親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 洗脳は怖い | main | 感動!植松努さんのロケット教室☆開催まで >>

集中力を高めるには?

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪


最近息子がはまっているもの・・・。

それは 「チェス」と「はさみ将棋」です。

「ザ・ゲームトリオ」というボードゲームを戴いていらい、毎日のようにやろうやろうと誘われます。


ゲームに関しては、以前このブログでも取り上げました。

「脳力アップ!?ゲームのすすめ」


最初は、トランプやすごろく、カルタにはまり、次にオセロにはまった息子。

もう少し複雑なルールも覚えられるかなー、と思っていたときにこのゲームを戴いたのでした。


将棋とチェスとオセロの3種類が楽しめるというこのゲームセット。

結構おすすめです。(が、検索しても出てきませんでした。)


私は、というと、将棋もチェスもやったことがなく、将棋は暗いイメージ(かなりの偏見です)
チェスは貴族の遊びというイメージでした(どんなだよ!)。


やったことがないので、初めは二人で説明書を読みながら遊びました。


が、やってみると面白い♪

私も、息子と一緒に楽しんでいます。



将棋は、ルールがちょっと難しいので、パパに教えてもらったはさみ将棋で遊んでいます。


私は一応大人なので、先を読む力も息子よりはあるし、ゲームをしてもほとんど私が勝つのですが、私はわざと負けてあげるようなことはしません。


息子は、負けるのが悔しくてずるをしようとしたり、負けると悔しくて泣いたりしています。


・・・が、それでも「やりたい!」って言うんですよね。


そして、たまに勝ったりすると本当に嬉しそうな顔をしています。


誰か家に来たときも、「チェスできる?教えてあげるよ!」と言って、相手をしてもらったり。



そんな息子を見ていると、好きなことなら集中力が持続するんだなあ、と思います。


よく「うちの子は集中力がない」という話を聞きますが、どんな子だって、好きなことをやるときは
集中しているはず!


そして思いました。


勉強に集中できないってことは、勉強が好きじゃないってこと。


それなら、勉強を好きなことに変えればいいのでは?


勉強を好きなことに変えるためには、やっぱり子供をよく観察することなんじゃないかなあ〜。


なおみ先生は、今頃、水遊び?とやっぱり遠回り 2 の記事で、


>勉強ができる子になるためには、遠回りなようでも
夢中になっていることを
とことんさせてみる


と書かれています。


まずは、好きなことをとことんやらせるのが集中力アップの秘訣なのかな?



10月からは、キャンペーンが始まりますよー!

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



知育 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

チェスも将棋も頭を使うものですよね〜。
息子もチェスが好きだけど、わざと負けなくても私が負けちゃう事もあって・・・。
他のゲームでもそう。
油断してると負けます。
ree | 2009/09/19 1:01 AM
reeさん
子供だからと思ってると、うっかり負けたりしますよねー。私もたまに負けるので、自分自身も頭の訓練になっている気がします。
アロハ | 2009/09/28 10:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/133
この記事に対するトラックバック