親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 外遊びで得たもの | main | チル大の学び直し >>

チル大の思わぬ効果

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪


前回の記事で、息子が外遊びで得たことについて書きました。

が、実は、外遊びの効果が一番あったのは私自身かもしれません。

田植えや稲刈りなどの体験に行ったり、川遊びや野菜の収穫、虫を追いかけたり・・・

大人になってから、ほとんど触れることのなかった自然に触れる機会が多くなったことにより、
私の鈍っていた五感が少し研ぎ澄まされるようになった気がします。


そして、最近磨かれたかも!と感じたのは、直感の部分です。

以前、マミーさんのアラビアンセミナーを受講しました。

これは、テキサスで行っている馬セミナーを、テキサスに行かずに体感する、自分と見詰め合うプログラムです。(現在、募集はしていないと思います)

セミナーが終わってから、一緒に受講した皆は、「私はこれがやりたい!」といった目標を掲げ始めましたが、私は一向にやりたいことが思いつきませんでした。


一応はブログを書いて、自分の考えや想いは書き連ねているし、リアルで何かをやるには私には能力がなさすぎる・・・と思っていました。


マミーさん主催のテキサスツアーにも興味はあったのですが、なぜだか
「何が何でも参加したい!」
という気持ちにまでは至らず・・・。

(もちろん、仕事やお金の面であきらめていた部分もあったのかもしれませんが)


が、夏休みにたまたま行ったセントレアで北海道展が開かれており、そこでやったくじ引きで
旭山動物園の本が当たりました。


その本を眺めながら、息子と「北海道に行きたいねー。旭川に行きたいねー。」と話していました。


そうしたら、あっちゃんさんからロケット教室の話を聞き、
「参加したい!」と思い立ちました。


そこで、図書館で本を借りて読んでいると、旭川に無重力体験ができる科学館があることを知り、
またしても息子と
「北海道に行きたいねー」 となりました。


そうしたら、植松さんのお話の中で
「僕の住んでいる赤平市は、旭川に近いので旭山動物園に来るついでに寄ってください」
とのお話が!


これはもう、北海道に行くしかないかも!と興奮しながらお話を聞いていると、最後にまたまた素敵なプロジェクトがあることを知り・・・。


このプロジェクトに参加したい!という想いが募りました。


そしたら、一緒にやろう!と言ってくれるチルママも現れて、さらには、11月に植松さんがまた愛知に来られることを知り、

これはもう実現するしかない!

と思い、少しずつですがリアルの部分でも動き始めました。


こんな風に書くと、チル大となんの関係が?って感じですが、
ロケット教室も、北海道も、プロジェクトのお話も、
私の中でピン!と来たんです。


今までの私は、頭の中であーでもない、こーでもない、と考えて、ま、私には無理かな、とあきらめたり、まあいいか〜また今度で、と後回しにしたり、ひらめきとは程遠い生活を送っていました。


こんな風に直感が働くようになったのは、自然に触れていろんな体験をしたり、子供と一緒にいろんなことに興味や疑問を持ったりしていたからだと思います。


自然や外遊びの大切さ、好奇心を育てる教育方法を教えてくれたのは、他ではないチル大でした。
まさに、チル脳効果のたまもの!?


参考までに知恵袋もご覧ください。

感性や直感を磨くには?


具体的に何をやるのか、今はまだふせておきますが(もしかしたら白紙になるかもしれないし)、
なんらかの形になるような気がしています。


植松さんの言葉に「思いは招く」という言葉があります。

こうなりたい、こうしたい、という思いを強く持っていれば、チャンスはめぐってくるような気がします。

そのチャンスを逃さないためにも、直感を磨くことが大事なんじゃないかな〜。



直感でピン!ときた方も、直感を磨きたいあなたも、チル大で一緒に学んでみませんか?

キャンペーンは14日までですよ〜。


              
                      


応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


 
私の考え | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/140
この記事に対するトラックバック