親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

伝統芸能に触れてみる

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪


以前、見える歴史という番組が好きでよく見ていました。

あるとき、近松門左衛門をとりあげた回があり、人形浄瑠璃や歌舞伎を紹介していました。

そういえば人形浄瑠璃とか歌舞伎って、私も見たことないような・・・。

息子は劇が大好きなので、いつか人形浄瑠璃が見られるといいね〜と話していました。


そしたら、たまたま手に取ったパンフレットで見つけました♪

でも、四谷怪談なのでちょっと怖そう・・・。

よく見ると、劇の前日に親子で伝統芸能に触れよう!というワークショップがあったので、とりあえずそれに参加することにしました。


ワークショップでは、一龍斎貞水さんという講談師の方が講談のやり方などを教えてくださいました。


     


この方は声優もやっていて、ちびまるこちゃんのお母さんや、くれよんしんちゃんの小杉君の声を担当しているそうです。


実際に、アニメに声を吹き込む場面も見せていただきましたが、とっても迫力があって、感動しました。

講談や声優体験もさせてもらえたのですが、息子は恥ずかしいのか参加せず・・・。


次に、実際に文学人形を動かしている方が人形の動かし方を教えてくださいました。

   


文学人形は、3人で動かしていること、手を動かすときには目線を手の動きに合わせることなど
教えてくださいました。

人形の髪の毛は、ヤクの毛を使ったり、人間の毛を使ったりするそうです。


今回の劇は、伝統芸能と現代人形のコラボということで、現代人形劇の方に、
人形を動かしていただきました。

  


この蛇は、本当は3人ぐらいで動かすそうです。

置いてあるとただのぬいぐるみのようですが、動かすと躍動感があって迫力満点でした♪


終わった後は、自由に人形をさわることができて、息子は大喜びでした。

劇で使用する人形をさわれる機会なんてなかなかないので、とてもよい機会になりました。






次の日の四谷怪談の上映では、上の蛇も登場しました。

息子は、昼間にお友達と行ったお花見ではしゃぎすぎたのか、途中まで爆睡(笑)

でも、前半部分はお岩さんがだまされて遊郭に連れて行かれる場面だったので、寝てくれてちょうど良かったかも・・・。

寝ていたこともあり、息子は話の内容をあまり理解できなかったようですが、それなりに楽しかったようです。

私も、とても楽しめました。


あとで、大体のあらすじを教えてあげて、

「人の恨みは怖いんだよー。お友達にうらまれるようなことをしたらだめだよー。」

と教えておきました☆


家に帰ってから、お舅さんが

「どうだった?お皿をいちまい、にーまいって数えてた?」


それは、お岩さんじゃなくてお菊さんです(笑)!!


子どもには難しそうなことでも、触れてみると楽しいかもしれません。

四谷怪談の絵本も見つけました。まだ読んでいませんが、今度読んでみようかな。

ま、ちょっと内容が内容だけに、お子さんの年齢に合わせて与えたほうがいいかもしれませんが、

いろんなジャンルの本を読むことで、子どもの興味も広がるかも♪



チル大は、ただいま春のキャンペーン中!


            



応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育
評価:
さねとう あきら
ポプラ社
¥ 1,260
(2005-08)
コメント:まだ読んでいませんが、面白そうです。

評価:
沼野 正子
汐文社
¥ 1,575
(2007-03)
コメント:まだ読んでいませんが、面白そうです。

国語 | comments(0) | trackbacks(0)

楽しいしりとり遊び

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪


虹色教室のオンライン教材が気になっている私。

久しぶりにブロックを出して、息子と遊んでみました。

息子が作った作品。

これは、飛行機だそうです。(車に見えるけど・・・)

   

私が、いろんな変な物を作っていたら、(顔が人間で身体がきりんとか)息子もゲラゲラ笑って
作ったのがこれ。

これは、窓犬!?

   


息子は、ブロック自体を楽しむというよりは、ブロックを使って話を始めるのが好きなので、

(例えば、上の飛行機では
 「これはねー、工事をする飛行機でねー(どんなんだ!?)・・・」と飛行機の説明を始めます。)

作品としては大したものが出来上がらないんですよねー。(話に夢中になるので)

オンライン教材を使ったら、何か変わるのでしょうか。気になる・・・。



ところで、車や電車で移動するとき、何をして遊んでいますか?

手持ち無沙汰になると、私はよく息子としりとりをして遊びます。

もちろん、普通のしりとりも楽しいけど、変形バージョンも楽しんでいます。


例えば、地名しりとり

国の名前や日本の都道府県、とにかく場所の名前なら何でもOK。

が、これが結構難しい・・・。 

でも、この遊びのおかげか、息子はよく「世界の国ぐに 探検大図鑑」をくいいるように見ています。

そして、この国は人口○万人だよー。少ないねー。とか、中国は13億人もいる!とか、いろんな国の人口に興味を持ちました。



それから、文字数を決めたしりとり

例えば、3文字しりとりなら、3文字の言葉しか言えません。

これは文字数が増えるほど難しいです。

が、語彙数の少ない息子は、すぐに言葉に詰まったりして、もうこれはやりたくないと言ったりするので、もう少し大きい子の方が楽しめるかもしれません。



あとは、文章しりとり

「花が咲いた」とか「ご飯を食べる」とか、文章でしりとりをします。

「○くん(息子の名前)がおならした」とか言うと、結構ウケます。(うちの子だけ?)

これで遊ぶとき、大体くだらないことを言うことが多いのですが、たまにドキッとしたことを言うんですよねー。

「今を生きる」とか・・・。

こないだは、急に「荒らすことは出来ない」と言われ、なんだかドキッとしました。

「それ、どういう意味?地球を荒らすことは出来ないってこと?」と聞くと、

「なんでもない。」とごまかされましたが・・・。

うーん、なんだったんだろう?


しりとり遊び、他にも楽しそうなものがあれば、ぜひ教えてくださいね♪


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



評価:
小学館
小学館
¥ 4,500
(2004-12-04)
コメント:いろんな国が写真とともに紹介されていて、幼児にも分かりやすくおすすめです。

国語 | comments(2) | trackbacks(0)

楽しい言葉遊び♪

JUGEMテーマ:言葉を育む子育て


実家から帰宅途中に、高島屋で見たイルミネーション、きれいでした♪




もう新学期も始まりましたね〜。
私は、増えすぎた体重を減らさないといけません・・・。


息子は4歳半になり、ますますおしゃべりになってきました。
そんな息子が最近ハマっているのは、言葉遊びです。


まず始めは、地図を使った遊びです

お風呂場には100均で買った日本地図が貼ってあるのですが、それを見ながら、

「最後に ま がつく都道府県は何でしょう?」とかお互いに問題を出し合います。

「ひろしま! ふくしま! とやま!」 

まあ、地図を見ながら答えるので簡単なのですが、見つけると結構楽しいみたいです。

慣れてきたら、

「では、2番目に か がつく都道府県は何でしょう?」 とか

「2文字の都道府県は何でしょう?」 

とか、いろいろ考えていると、県名や場所も覚えられるし、結構楽しめますよ♪



次は、すべての言葉を濁音にする遊び。

「おぶろにばいるよ!」 (お風呂に入るよ!)

「まだ あぞびだいよ〜。 ぼん、よんで!」 (まだ遊びたいよ〜。本、読んで!)

「じゃあ、いっざづ だげでずよ 」 (じゃあ、一冊だけですよ)

「ぎゅうざづがいい〜」 (9冊がいい〜)

濁音で話すと、なんか自然と噴出してしまう面白さがありますよ。

怒りたくなった時も、濁音で話すとなぜか笑えてきて怒りが中和されるので、ぜひお試しください(笑)



そして、さかさ言葉の遊び。

「今から言う果物の名前を当ててね〜。 んかみ!」

「みかん!」

「かいす!」

「すいか!」

っていう風に、さかさの言葉を当ててもらいます。

慣れてきたら、上から読んでも下から読んでも同じ言葉を探させようと思いましたが、これはちょっと難しかったみたいです。

私もあまり思いつかないので、図書館で「つつみがみっつ」という本を借りて読んだら、結構面白がっていましたよ♪ 回文ばかり載っている絵本です。





最後は、人物当てクイズをしました。



え?絵が下手すぎてわからない?

いや〜、私 美術が2でしたから・・・。

ま、絵は下手でも色がわかればいいんです。

「誰のことを言ってるか、当ててみてね。
 
 私は、赤い服を着ています。
 私は、紫色の靴ははいていません。
 私は、髪が長いです。

 さあ、誰でしょう?」

・・・が、これは簡単すぎたのか、息子はほとんど正解でした。

唯一間違えたのは、こんな問題です。

「私は、青い帽子をかぶっています。
 私は、オレンジ色のずぼんをはいた女の子の右側にいます。

 さあ、誰でしょう?」

そう、息子は右と左をいまだに間違えるのでした・・・。

絵を見て解く問題は簡単だったみたいなので、今度虹色教室通信でやられていた文章題の問題をやらせてみようかな、と思っています。



もう少し大きくなったら、なぞかけも楽しそうですよね。
こんなサイトを見つけましたよ。

「言葉遊びの世界」にようこそ



他にも、言葉遊びの「わにがわになる」を読んで、だじゃれを考えるのも面白いし、

ぶたたぬききつねねこ」のように、しりとりでつなげていくのも面白そうですよね。


日本人だからこそ楽しめる、日本語の言葉遊び、ぜひお試しくださいね♪




おまけ ☆最近面白かったこと☆

野菜はわりと知っていても、お肉の種類はよく知らない息子。

「牛肉は牛のお肉で、豚肉は豚で、鶏肉はニワトリのお肉なんだよ。」

「ふ〜ん・・・。」

しばらく考えて・・・・



「じゃあ、にんにくは何の肉?」

4歳児の発言、まだまだ面白いです♪





チルドレン大学の500円キャンペーン、とっても好評でした。
クリスマスに申し込みできなかった方の為に、
1月14日まで2500円1月15日は再び500円で受講できますよ

               

チルドレン大学1周年記念キャンペーンのお知らせ


応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育

評価:
多田 ヒロシ
こぐま社
¥ 1,103
(1977-01)
コメント:言葉遊びの絵本で、小さい子から楽しめます♪

評価:
馬場 のぼる
こぐま社
¥ 1,050
(1979-01)
コメント:しりとりになっている絵本です。息子が2,3才のころ気に入ってよく読んでいました。
国語 | comments(8) | trackbacks(0)

暦を学ぶ

JUGEMテーマ:秋の楽しみ


今日は、まず始めにお知らせから・・・。

以前の記事でちらっと紹介したキッズマネーステーションさんですが、その後会員になりまして、私のブログを紹介して頂けることになりました♪

コチラで紹介されています☆

私のところ、「家庭教育のエキスパート!アロハさん」って書いてある〜。
そんなたいそうなブログではありませんが、嬉しいです。
このサイト、会員になると役に立つ記事がいろいろ読めるので、皆さんもぜひ登録してみてくださいね♪
私も、おいおいお金に関する記事を書こうと思っています。

では、今日の話題です。

先日、お友達の家族と一緒に芋掘りに出かけました。
いろいろ探したのですが、どこも遠かったので、以前行ったぶどう狩りの所へ行きました。

息子は芋掘りは、初体験でした。
もう葉は刈ってあって、掘る前はこんな感じで、周りの土を掘っていきます。



私も久々に芋掘りをしましたが、意外とすんなり抜けなくて結構真剣に掘りました〜。



そのあとは、お決まりの外遊び。
以前と同じように、楽しく遊びました♪



そんな中、ふと見ると息子が近くに咲いている彼岸花を摘んでいて、
「これ、持って帰る〜。」と言っています。

私は、お友達のママに
「彼岸花きれいだねー。そういえば、お彼岸っていつだっけ?」と聞かれ、
「・・・そろそろだと思うけど・・・。あれ、いつだっけ?」
その後、一緒に行ったお友達のパパにも聞いてみましたが、
「うーん、23日は秋分の日だよね。お彼岸はいつだったっけ?」

結局、大人三人とも分からなかったのでした。
パパさんに「調べてブログに書いてよー」と頼まれたので、調べてみることにしました。
(Yちゃんのパパ、読んでね〜(笑))

このサイトに以下のように記述がありました。

彼岸とは昔のインドの言葉で パーラミター(波羅蜜)の漢訳である到彼岸を
意味します。到彼岸とは彼岸にいたることで 彼岸とはむこう側の岸 すなわち 悟りの世界 仏の世界を意味します。
反対に悩みと苦しみのこちら側の世界を
此岸
と呼びます。

彼岸って、仏の世界だったのですねー。知りませんでした。

彼岸は 春と秋の年二回行われ 
春は彼岸の中日 春分の日をはさんだ前後 三日間の一週間 
秋は 秋分の日をはさんだ前後 三日間の一週間です

あ、やっぱり今がお彼岸の時期だったのですね。

こうして考えてみると、私って暦の知識が全くないわー、という事に気がついたので、ついでにいろいろ調べてみました。

二十四節季については、こちらのサイト。

太陽は見かけ上、天球を1年で1周します。このときに太陽が移動していく通り道を天球上にあらわしたものを黄道(こうどう、おうどう)といいます。二十四節季とは、この黄道を24等分して、それぞれに名前を付けました。節季とはその24区分した15日間を指したものです。

ふーん、なるほど。
私、夏至とか冬至がどうやって決まっているのか知りませんでした。
このサイトのThat's GAKU(雑学ですね)のところ、気象用語とかも載っていて、
結構勉強になりますよ〜。

こよみのページっていうサイト、これはすごくいいです!

暦から、月食や日食のシュミレーションまで出来て、見るだけでも楽しめます。

暦くん

このサイトは、面白いです!
干支から、年齢を計算するっていうのもあるので、年が気になる人の干支を聞いたら、
年齢が調べられちゃうかも!?

平均余命が出せるので、試しにやってみたら「あと56年」でした。
まだまだ生きれるのね、私☆

うたるんの占い

マヤ暦をベースにした13の月っていうのがあるみたいです。
「銀河の署名占い」っていうのもあって、楽しいですよ♪

ちなみに私は、
「白い水晶の魔法使い」
White Crystal Wizard
「私は共存させる力をもとにして、受けとめて育む力をコントロールすることを担う」
− 明言 −
私は受容性を普遍化することを魅惑するために捧げる。
私は協力という水晶の音で永遠の出力を封印する。

うーん、なんか分かったような分からないような!?
占い好きな方は、ぜひやってみてくださいね。

こうして調べてみると、暦も面白いですねー。
今からちゃんと勉強して、「今日は、寒露ね。」なんて言える様にがんばろう。


私も、暦に弱いわ〜という方は、ぜひポチっと押してくださいね♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


国語 | comments(8) | trackbacks(0)

簡単記憶遊び

JUGEMテーマ:幼児教育


うちのお風呂場には、百均で買ったひらがな表が貼ってあります。

ひらがな表

ある日、息子がそれを見ながら、なにやらぶつぶつ言い始めました。

「あひるが歩いていると、うさぎに出会って・・・」

ん?お話を作っているの?
これはいい!という事で、お互いにお話作りをやってみました。

息子が作ったお話は、こんな感じです。
うさぎ手紙を書いて、の郵便やさんに渡した。
 犬がを登って手紙を運んでいると、魔女に会って、魔女が手紙をねずみに変えちゃった。それを見ていたヘビがねずみを食べちゃった。」

お話作りだけでも楽しいのですが、お話が出来上がると、
「じゃあ、始めに出てきたのは何でしょう?」と質問するのです。
「うさぎ」「じゃあ次は?」
という風に、どんどん聞いていくと、お話にすると意外と覚えているのですねー。
私が作ったお話の記憶はいまいちでしたが、自分で作ったお話に登場したものはほぼ覚えていました。

以前、七田の体験教室に行った時、先生が絵カードをめくりながら、こういったお話を作ってくれた記憶があります。
テンポよくやると、右脳も活性化されるのでしょうか。

面白そうな記憶遊びがいろいろ載っていたので、ご紹介しますね。

記憶遊びの仕方

このサイトに
「必ず覚えられる。スイスイと覚えられるよ。」と自己暗示をかけてあげると記憶力がアップします。
とありました。自己暗示・・・なるほど。

大人の方の記憶術では、脳科学で有名な茂木先生お勧めの記憶法があります。
それは、

鶴の恩返し勉強法だそうです。
ポイント
・テキストから目を離して思い出しながら書く
・何度も声に出して書く
・声を出して読み上げながら文字を書き出す
・長期記憶を入れておく側頭連合野は見たり聞いたり触れたりといった五感を司る
・自分の声を聞き、自分で書くことで、側頭連合野は活性化される
・ノートに書き出すときに、テキストを伏せ、言葉を思い出しながら書く
・なりふりかまわず、声を張り上げ、体全体で行うことがコツ。とても人には見せられないので、鶴の恩返し勉強法と名付けた
・英単語を覚えるのは、この方法で在る程度うまくいく。しかし、言葉は単語を覚えるだけではない。生身の人間と会話することが大事。外国語を使って場数を踏むことで、更に良くなる

テスト勉強には使えそうですね☆
でも、英語はやはり会話をしないとだめなんですねー。
パパに英語で話しかけてみようかな。


一日一回、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

国語 | comments(10) | trackbacks(0)

お話作り

JUGEMテーマ:幼児教育


先日、親子の造形教室に行ってきました。
新聞や紙粘土を使って、自由に動物園を作るというものです。

といっても、4歳の息子に動物を作るのは難しく、工作が苦手な私が作ることに・・・。
息子はヘビと卵を作りました。
色塗りは、ほとんど息子が仕上げ、なんとか完成!

動物園




こういう作品って、家に持ち帰った後どうしていますか?
飾っておしまい・・・じゃ勿体ないですよね。

というわけで、お話作りをしてみました。

お話作り


ちなみに、お話の内容は、動物達がご飯を食べようとしたけど器が足りないのでけんかになる・・・という単純なものです(笑)

お話作りは、小学校入試にもよく出題されるように、文法力や表現力を伸ばすのに最適だそうです。

参照  お話作りで国語力をアップする

出題方法としては、
4枚程の絵カードを時間的順序に並べてお話を作ったり、4場面の中で一場面が抜けていて、その場面を想像しながらお話を作ったりといった課題が出るそうです。

なにも小学校受験をしなくても、もともと子供って空想が大好きなので、想像力を伸ばしてあげられると良いですよね。

お話作りの教材も売っていますが、何もなくても大丈夫。
私は、車の中や移動の途中など、息子が暇そうにしていたら一緒にお話作りをして遊んでいます。
字が書ける子なら、絵本や、しかけ絵本を作っても楽しいと思います。

しかけ絵本の作り方〈パート1〉
しかけ絵本の作り方〈パート1〉Joan Irvine 加納 真士 おすすめ平均 stars低学年から出来ますstarsしかけstarsしかけ絵本の作り方パート1、パート2stars初めて作る人におすすめですstars初めて作る人におすすめですAmazonで詳しく見る by G-Tools


息子は、紙粘土で動物を作っている間、
「この鳥は、卵を100個温めているんだよ!」とか
「このヘビは親子なんだよ」とか
ずーっと空想話を先生に話していました(笑)

チルドレン大学でもVol.60にお話作りの項目がありました。
皆さんも、夏の思い出の工作でお話作り楽しんでみてください♪

応援お願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


国語 | comments(5) | trackbacks(1)

七夕

七月七日は、皆さんもご存知のとおり、七夕でしたね。
私の地域では、残念ながら曇っていて星は見られませんでした。

七夕の絵本を読んであげよう!と思っていたのですが、図書館にも本屋さんにも行く暇がありませんでした。

そんな時は、web絵本が便利ですよね。
こんなサイトを見つけました。

web絵本 たなばた

ちょうど幼稚園でも七夕の劇を見たらしく、真剣に聞いてくれました。
ついでに星のお勉強も出来るし、一石二鳥!

少しずつでもいろんな事に触れさせてあげると、子供の興味って広がりますよね。
先日、プラネタリウムに連れて行った後、息子が太陽系の絵を描いた時はちょっぴり感動しました。

ゆっくりでも、少しずつ知識が深まるといいなあぴかぴか

応援お願いします♪
にほんブログ村 教育ブログへ
国語 | comments(2) | trackbacks(0)