親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 積み木で楽しく遊ぼう☆世界編 | main | 誕生日の不思議な手紙 >>

世界に興味を持つということ

JUGEMテーマ:子供と一緒に遊びまくる━━d(。ゝω・´)━━!


数字はなんとか書ける息子ですが、今までひらがなは書こうとしませんでした。

まあ、別に書けなくても小学校に行けば教えてもらえるし・・・と思っていたのですが、

先日お引越しするお友達にメッセージカードを書くことになりました。

「字が書けなかったら、絵でもいいんだよ。」と言ったのですが、

「練習する。」と言い出し、一度も使っていなかったドリルでひらがなを練習し、初めて自分ひとりで
字が書けました♪

     

この後、名前を書いて完成しました。

年中さんでひらがな書ける子なんてたくさんいるので、すごくもなんともないのですが、私的にちょっと嬉しかったのでアップしました☆

ま、その後は相変わらず書きませんけどね(笑)



前回の続きです。

気になっていたリトルワールドに行って来ました。

ここは、世界各地の建物を現地から運んできたらしく、建物は本物なので、なんとなく
人が生活していた雰囲気を感じることが出来ました。


フランス アルザス地方の家

   

この家は、1582年に建てられたコロンバージュという建築様式の母屋だそうです。



タンザニア ニャキュウサの家  (これは第一婦人の家)

   

一夫多妻制のニャキュウサの家は、なぜか第一婦人より第二婦人の家の方が広かったです。

第一婦人の子ども達はすでに親元を離れているから、狭いとか・・・。



インド ケララ州の地主の家

    

この家の壁は、土の鉄分が参加して出来た熱帯の赤土(ラテライトと呼ばれる素材)で出来ているそうです。




南アフリカ  ンデベレの家(これは写真をうつしました)

   

この壁は、女の人たちが水性ペンキで描いたそうです。



数ある建物の中で、一番息子がくいついたのがこちら。

西アフリカ  カッセーナの家

             

写真だと分かりにくいですが、とにかく入り口が狭い!

そして、入ると地下に深く掘られていました。 こうすることで、暑さをしのぐのだそうです。

中に入ると確かにひんやり。外と10度も温度差がありました。


ただ建物を見て喜ぶんじゃなくて、その土地その土地の気候や生活環境、宗教の違いなども
感じて欲しいなあ、と思いましたが、息子はそこまでは感じていなかったような・・・(笑)


リトルワールドは思ったより広く、行った日が暑かったこともあって、途中で休憩。

結局、全部の建物を見ることは出来ませんでした。

  


でも、ワニのお肉を食べてみたり(見た目は焼き鳥ですね)、息子も楽しかったようです。

  


お土産は「神様ブック」を買いました。

           

ヒンズー教の神様がいろいろ載っていました。

ちなみに、ガネーシャは 「シヴァ神の息子で富と知恵と成功の神」 だそうです。
(もっと説明は詳しく載っていました)


世界の歴史を説明するのに、宗教と戦争の話はつきものですよね。

いつかヒンズー教について聞かれたら、少しは役に立つかなあ?と思っています。
(それ以前に私が勉強しないといけませんが・・・)


たとえば、世界の国の名前と国旗が全部言えたりすると、「すごい!天才だ!」ってなるかもしれませんが、私はあまりそういう事は興味ありません。

国の名前と国旗を覚えただけでは、何の役にも立たないと思っているからです。

それよりも、どうしてこの国の人はこんな格好をしているのかな?とか

どうしてこの国は、戦争ばかりしているのかな?とか

そういう事に、興味を持ってもらいたいなあと思います。


前回の記事で紹介したベルリンの壁、息子は

「どうしてベルリンの壁を壊したの?」という疑問を持ちました。

その場ではうまく説明できなかったので(無知なので・・・)、調べて説明しました。

私は、戦争があったことや、戦争がおきると多くの人が亡くなることなども包み隠さず話しています。

どうしたら戦争がなくなるか、どうやったら平和な世界が築けるか、考えられるような大人になってほしいなと思うからです。




教育は、受験で誰かを蹴落とすために与えるものではなく、私たちの世界をより住みやすい世界に

変えるためのものであって欲しいなあ、と思います。



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育




社会 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

ミニチュアじゃなくて本物の住居なんですね〜。
これはすごい!!
ワニを食べたんですね。
ちょっと臭いが強いけど。

私は地図を見て、どこの国がどこにあるか分かればいいかな、って思います。

ree | 2009/07/09 2:07 AM
わーお、リトルワールド♪(サウンドロゴの音程で)

名古屋では学校遠足の定番で私もものすごく行ったことがあります。そして私達親子も大好きでよく行きいました。が以前はいく途中に電車と車が並行して走っている道があって息子は「そこが一番好き!」(まだ到着もしていない部分だけれど・・)といっていました。

久し振りにまたいってみたくなりました!
素敵なリポートいつも楽しみにしていますよ。
息子さんもエンジョイされたようで、こうした「体験」が子ども達の考える力と創造性を豊かにして、
きっと世界を素敵にしてくれる!んじゃないかな。

私もそんな風に思っています。
schoolmama | 2009/07/09 8:53 AM
reeさん
そうそう、ワニってちょっと臭みがありました。
ree家は国際結婚なので、文化の違いとか直接感じる経験が出来ていいですよね〜。


schoolmamaさん
息子さんは相変わらず電車好きなんですね〜。
うちの子は、最近ポケモンにはまっています。
ただ体験するだけじゃなくて、いろいろ感じて欲しいなあ(もったいないから)というのが本音です(笑)

アロハ | 2009/07/13 1:05 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/114
この記事に対するトラックバック