親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 幼児にプリント学習って必要? | main | 童話への入り口 >>

プリントの代わりにやっていること

JUGEMテーマ:勉強のこと

うちの子が、ドリルやプリント学習が続かないことは前の記事に書きました。

じゃあ、就学前に何も教えなくていい、ただ遊ばせてればそれでいいのか、といえばそうは思いません。

私は、生活の中で数を取り入れるようにしてきました

(もちろん、このやり方が正しいというわけではありません。)


小学生のお勉強を見ていると、時々気になることがあります。

学校のテストは出来る、九九も計算も出来る、という子でも、ちょっとした文章題になると
さっぱり分からない・・・ということがあるからです。


そういう子に説明するときに、

「兄弟でおやつ分けたりするでしょ?1つのおかしを3人で分けると、一人いくつになる?」

みたいなことを言うと、大抵

「おやつを自分で分けたことがない。」

と言います。


5年生になって割合が出てきたときに

「よく、野球で、打率が何割何分何厘とかいうでしょ?」とか

「天気予報で、降水確率が何%とかやるでしょ?」と聞いても、

「野球見ないから知らない。」とか言われたり・・・。


生活の中での経験が少ないと、当然知っているだろう、やったことがあるだろう、と思うようなことも知らなかったりします。


うちは、一人っ子なので兄弟でおやつを分けることは出来ませんが、何かを食べるときは
息子に分けさせたり、数えさせたりするようにしています。


先日、大きなイチゴをもらって、お義父さん、お義母さん、私、息子の4人でどうやって分けるか考えさせました。

イチゴは9個入りでした。

息子は、
「じゃんけんしよう!じゃんけんして一番勝った人が4個、2番目が3個、3番目が2個、4番目は0個だよ!」
といいました。

その後、じゃんけんに負けた息子は大泣きでしたが(笑)

4+3+2は9だよ。なんて教えなくても、こんな感じでいつも遊びながら数を取り入れています。


特に算数に関しては、プリントで計算を暗記させるより、生活の中でいろんな経験をさせるのが一番じゃないかな〜と思います。




あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


 
算数 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

こうして算数を生活に取り入れること、そう言えばやってないです。
あぁ、今更遅いかも・・・。
でもやってみよう。
ありがとうございます。
ree | 2010/03/13 1:08 AM
reeさん
私もいつもやってるわけではないですよー。
思いついたときだけ(笑)
reeさんのお子さんは小学生なので、ピザとかケーキを分けるときに分度器で角度を測って、どっちが大きいとか比べると楽しいかも♪
「あ、私のは55度なのに、お兄ちゃんは65度もあってずるいー!」とか・・・
ちょっとせこいか(笑)!?
アロハ | 2010/03/15 12:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/171
この記事に対するトラックバック