親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 楽しいしりとり遊び | main | 幼稚園はやっぱりモンテッソーリ!? >>

ゲームで算数のお勉強!?

以前書いたこんにゃく作りのあと、「みんなでこんにゃくづくり」という絵本を借りて読みました。

これ、こんにゃくの育ち方がよく分かるのでおすすめです♪


最近、息子がハマってるのは「人生ゲーム」。

もともと、ポケットタイプの人生ゲームはうちにあったのですが、何せ小さいのでチマチマと遊ぶしかなく、あまり出番がありませんでした。

薬局のポイントを溜めると人生ゲームがもらえると分かり、欲しい!というように。

せっせとポイントをため(笑)、ようやくゲームをもらいました。


それ以来、毎日のように「人生ゲームやろう!」と言っています。

ルーレットを回して出た目の数だけ進む単純なゲームですが、これお金の単位が結構大きいんですよね。

一番小さいのが1,000ドル。一番大きいのは10万ドルです。

せっかく遊ぶなら、大きい数にも触れさせよう!と思いました。


最初のうちは、「1万ドルってどれ?」と言っていた息子ですが、毎日遊んでいるだけあって、最近は

「1,000ドルが10枚で1万ドル。5万ドルと2万ドル2枚、1万ドル1枚で10万ドル。」

とお金の計算が出来るようになりました。


3.000ドル払うときなんかも、

「10,000ドルでおつりくださーい。」と言うので、

「10-3をすればいいよ。」 というと、

「あ、7,000ドルかー。」 と簡単な引き算もできるようになりました。

(でも、指を使っているので、20,000−3,000などはまだ出来ません・・・。)


ルーレットには、出た目の数×2,000ドルもらえるという箇所もあって、その時は

九九を言ってみたりしています。(まだ息子は覚えていませんが)

たとえば、6が出たら、

「ろくいちがろく、ろくにじゅうに・・・。12,000ドルだよ!」という風に。



これで九九を覚えてくれたらいいなー、とひそかに目論む私。

あるとき、お風呂に入ったら、

「5×4と4×5は答えが同じなんだね!」

と、まるで世紀の発見をしたかのように言っていました(笑)



人生ゲームに限らず、ハマるととことん同じことをやりたがる息子。

(少し前は、チェスと将棋にはまっていました)

付き合うほうは少々疲れますが、好きなことややりたいことをやるって脳の発達にもいいんじゃないかな〜、とひそかに思ってる私です。





あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育

評価:
---
タカラトミー
¥ 2,376
(2008-06-26)
コメント:定番ゲームですが、幼児でも楽しめます。

知育 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

どうしたらそうなるんでしょうか?

http://tinyurl.com/ylz37oq
| 2009/11/19 1:34 PM
一万ドル・・・本気で欲しいかも・・・。

ゲームで算数、これって結構いいですよね。
うちはそれこそDSの算数ソフト。
普段100マス計算を学校では教えてないので、暗算強化に、車での移動中させてるんです。
私の老化防止にもなりますしね〜。
ree | 2009/11/24 2:24 AM
reeさん
DSの100マス計算なんてあるんですねー。
アメリカの学校は算数が遅れているイメージがありますが、実際そうなんでしょうか?
またいろいろ教えてください☆
アロハ | 2009/11/25 11:22 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/152
この記事に対するトラックバック