親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 外遊びしないとバカになる!? | main | 初めての野菜栽培 >>

親の苦手分野はどうする?

 

先日、お友達と和久先生のアトリエに参加してきました♪

アトリエは遠くて通えないのですが、夏休みに体験教室があったのでした。

今回のテーマは、ダンボールで作る迷路でした。

皆で作った迷路は、色もカラフルで素敵!

      


息子は、ここにスタートという看板?を作ろう、と提案したみたいで、迎えに行った時先生と一緒にスタートの文字を書いていました。
(目を隠してみたら、なんだか怪しい人になってしまいました(笑))

   

先生からは、「全体を見て、物事を捉えるのがうまいですね。」と言われました。
さすが先生、ほめ上手☆

アトリエは、普段出来ないような大胆な創作活動が出来るので、通ってる方が羨ましいですー。





さて、もう結構日にちがたってしまったのですが、先日昔の遊び体験に行ってきました。

息子がはまったのは、竹水鉄砲。

ペットボトルを倒すのに一生懸命でした。

   


それから、グランドゴルフをやったり・・・

    


竹とんぼを飛ばしてみたり・・・

    


中でも、私がすごい!と感動したのは葉っぱのアートです。

これ何に見えますか? 本物のバッタみたいですよね!

   

これはなんと、どんぐりで作ったケーキ!おいしそうです。

  

これは下駄。 右にあるのは、葉っぱで作った笛です。

  


その中で息子が一番喜んだのは、この笛でした。

  

何の植物だったか忘れてしまったのですが(確か聞いたのに・・・)、葉っぱのほうを口にくわえて息をふくと、ピーピー音が鳴るんです。


へー、こんな遊び方が出来るんだー、と感心しまくりでした。

そして何よりすごいのは、こんなにいろいろ体験できて、参加費が無料のところです。

ボランティアの方々に感謝ですね。



その後、紙飛行機を飛ばして遊んだのですが、会場を手伝っていたおじさんと少し話をする機会がありました。


ボランティアで小学校に行って健康体操を教えていること、お正月には公園に行って、子供たちに凧揚げをやらせてあげていることなどを話してくれました。


その時に思ったんです。


自分が求めれば、教えてくれる人ってたくさんいるはず!って。


実は、私は虫が大の苦手で、子供のとき虫取りなんてしたことはありません。


が、虫を怖がる私を見て息子も虫を怖がるようになってしまい、これではいけない!と思って、

アリを飼ってみたり、バッタを捕まえてみたり、カブトムシを飼ってみたりしました。


そのおかげか、息子は徐々に虫をさわれるようになったのですが、やっぱり私は虫が苦手・・・。


だから、虫取りはパパやおじいちゃんに任せることにしました(笑)




それから、ガソリンスタンドなんかでタイヤの空気を入れてもらうときには、見学させてもらい、

ここがエンジンでーなんて、ついでに車の説明をしてもらいます。

機械に弱い私は、大助かり(笑)



それから、スーパーの魚屋さんで魚をさばいてもらう時には、見学してもいいですか?

と言って、見させてもらいます。

まあ、魚屋さんはさばくのが早いので見学といっても一瞬ですが、

お仕事現場を見るのが好きな息子は、結構楽しいみたいです。



先日は、おじいちゃんと海水浴に行って、そこで釣りをしていた人に魚釣りをやらせてもらったみたいです。


なんでもかんでも、親が教えなければ!と意気込むと結構大変・・・。


苦手なことは誰かに助けてもらうのも、いいかなあと思います。


どこかに出かけて息子が疑問を持ったときも、

「あの人に聞いてごらん。」

と言って、よく知っていそうな人や会場にいる係りの人に直接聞かせます。

そうすると、たいてい丁寧に教えてくれるんですよねー。


そうすることで、息子のコミュニケーション能力も高まっているはず・・・多分(笑)


いろんな人とかかわりながら、親子ともにたくさんのことを学んでいけたらいいなあ、と思っています。

そのためには、私もよその子にいろんな事を教えられるようにがんばらなきゃ・・・。




あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


教育 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

幼児教育の 格差が 違う
村石 太 | 2009/09/04 4:13 PM
村石さん
コメントありがとうございます♪
・・・が、おっしゃっている意味が良く分からないので、また機会がありましたらご説明お願いします。
アロハ | 2009/09/07 12:48 PM
幼稚園のころから 英会話教室ほか に行く子がいたり
幼稚園から帰って テレビ ゲーム ばかりのこもいるみたい 学校入学してから 少し 差がでる思う
子供はまだ 日本語さえ 人の接し方さえ いろいろ
難しいのですが たのしくやると 遊ぶ 名古屋発
村石 太 | 2009/11/04 12:55 PM
村石さん
再びコメントを頂きありがとうございます。
そうですね。親が与える環境によって、多少の差は出るかもしれません。
何でも与えれば良いというわけではないし、親が良いと思うものを押し付けるのはどうかと思いますが、楽しく学べるのであれば、私は早期教育は決して悪いものだとは思いません。
アロハ | 2009/11/06 9:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/129
この記事に対するトラックバック