親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 親の苦手分野はどうする? | main | 初めての野菜栽培 その2 >>

初めての野菜栽培

JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方


先日、セントレアに行ったら、木っ端を使って時計を作るという企画をやっていました。

  


何かを作ったあとに出る、本来なら捨てる部分の木っ端を使用してデザインを考えるという、面白い企画でした。

息子はあれこれ手にとって、木の色が違うことに気づき、

「これはナラの木。どんぐりが出来る木だよ。」とか
「これは桜の木。これはカエデの木。」と係りの人に説明してもらいました。


そして、出来上がった作品がこちら。

  

ちょっと写真が暗いですが・・・。

左側の人間みたいなのだけ私が作りました。

あとはオブジェみたいで、意外とかわいいかも!?




さて、少し前にチル大のコミュで「自然から学ばないとバカになる」というトピがありました。

そこで、野菜作りの話題が結構出て盛り上がっていました。


私は・・・というと、野菜どころかサボテンを枯らしてしまうようなズボラな性格。

私には無理だわー、と思っていたのですが、せっかくだからやってみよう!とおもいたち、
1年生の科学の付録についていた、ミニトマトを育てることにしました。


そう、種から育てたんです。

こんなんで育つのかなあ、と思いました。

  


本葉が出てきたら、プランターに移しました。

プランターの土を買いに行ったら、間違えて10リットルの肥料を買ってしまい、
友達に無理やり引き取ってもらったおばかな私・・・。

他にも、鉢底石というものを下に置くのも知らず、何度もホームセンターに通いました(笑)





本葉が出たら、あとはどんどん大きくなっていきました。

   


そして、気がついたらジャングル状態に・・・。

  


なんか、葉が茂りすぎじゃない!?

よく見たら、わき目をつむとか書いてあるけど、わき目って何!?

よく分からないので、適当に枝を切りました(笑)


         
 

こんなに枝を切ったのに、この後またどんどん枝が伸びてきて、気づいたらまたジャングルになっていたので、2度ほど枝をばっさり切り落としました。


それでも、力強く生きるトマト・・・すごいなあと思います。

黄色い花が咲いて・・・

    


ついに実が出来ました!

  


7月中は、雨が多かったのでなかなか実が赤くならず心配していましたが、8月になりお天気が続くようになるとどんどん実が色づきました。


10粒植えて、2粒だめになりましたが、残りは大きく成長しましたよー。
9月になった今でも、毎日収穫しています。

こないだは、一日でこんなにたくさん取れました♪

  


初めての野菜栽培、収穫するのも楽しかったのですが、他にもいろんな学びがありました。

続きは次回・・・。


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育
理科 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

最近見たコメディーよりおもしろかったです。
マミ〜 | 2009/09/11 1:08 PM
マミーさん
いやー、ウケを狙ったわけではないのですが、普通にしてても笑われる私って、ちょっと得!?
アロハ | 2009/09/14 12:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/130
この記事に対するトラックバック