達をよく見てみると・・・・息子より小さい子ばっかり!

チル大では入学時期が早いので古株っぽい私ですが、育児の面でも先輩(子どもが大きいだけですが)になりつつあることに、驚きを感じました。

昨日はカメラも携帯も忘れ、写真が一枚もないのが残念・・・。



息子は、相変わらず石井さんのムスコ君とたわむれておりました。

一緒にボートに乗ろう!と言われ、ムスコ君とうちの子と足こぎボートに乗ったら、
「○番のボートを追い抜かすぞー!」と、子ども達は勝手に競争を挑みだし、
私も必死にボートをこいでへとへとになりました。

男の子と遊ぶのは体力勝負ですね・・・。


そんな中、2歳のお子さんを持つチル大生の方に、

「どんな絵本を読めばいいのか分からない。」といった質問を受けました。


2歳の時はチル大入学前だったので、特にチル大的な取り組みもしていなかったのですが、
絵本の読み聞かせはしていたので、会話が広がりそうな絵本を紹介しますね。



やさいのせなか (幼児絵本シリーズ)
やさいのせなか (幼児絵本シリーズ)
福音館書店 2005-07-07
売り上げランキング : 243477

おすすめ平均 star
star難しいのは事実です
starちょっと難しい?
star「やさいのおなか」はよかったけれど・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


野菜の上に紙を乗せてくれよんでこすると、不思議な模様が沢山!

実際にやってみても楽しいと思うし、いろいろ会話を広げられると思います。

この本の仲間で、「やさいのおなか」という絵本もおすすめです♪



さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)
さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)
こぐま社 1977-03
売り上げランキング : 49543

おすすめ平均 star
star語彙とグルーピングを、楽しくおぼえれそう
starついでに買ったのですが
starさよならさんかく〜♪懐かしい〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さよならさんかく またきてしかく♪ と、とってもリズミカルな絵本です。

しかくいもの、まるいもの、いろんな形に触れて遊ぶきっかけになりそうです。



きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1))
きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1)) 五味 太郎

偕成社 1983-03
売り上げランキング : 17358

おすすめ平均 star
starラストがいい!
star子どもと一緒にしかけ絵本に夢中になりました
starなかなかにくいね!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

男の子が黄色いのはちょうちょ・・・といいながらちょうちょを追いかけるのですが、いろんな黄色いものが登場します。

この絵本の真似をして、「黒いのは・・・」とか「赤いのは・・・」と遊ぶのも楽しいかも♪




ことばのべんきょう 全4冊
ことばのべんきょう 全4冊
福音館書店 1993-02-01
売り上げランキング : 67816

おすすめ平均 star
star古いかな
star楽しい日常が自然と感じる絵本
starくまちゃん一家の日常を垣間見る楽しさ♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


たくさんの物の名前が登場します。

ちょっと古臭い感じもするし、今は使わないようなものも出てくるのですが、息子は気に入って
何度も何度も読みました。

ちょっと昔(昭和ぐらいかな)のお話をするきっかけにもなるかも♪


みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
みんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん) 五味 太郎

福音館書店 1981-02-02
売り上げランキング : 3078

おすすめ平均 star
star子どもの必読書!
starいきものはたべるから
starある意味で深遠なる哲学書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


動物も虫も鳥も人間も、みーんなうんちをするんだよーという絵本。子どもウケはばっちりです。

図鑑を広げるきっかけにもなるかも!?



おへそのひみつ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
おへそのひみつ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
福音館書店 2000-11-10
売り上げランキング : 41557

おすすめ平均 star
starおへそがちぎれるー
star面白いです。
starいい本ですが...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この他にも、「はははのはなし」「かさぶたくん」「はなのあなのはなし」なんかは、大のお気に入りでした。
やぎゅうさんの絵本は、面白いしためになるのでおすすめです♪


他にもいろいろあったと思うけど、今日はこの辺で。

こうやって昔読んでた絵本を見ると、その頃の光景とか思い出して懐かしくなりますね〜。

私にアドバイスできることがあればお答えするので、小さい子のママさんも良かったらコメントくださいねー。



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育
絵本 | comments(3) | trackbacks(0)

童話への入り口

JUGEMテーマ:絵本紹介

以前、大阪オフ会に行ったときに、石井さんにそのとき読み聞かせ中の本を見せてもらいました。

ガンジーの本だったのですが、思った以上に分厚い!

1年生で、こんなに長い本を聞いていられるの〜?ってびっくりでした。



うちの子は、絵がない本なんてまだまだ・・・と思っていましたが、だいぶ言葉も分かるようになり、長いお話も聞いていられるようになったので、そろそろ童話も読めるのかな?と思い、エルマーのぼうけんを借りてみました。


そうしたら、名作とよばれるだけあってやはり面白かったらしく、続きが読みたい!というので、エルマーと16ぴきのりゅうエルマーとりゅうも読みました。


1冊の本を何日かに分けて読んだのは初めてだったので、お話が途中で終わっても、毎日読めなくても、内容を覚えていられるようになったんだな〜、と成長を感じました。


その後、いやいやえんを借りてみたら、またまたヒット♪
主人公のしげるは、ちょっと息子にタイプが似てる気がして、私も感情移入して読めました。

息子も、やっぱり同い年の子が出てくるお話に共感できたみたいです。

これは、一つのお話がそんなに長くないので、楽しめると思います。



いやいやえんと同じように、同じぐらいの年の子が登場するやまぐにほいくえんもおすすめです。

けんかしたり、失敗したり、普通の保育園児の子達が元気に遊ぶ様子が描かれていて、やっぱり面白かったみたいです。


あとは、「はれときどきぶた」も面白かったみたいです。


絵本から童話に移るには、やっぱり同じぐらいの年の子が出てくるような、共感できるお話がいいのかな?と思っています。


もちろん今でも絵本は大好きだけど、少しずつ長いお話にも慣れていって、だんだん難しい本に移行できていったらいいなあ〜、と思っています。


他におすすめの本があれば、教えてください♪



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



 
評価:
中川 李枝子
福音館書店
¥ 1,365
(1962-01-01)
コメント:主人公のしげるが、うちの子とちょっと似ている気がして感情移入して読めました。おすすめです!

評価:
ルース・スタイルス・ガネット
福音館書店
¥ 1,260
(1963-07-01)
コメント:少し長いですが、息子はお気に入りでした。3冊まとめて読むのがおすすめです。

評価:
征矢 清
福音館書店
¥ 1,470
(1977-09-01)
コメント:元気でやんちゃな子ども達がけんかしたり、遊んだりする様子がとても共感できるらしく、息子もお話の世界にひたっていました。

絵本 | comments(3) | trackbacks(0)

クイズを楽しむ

JUGEMテーマ:オススメの本

以前、まなりんさんが「なぞなぞ遊び」の記事を書いていたこともあって、一時期なぞなぞに
はまった時期がありました。 

といっても、息子は答えるより問題を出すほうが好きなようです。


ニフティのなぞなぞブックは、持ち運びが出来るので、持ち歩いては誰かに問題を出していますが、
このなぞなぞ意外と難しい!

ぜひ印刷して、お子さんと一緒に楽しんでください。


さて、問題を出すのが好きな息子が図書館で見つけてきたのは、「都道府県クイズ」の本。


これ、いろいろな都道府県に関するクイズが載っているのですが、意外と難しい・・・。

もちろん知っている問題もありますが、結構分からなかったりして親の面目丸つぶれです(笑)
(それは私だけ?)

都道府県の名前や位置が大体頭に入っていれば、楽しめるんじゃないかな〜と思います。



さらに、「これ借りたーい」と見つけてきたのは、「
1年生100人にききました なぜなにランキング」
という本です。

理科や社会など常識的な問題が3択のクイズ形式になっていて、1年生の正答率の高い順に問題が書かれています。

大人なら知ってて当たり前・・・と思うことでも、息子は意外と知らなかったりして面白かったです。

このシリーズは、1年生から6年生まであるので、結構大きい子でも楽しめるのでは?と思います。



でも、自分が知っていると思っていることでも、本当は知らないことって結構あるんですよね。

こないだ息子に、

「人間や動物は、酸素を吸って二酸化炭素をはいているんだよ。」と話したら、

「なんで?なんで酸素が二酸化炭素に変わるの?」 と言われました。

なんで・・・・って、そんなこと考えたこともなかったぞー。


無知な私は、早速調べてみました。こういうときインターネットって便利ですよね。

空気を吸うと、体の中でどんなことが起きるの



大人はつい、大人の方が賢い、何でも知っている、と思いがちですが、私は子供を産んでから
自分がいかに無知であるか思い知らされました。

私は今まで、与えられる教育しか受けてこなかったので、息子のようにいろんなことに疑問を感じることなく過ごしてきました。

でも、よくよく周りを見渡してみれば、身近なところにも不思議なことってたくさんあるんですよね。

どんなクイズより、どんななぞなぞより、子どもの疑問が一番自分の勉強になったりしています。


子どもから質問を引き出すには、やっぱり普段の会話や読み聞かせが大事なんでしょうね。

最近、テレビが大好きな息子・・・テレビより魅力的なものを提供できるよう試行錯誤の毎日です。

何かいいアイデアがあれば教えてください☆




あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育

評価:
---
学習研究社
¥ 1,050
(2005-01)
コメント:大人が当然知っていると思うことも、子どもは意外と知らなかったりします。幼稚園ぐらいから楽しめると思います。

評価:
北 俊夫
国土社
¥ 2,940
(2009-03)
コメント:全国各地いろいろな問題がありますが、これが意外と難しい。子どもと一緒に楽しめます。

絵本 | comments(2) | trackbacks(0)

好きなものはとことん

JUGEMテーマ:絵本紹介


最近、息子がどっぷりはまっているもの・・・


それは、落語です!

以前も落語絵本にはまった時期がありましたが、今回のハマりぶりはすごいです。


きっかけは、以前石井さんのブログで紹介されていた「えほん寄席」という絵本。

面白そうだな、と思い図書館で借りてみると、見事につぼにはまったようです。

この絵本には、落語家さんが話すCDが付いているのですが、最近はそれを車の中で延々と聞いています。

しかも、同じ話を何度も何度も・・・


聞かされている私としては、うんざりなのですが、はまるってそういうことなんでしょうね。



そんなに好きなら、ということでえほん寄席シリーズは図書館で全て借りて、他に

ごくらくらくご」と「はじめての落語」という本も借りました。


はじめての落語は、とにかく落語の話がたくさん載っていて、江戸時代の通貨の単位や時刻の表し方も載っているので、おすすめです。


ちなみに、時そばに出てくる「16文」は、今のお金でいうと320円ぐらいだそうです。

下のサイトにも通貨の単位について説明があるので、参考にしてください☆

よく出る代金と江戸のお金



時々、ママ友に

「なんか、しぐさとか笑いのセンスが昭和っぽいよね〜」

と言われるうちの息子。

こないだは笑点を見て大爆笑してたし、うちの子はおじいちゃん子だけあって、好きなこともなんかおっさんくさい(笑)



でも、落語絵本にはまったおかげで、ちょっと語彙も増えました☆

CDを流していると、「これってどういう意味?」と聞かれることが何度かあったので、語彙を増やすためにもいろんなジャンルの本を読み聞かせるといいんでしょうね。


せっかくだから本物を!と思い、

地元で寄席があるので、行ってみようかな〜、と思ったら、未就学児の入場はご遠慮ください
とありました・・・。


コンサートとか演劇とか、まだまだ見られるものは限られるんですね〜。残念。


ばりばりの平成生まれなのに、昭和の香りがする息子・・・

今後はどうなっていくんでしょう?



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



評価:
桂 文我
小学館
¥ 1,890
(2007-02-28)
コメント:息子が落語にはまるきっかけとなった絵本です。このシリーズは、どれも面白い。落語家さんのCDつきでおすすめです。

評価:
桂 文我
小学館
---
(2003-10)
コメント:子どもが出てくるお話が多いので、落語を知らない子でも親しみやすいと思います。

評価:
石崎 洋司
講談社
¥ 2,940
(2008-10-31)
コメント:お話が101も入っているので、いろんなお話を楽しめます。落語に関する豆知識ものっていておすすめです。

絵本 | comments(2) | trackbacks(0)

今日は節分♪

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪

今日は節分ですね。

節分といえば、鬼。

うちにある鬼の絵本を紹介しますねー。


「まゆとおに」

2年程前、たまたま本屋に行った時に、息子が欲しい!と言った絵本でした。

鬼といっても、ここに出てくる鬼はちょっとまぬけな鬼なので楽しく読めました。

息子の通っている幼稚園では、劇団の人が来てこのお芝居をやってくれたようです。


「おにたのぼうし」
皆が想像する鬼って、悪者で怖い存在だけど、本当にそうかな?

これはこうであるべき、こうであるはず、という大人の既成概念を打ち破ってくれる絵本です。


「だいくとおにろく」 
有名な絵本ですが、息子は一時期はまって何度も読んでとせがんでいました。

大工が鬼の名前を当てる場面が特に面白いようです。


他に、図書館で、

「なぜ、節分に豆をまくの?」 という紙芝居と、「せつぶんだまめまきだ」 という絵本を借りて読みました。


絵本ナビに、節分の絵本がたくさん紹介されていたので、参考にしてくださいね☆

 節分・鬼の絵本


それから、こんなサイトを見つけました。

 節分・豆まき・恵方巻き

 厄除け・節分


節分の豆知識や恵方巻きの作り方、鬼のお面や塗り絵ができたりと、便利なサイトなので、
良かったら活用してくださいね。


今日は、息子と近くの神社の豆まきに参加する予定です。

節分などの行事を通して、少しずつ日本の文化についても触れていきたいな、と思っています。

無知な私でも、今はいろんなサイトがあるから助かってます♪

おすすめの本やレシピがあれば、教えてください☆



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



評価:
富安 陽子
福音館書店
¥ 840
(2004-03-10)
コメント:ちょっとまぬけな鬼と力持ちのまゆの楽しいお話です。3歳ぐらいから読めそうです。

評価:
あまん きみこ
ポプラ社
¥ 1,050
(1969-08)
コメント:鬼は怖いといわれているけど、本当かな?優しい鬼が出てくる心温まるお話です。

評価:
松居 直
福音館書店
¥ 840
(1967-02-15)
コメント:一時期気に入って、何度も読んでいました。節分とは直接関係ありませんが、おすすめです。

絵本 | comments(2) | trackbacks(0)

もうすぐハワイ♪

JUGEMテーマ:絵本紹介


あけましておめでとうございます♪

といっても、ずいぶん日にちがたってしまいました・・・。

更新してなくてものぞいてくださった方、ありがとうございました。


私事ですが、もうすぐハワイに行きます♪

アロハというペンネームの通り、私はフラを習っているのですが、今回ハワイで踊れることになり、
息子を連れて行ってきます♪


フラの先生が主催するツアーなので、どれぐらい自由時間が取れるか分かりませんが、楽しんでこようと思います。


行くからには、やっぱり本も読まなきゃ〜!
ということで、下の3冊を読みました。

オバマさんの絵本は英語だったので、息子の反応はいまいち・・・。
でも、絵もカラフルだし、私は気に入っています。


あと、すっかり忘れていたのですが、以前ハワイに行かれたかたにもらった絵本も出てきました。

(もらった当時は、息子が小さかったので見向きもされず・・・(悲))

「baby honu saves the day」 

これ、絵がすごくかわいい♪

早速、今日読み聞かせしようかな。


ハワイに行く予定がある人もない人も、ハワイ気分に浸りたかったら、たまには変わった絵本を読んでみるのもいいかも☆

他におすすめの本があれば、教えてください。


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



 
評価:
Dr. Carolan
Banana Patch Pr
¥ 1,817
(2009-06)
コメント:カラフルなイラストとともに、ハワイについて紹介されています。ハワイ語の紹介もあるし、CDもついているのでおすすめです。

評価:
小島 みなみ
日本交通公社出版事業局
---
(1996-07)
コメント:ハワイについてざっと説明がしてあるので、子どもにも分かりやすくおすすめです。

評価:
東 菜奈
ポプラ社
---
(2002-07)
コメント:ハワイの料理のレシピも載っていて、絵本とレシピが両方楽しめます。

絵本 | comments(3) | trackbacks(0)

秋におすすめの絵本

JUGEMテーマ:オススメの本


秋というより、もう冬になりつつありますが・・・(汗)


これは、今年拾ってきたどんぐりです。

ペットボトルやお菓子の箱に入れてマラカスを作ったり、幼稚園で作った工作と一緒に部屋に飾っています。(一応、黄色いのはアイスのつもりみたいです)

(捨てようとすると怒るので、なかなか捨てられません・・・)


   



うちの子、外に行くと石やらどんぐりやら木の実やら、やたらと拾って持って帰りたがるんですよね。

幼稚園に行けば、誰かが落とした工作まで持って帰るし。

男の子って、収集癖があるんでしょうか?



これは、去年幼稚園で作ったどんぐりの折り紙。
引越しにあたり処分したので、ブログに載せました(笑)

         


というわけで、どんぐりの本を借りて読みました。

どんぐり」と「どんぐりかいぎ」 どちらもおすすめです♪

友達に、食べられるどんぐりがあると聞いて、公園に探しに行ったりもしたのですが、
どれが食べられるどんぐりなのか見分けられなかった私・・・。

また教えてもらって、来年は食べてみようかなあ。


拾ったどんぐりは、どんぐり銀行に持っていくと苗木と替えてもらえるそうですが、
なかなか行けずにいます。

店舗一覧はこちら。

どんぐり共和国 店舗一覧



でも、こういったシステムがあるって素敵ですよね。

また時間を見つけていけたらいいなと思います。



秋といえば、落ち葉もありますね。

おちばのようふくくださいな」 という紙芝居を読みましたが、素敵なお話でした☆

これも、去年の幼稚園の作品。

       


本当は、おうちでもこういった取り組みをしてあげられると良いのですが、最近は忙しいこともあって、手を抜きまくり・・・。

落ち着いたらまた頑張ります☆



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育

評価:
こうや すすむ
福音館書店
¥ 945
(1995-09)
コメント:どんぐりの木が主人公のお話。どんぐりの木になり年とふなり年があるのはなぜか、自然の仕組みについて学べます。

評価:
こうや すすむ
福音館書店
¥ 945
(1988-05)
コメント:どんぐりを通じて、自然界の営みが学べる本です。

絵本 | comments(0) | trackbacks(0)

大きさを感じる絵本

JUGEMテーマ:オススメの本


私事ですが、近々引越しをすることになって、引越しの準備でバタバタしています。

狭いマンションにも思った以上に物があって、ゴミ袋を何袋捨てたことか・・・。

物はあんまり増やすべきじゃないですね〜。


そんなわけで、最近は絵本を読むぐらいしかしていません。

数に興味を持ったら、大きさにも興味を持てるような絵本はいかがですか?


図書館で借りて読んだ「大きいってどんなこと」という本、これすごく良かったです。

・・・が、現在取り扱いがないようですね・・・。

調べてみたら、復刊ドットコムというサイトで復刊を望むコメントを残せば、復刊してもらえるかもしれないみたいです。

この絵本が読みたい方は、ぜひコメントを残してください♪(って私もまだやってませんが)

大きいってどんなこと



では、今すぐ読める本を紹介しますね。

「シロナガスクジラより大きいものっているの?」

これも、大きさを感じられる絵本です。

クジラから宇宙まで大きいものがたくさん出てきます。

算数というよりは、科学の絵本かな?という感じです。


あと、まだ読んでいないのですが面白そうな絵本を見つけました。

「これがほんとの大きさ!」

気になるので、今度読んでみようと思います。



話は変わって、先日駐車場に半日車を停めました。

車を出庫するとき、息子が

「駐車料金は一日1200円なんだねー。」と言ったので、

「そうだね。じゃあ2日とめるといくらになるかな?」と聞いてみたら

「2400円!」 

「じゃあ、3日とめたら?」

「・・・3600円!」

九九もろくに言えないのに、なんで分かったんでしょう?

もしかして、人生ゲームのおかげ!?




あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育

 
評価:
ハーマン・シュナイダー,ニーナ・シュナイダー
福音館書店
---
(2000)
コメント:星から原子まで大きさについて分かりやすく書かれていておすすめです。

評価:
R.E. ウェルズ
評論社
¥ 1,365
(1999-03)
コメント:大きいものがどんどん広がっていく絵本。宇宙に興味を持てるような一冊です。

評価:
スティーブ ジェンキンズ
評論社
¥ 1,680
(2008-03)
コメント:まだ読んでいないのですが、面白そうなので載せてみました。

絵本 | comments(2) | trackbacks(0)