親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 今日は節分♪ | main | 今年のバレンタインは・・・ >>

好きなものはとことん

JUGEMテーマ:絵本紹介


最近、息子がどっぷりはまっているもの・・・


それは、落語です!

以前も落語絵本にはまった時期がありましたが、今回のハマりぶりはすごいです。


きっかけは、以前石井さんのブログで紹介されていた「えほん寄席」という絵本。

面白そうだな、と思い図書館で借りてみると、見事につぼにはまったようです。

この絵本には、落語家さんが話すCDが付いているのですが、最近はそれを車の中で延々と聞いています。

しかも、同じ話を何度も何度も・・・


聞かされている私としては、うんざりなのですが、はまるってそういうことなんでしょうね。



そんなに好きなら、ということでえほん寄席シリーズは図書館で全て借りて、他に

ごくらくらくご」と「はじめての落語」という本も借りました。


はじめての落語は、とにかく落語の話がたくさん載っていて、江戸時代の通貨の単位や時刻の表し方も載っているので、おすすめです。


ちなみに、時そばに出てくる「16文」は、今のお金でいうと320円ぐらいだそうです。

下のサイトにも通貨の単位について説明があるので、参考にしてください☆

よく出る代金と江戸のお金



時々、ママ友に

「なんか、しぐさとか笑いのセンスが昭和っぽいよね〜」

と言われるうちの息子。

こないだは笑点を見て大爆笑してたし、うちの子はおじいちゃん子だけあって、好きなこともなんかおっさんくさい(笑)



でも、落語絵本にはまったおかげで、ちょっと語彙も増えました☆

CDを流していると、「これってどういう意味?」と聞かれることが何度かあったので、語彙を増やすためにもいろんなジャンルの本を読み聞かせるといいんでしょうね。


せっかくだから本物を!と思い、

地元で寄席があるので、行ってみようかな〜、と思ったら、未就学児の入場はご遠慮ください
とありました・・・。


コンサートとか演劇とか、まだまだ見られるものは限られるんですね〜。残念。


ばりばりの平成生まれなのに、昭和の香りがする息子・・・

今後はどうなっていくんでしょう?



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



評価:
桂 文我
小学館
¥ 1,890
(2007-02-28)
コメント:息子が落語にはまるきっかけとなった絵本です。このシリーズは、どれも面白い。落語家さんのCDつきでおすすめです。

評価:
桂 文我
小学館
---
(2003-10)
コメント:子どもが出てくるお話が多いので、落語を知らない子でも親しみやすいと思います。

評価:
石崎 洋司
講談社
¥ 2,940
(2008-10-31)
コメント:お話が101も入っているので、いろんなお話を楽しめます。落語に関する豆知識ものっていておすすめです。

絵本 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

その年で落語とは渋いですね〜。
でも落語って、日本語のいい勉強になるんじゃないですか?
結構古い言い回しもありますもんね。

おにはそと・・・日本語ですけど、その意味や節分については毎年教えてます。
ree | 2010/02/09 4:27 AM
reeさん
落語について、私もよく知らなかったのですが、たくさんお話があるんですね。

節分一つとっても、旧正月とか立春とかいろんな勉強になるし、日本の文化って奥が深いですね。
アロハ | 2010/02/09 1:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/165
この記事に対するトラックバック