親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< チル脳で旅行を2倍楽しもう☆ その1 | main | 積み木で楽しく遊ぼう☆ ボーリング編 >>

チル脳で旅行を2倍楽しもう☆ その2

JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方


前回の記事、アクセスが増えたなあ、と思ったら、
なおみ先生の虹色通信教育でご紹介いただいていました。

先生、いつもありがとうございます♪


前回の続きです。

福井には1泊2日で行きました。

恐竜博物館は2日目に行こうと決めていたのですが、1日目はどこに行くか決めていませんでした。

宿泊する場所の近くには遊園地もあって、そこに行こうかな〜とも思ったのですがやめました。

なおみ先生の「国立民俗学博物館に行ってきました 2」という記事にもあるように、やっぱり

遊園地のような人工的な楽しみの場所は、親が積極的に与えるものではないなと思ったので。

(といっても、うちの子ジェットコースターが大好きですが・・・)



ということで、越前松島水族館に行ってきました。

ここの水族館は50周年というだけあって、いささか年季を感じるような・・・。

正直、愛知の水族館の方が見ごたえあります(笑)

でも、カメに餌をあげたり、タコやサメにさわることが出来たり、ドクターフィッシュに角質を食べてもらったりして、息子はとても喜んでいました。

水族館のすぐ近くには岩が隆起した場所があり、息子は喜んで登っていました。





実は、恐竜以外何も調べずに行った私。

この岩が越前松島だとあとから知りました(笑)


宿泊場所の近くには、雄島という島もありました。
橋の向こうが雄島です。




雄島に着くと階段があり、その上に大湊神社があるのですが、石段が怖かったのか、途中まで登ると、

「もう降りる。」と息子が言うので断念・・・。

あとから、雄島は神の島と呼ばれていることを知りました。

説得して登ればよかったー。ていうか、もうちょっと調べてから行けばよかったです。


さて、2日目はいよいよ恐竜博物館に行きました♪

福井は、フクイラプトルやフクイサウルスなど恐竜の化石が多く発掘されているだけあって、
さすが博物館も立派でした!





たくさんの恐竜の模型?が展示されていました。


実物大に作られているので、近くで見ると迫力満点!
これは、ティラノサウルスです。





DVDで見た恐竜もたくさんいて、あ〜、これがそうなんだーと感激☆

骨のほかにも、動く恐竜がいたりして視覚的にも楽しめました。

自分たちがいる場所に、昔こんなに大きな恐竜が住んでいたのかと思うと、なんだかとても不思議な感じがしました。


私は恐竜についてしか調べていなかったのですが、この博物館では恐竜以外の動植物や、

46億年の生命の歴史までさかのぼって知ることが出来ました。

息子は、ウンチの化石を見てツボにはまったのか、いまだに思い出しては笑っています。


博物館の外には公園もあって、ここだけでもちょっとした遊び場になっていました。






行く前に少し学んで行ったおかげで、息子も博物館を満喫することが出来ました♪

ビデオコーナーは、説明の言葉が難しすぎたのか、もういい・・と言っていましたが。

息子のお土産は、本人が欲しがっていた恐竜が出てくる入浴剤と、恐竜トランプを購入しました。


恐竜が生きていた時代は、主に三畳紀、ジュラ紀、白亜紀に分類されるのですが、息子は帰ってきてからも時々トランプを眺めて、

「この恐竜は何時代に生まれたのでしょう?」とか質問して遊んでいます。

他にも、「どうして亀やサメなどは生き残ったのに、恐竜だけ絶滅したんだろう?」と話し合ったりしています。



でも、この旅行で一番楽しんだのは、実は私かもしれません。

今まで特に恐竜に興味のなかった私でしたが、博物館では「へー、なるほどー」と感激の連続。

学ぶことが楽しいって、身をもって体験することが出来たのでした。

子供に「勉強しなさい!」なんて言わなくても、自分が楽しんで学んでいれば、

子供も学ぶことって楽しいんだ、って思ってくれるんじゃないかなあ、と思っています。




行きたいけど、福井は遠い・・・と思ってらっしゃる方。

結構いろんな場所で恐竜が見られるみたいですよ。

恐竜の楽園というサイトに、恐竜の見られる博物館が載っているので参考にしてくださいね。

このサイト、恐竜の本も紹介されていておすすめです。



さて、帰ってきてから幼稚園でGWの思い出を絵に描いたと言っていた息子。

「何の絵を描いたの?恐竜の絵?それとも水族館の絵かなあ?」

とわくわくしながら聞いたら、




「えーとねー、泊まったところで食べたごはんの絵!」




旅行の一番の思い出がごはん?


さすがわが子。最後に素敵なオチを与えてくれました(笑)



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?




応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


社会 | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

こっそり応援だけ!
ree | 2009/05/17 10:52 AM
おお〜!写真、良いですね!
恐竜に乗ってるヤツは、動きそうだだわ!

よい旅行でよかったですね☆
ごはんも美味しかったようですし(笑)
anon | 2009/05/18 10:28 PM
reeさん
いつもありがとうございます♪

anonさん
恐竜、けっこうリアルですよね〜。
>ごはんも美味しかったようですし(笑)
食い意地がはってるところとか、血は争えないなあと思います(笑)
アロハ | 2009/05/19 12:45 PM
アロハさん

私以前松島水族館行きました!
まだ息子が2歳くらいで
もひとつわかっていなかったんですが♪
素朴〜なとこですよね。

息子さんがのってる
恐竜の乗り物、かなり絵になってます(笑)
うちも恐竜に目覚めたらぜひ行きたいです!
duke | 2009/05/21 4:54 PM
dukeさん
松島水族館、こじんまりしていて小さい子には良いかもしれないですね。
dukeさんは何県にお住まいなんですか?
恐竜博物館は、化石発掘体験も楽しそうですよ〜。
アロハ | 2009/05/25 12:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/100
この記事に対するトラックバック