親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< プリントの代わりにやっていること | main | チル大、春の入学キャンペーンのお知らせ♪ >>

童話への入り口

JUGEMテーマ:絵本紹介

以前、大阪オフ会に行ったときに、石井さんにそのとき読み聞かせ中の本を見せてもらいました。

ガンジーの本だったのですが、思った以上に分厚い!

1年生で、こんなに長い本を聞いていられるの〜?ってびっくりでした。



うちの子は、絵がない本なんてまだまだ・・・と思っていましたが、だいぶ言葉も分かるようになり、長いお話も聞いていられるようになったので、そろそろ童話も読めるのかな?と思い、エルマーのぼうけんを借りてみました。


そうしたら、名作とよばれるだけあってやはり面白かったらしく、続きが読みたい!というので、エルマーと16ぴきのりゅうエルマーとりゅうも読みました。


1冊の本を何日かに分けて読んだのは初めてだったので、お話が途中で終わっても、毎日読めなくても、内容を覚えていられるようになったんだな〜、と成長を感じました。


その後、いやいやえんを借りてみたら、またまたヒット♪
主人公のしげるは、ちょっと息子にタイプが似てる気がして、私も感情移入して読めました。

息子も、やっぱり同い年の子が出てくるお話に共感できたみたいです。

これは、一つのお話がそんなに長くないので、楽しめると思います。



いやいやえんと同じように、同じぐらいの年の子が登場するやまぐにほいくえんもおすすめです。

けんかしたり、失敗したり、普通の保育園児の子達が元気に遊ぶ様子が描かれていて、やっぱり面白かったみたいです。


あとは、「はれときどきぶた」も面白かったみたいです。


絵本から童話に移るには、やっぱり同じぐらいの年の子が出てくるような、共感できるお話がいいのかな?と思っています。


もちろん今でも絵本は大好きだけど、少しずつ長いお話にも慣れていって、だんだん難しい本に移行できていったらいいなあ〜、と思っています。


他におすすめの本があれば、教えてください♪



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



 
評価:
中川 李枝子
福音館書店
¥ 1,365
(1962-01-01)
コメント:主人公のしげるが、うちの子とちょっと似ている気がして感情移入して読めました。おすすめです!

評価:
ルース・スタイルス・ガネット
福音館書店
¥ 1,260
(1963-07-01)
コメント:少し長いですが、息子はお気に入りでした。3冊まとめて読むのがおすすめです。

評価:
征矢 清
福音館書店
¥ 1,470
(1977-09-01)
コメント:元気でやんちゃな子ども達がけんかしたり、遊んだりする様子がとても共感できるらしく、息子もお話の世界にひたっていました。

絵本 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

ダンプえんちょうやっつけた
かしこいポリーとまぬけなおおかみ ←笑える
おおどろぼうのホッツェンプロッツ
ジェインのもうふ
ロッタちゃんのじてんしゃ
ロッタちゃんのひっこし
あるきだしたちいさな木
ももいろのきりん
もりのへなそうる ←笑える
ロボットカミイ
ふらいぱんじいさん
とか?
tamaこと石井 | 2010/03/18 9:30 PM
石井さんがご紹介されてる本、いいですよね。
うちも小学校の朝読書時間に持たせた本ばかり♪
この年代の本って、ロングセラーの作品が多いように
感じます。

うちの息子は、もっと絵の多い本ですが
レオレオニさんの本や、かえるくんシリーズが
好きです♪
まよけちゃ | 2010/03/19 9:24 AM
石井さん
さすが!いろいろありがとうございます♪
早速、借りて読んでみますねー。

まよけちゃさん
レオレオニさんの本、絵本は何冊か読んだことあります。かえるくんシリーズは読んだことないかも。借りてみますね!
アロハ | 2010/03/19 12:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/172
この記事に対するトラックバック