親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< クイズを楽しむ | main | プリントの代わりにやっていること >>

幼児にプリント学習って必要?

JUGEMテーマ:勉強のこと

抹茶母さんの「毎日の学習習慣づけ」という記事を読んで、うんうんとうなづきました。


というのも、うちの子はプリント学習が続いたためしがない!

というより、初めからほとんどやらせてないのですが(笑)


一時期、計算プリントをやらせてみたときもありましたが、その後本人の興味がうせたこともあり、

全くやらない日々が続き、頂き物のドリルはお友達にあげました。


ひらがなも、ドリルをやったのは先生にメッセージカードを書くなど、目的があるときのみ。
名前が何とか書けるかなー、という程度です。


英語も、下にあげているワークを購入したものの、一週間程度しか続かず・・・。

このワーク自体はすごくよく出来ていて、結構お勧めだと思うのですが。



ワークやドリルが嫌いな息子、じゃあ数字や文字に興味がないのかといえば、決してそんなことはありません。


どこかに出かけるときは、必ず地名をチェックする息子。

それで、都道府県名や駅の名前など、だいぶ漢字を覚えました。

絵本のタイトルについている漢字なんかも、結構覚えたりしています。


数字は以前から好きなので、たまに勉強する〜といっては意味不明な数字を書き連ねています。

こないだ、スーパーでお菓子を買って欲しいというので、値段を見たら94円でした。

「2つ欲しい!2つ買って!」

というので、ちょっといじわるをして

「じゃあ、2つ買ったらいくらになるか分かったら買ってあげる。」

と言いました。

息子は、指を使ったりしてしばらく座り込んで考えた結果・・・

「188円!」

うちの子は、以前九九を覚えさせようとしたものの全く覚える気がなく、掛け算が出来ません。

それでも、2けたの足し算が出来たのは驚きでした。

ついでに、200円出すとおつりはいくら?と聞いてみたら、それは出来ませんでした(笑)


こういう問題も、何度も出すと嫌がるのでたまにしかやっていません。


こんなゆるゆる育児でも、足し算ぐらいなら出来るようになるものです。

私は、子どもにとって面白くないドリルに時間を費やすなら、もっと本を読んだり、ブロックや積み木をしたり、有効に時間を使ったほうがいいんじゃないかなと思っています。

(もちろん、子どもが興味を持ってやりたい!と言えば別です。)


早く目に見える成果がほしい、早く何かが出来るようになって欲しい、

と子どもの意思を無視して、親のやらせたいことばかり押し付けていると、勉強嫌いになってしまうんじゃないかなと思います。


外に目を向けてあの子はこれが出来る、この子はあれが出来る、と人と比べるのではなく、うちの子は何に興味があって、どんなことに喜ぶのか、それに気づくのが一番じゃないかな〜。



親力を磨きたい人は、チル大にどうぞ♪

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


 
評価:
Gail Tuchman,Lisa Trumbauer
Scholastic Prof Book Div
¥ 1,174
(2003-05)
コメント:この一冊に薄い絵本やワーク、塗り絵などいろいろ含まれていて、とてもコストパフォーマンスの良い一冊だと思います。

私の考え | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

記事をリンクして頂き、ありがとうございました。

「いづみっくす」のいづみさんの記事で、『そうか、学習観の違いは子ども観の違いなのかもしれないな…』と気付きました。アロハさんはじめ、まはーるさん、いづみさんは、私と子ども観が似ているのかもしれませんね。
抹茶母 | 2010/03/12 12:52 PM
抹茶母さん
なるほど、そういう考え方もあるんですね。
うちの子の場合、いくらお膳立てしても興味がなければスルーなので、興味主導でやるしかない・・・というのもあるかも。抹茶母さんのブログ、これからも楽しみにしています。
アロハ | 2010/03/15 12:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/170
この記事に対するトラックバック