親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 幼児教育をさせる親の気持ちとは・・・ | main | 楽しい本物体験 その1 >>

幼児教室っていいの?


子供の教育が気になり出すと、幼児教室も気になりますよね。

私は、息子が1歳半から入園まで幼児教室に通わせていました。

幼児教室といってもお受験の教室ではなかったので、ピリピリした雰囲気はなく、穏やかな感じでしたが。

きっかけは、まだ話せない息子とうまく遊べなかったからと、お友達が欲しかったからです。


お教室では、簡単な工作や手遊び、歌など、身近なものを使って遊ぶ方法をたくさん教えて頂きとても参考になりました。



・・・が、お絵かきの時間になると途端にウロウロし始める息子・・・。
なだめたりしながらなんとかやらせましたが、内心イライラしました。



これは、お教室に限らず、市の親子体操に通っていた時も、体操には参加せず、ひたすら体育館の階段を上ったり、窓を開閉したりしていました。


せっかく参加しているのに、体操は私一人でやるはめに・・・。


今なら、ウロウロしたい時期だったのだなあ、と思いますが、その頃は皆に合わせることが大事だと思っていた私。


楽しむために参加したのに、協調性がないのでは、と悩んだりもしました。


でも、良かったこともありました。


それは、仲の良いお友達が出来たことと、先生が親身に相談に乗ってくださった事です。

お教室の時に出来たお友達は、お友達が引っ越した今でも遊んでいるし、その時その時の育児の悩みを先生に相談することで、気持ちが軽くなりました。


では、なぜ辞めたのかというと、3歳になってお勉強色が強くなってきた(いわゆる先取り教育をするようになった)からです。チル大で学び始めた事もあり、もう必要ないなと判断しました。


それに、お教室に通わせていると、どうしても私が協調性ばかりを気にしてしまうからです。
皆と同じように出来ないと心配になったり、イライラしたりするからです。


要するに、お教室が良いか悪いかではなく、通わせる親の考え方が大事なんですよね。


子供のやりたいと思った事とお教室でやることが違うかもしれない。

それを理解した上で通わせないと、カリキュラムに合わせることばかり気になってしまいます。



ひどくなると、子供のためと言いながら、子供を押さえつけ、自分にとって都合の良い子を育ててしまうことにもなりかねません。


お教室に限らず、どんな習い事でも、誰にとっての習い事なのか、自分のエゴを押し付けてはいないか、もう一度考えてみるといいかもしれません。


な〜んて、偉そうに書いていますが、私も日々自分のエゴと闘っています。

でも、チル大のおかげで自分のエゴに気づき、少しずつでも自分と向き合えるようになっただけでも、成長したのかなあ、と思っています。

結局、子供を変えようと思ったら、自分が変わるしかないんですよね。



チル大は、ただいま英語育児応援キャンペーン中!

チル大って何?という方は、コチラからどうぞ。

ご入会をお考えの方は、ぜひ私までご連絡くださいね。

メンター経由で入会されないと、アマゾンのギフト券はもらえません。

キャンペーンの詳細や、申し込み方法は下記のバナーをクリックしてご覧ください。


              



申し込みの際は、「メンター18番アロハの紹介」とご記入くださいね。

チルドレン大学について、ご質問やご相談のある方はコチラからお気軽にご相談ください。

入校を決めました!という方は、コチラからプラチナチケットを入手してくださいね。 

お得なキャンペーンを利用して、この機会にぜひ入学を検討してくださいね☆




応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


教育 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

幼児教室くらいに行く頃って、一番じっとしてない時期でもありますものね。
だからこその教室なのかな?
うちは全然行かなかったのでよく分からないんだけど・・・。

そんな、お手本に出来るほど大した事やってないです。
普通にしてるだけですよ〜。
ree | 2009/06/11 3:44 AM
小さいお子さんってひとりひとり発達の段階も違うので、
他のお子さんと比べちゃうと
お母さんツラいですよね〜。

私も長男のとき教室に通って、仲良しのお母さんができたのは嬉しかったけど、
長男はみんなと一緒に遊ぶってタイプじゃなかったので、
気になったりしてました。

その子その子にあった子育て、してあげられるとその子は幸せですよね☆
anon | 2009/06/11 10:36 PM
reeさん
日本では、託児所代わりに子供をいろんなお教室に預けている人もいると聞きます。
例え一つ一つのお教室が素晴らしくても、そこが本当に合っているのか、目に見える効果ばかり期待していないか、ちゃんと見極める必要があると思います。
アロハ | 2009/06/15 10:34 PM
anonさん
そうですよね。
私は、お教室だけじゃなく、幼稚園選びでもいろいろなうわさを聞いたりして迷いましたが、最後は息子の意思に任せました。
でも、そうして良かったなと思っています。
アロハ | 2009/06/15 10:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/108
この記事に対するトラックバック