親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 使える!英語本サイトのご紹介♪ | main | 会話がはずむ絵本 >>

英語と日本語の絵本を連動

JUGEMテーマ:英語育児♪

チル大って、英語育児のイメージが強いと思うのですが、私のブログには英語の記事がとっても少ない・・・。

というわけで、久々に英語の記事です。

うちの子はバイリンガルにはほど遠く、熱心に英語育児をしているわけでもないのであまり書けるようなこともないのですが、それでも細々と絵本の読み聞かせは続けています。

英語の絵本やだ〜、日本語がいい〜、と英語の絵本を拒否した時期もありましたが、今は大丈夫です。

なぜなら、英語と日本語で読んでいるから☆

英語だけで読み聞かせて、「英語なんて分からないし面白くない。」と言われるぐらいなら、
日本語もつけて読んじゃえばいいか〜、ということで日本語もどんどん取り入れて読んでいます。

同じ絵本を何度目かに読むときは、「これぐらいなら分かるかな?」と判断して、
日本語を少なめにしてみたり。


そんな息子のお気に入りの絵本は、「Oxford Reading Tree」のシリーズです。

他にも絵本は持っているのですが、英語が簡単な絵本は、どうしても内容も簡単で、
日本語で長いお話に慣れている息子にはストーリーが物足りないことも多かったのですが、
ORTはストーリーが面白い♪

というわけで、英語以前に絵本のストーリーにはまっているのでした。

といっても、セットで買うと結構高いのでそんなにたくさんは持っていないのですが。


その中で、「Noah's Ark Adventure」 を読み聞かせたときのこと。

「ノアの箱舟のお話って、知ってる?」と聞いたら、
「知らな〜い」

と言われ、そういえば読んだことなかったなあ、と気が付いた私。


早速図書館で、「ノアの箱舟」と「ケムエルとノアのはこぶね」の話を借りて読みました。


こんな風に、英語の絵本と日本語の絵本を連動させて読むと、ストーリーがさらに面白く感じられるかなあ、なんて思っています。


リニューアルした英語本では、100冊マラソンも始まります。

私ももちろん参加する予定♪

皆と一緒に、英語の読み聞かせ頑張ろうと思います。


英語本のサイトは下をクリックしてご覧ください。(全て無料ですよ〜!)


         




あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育






評価:
Roderick Hunt
Oxford University Press
¥ 2,176
(2003-09-11)
コメント:魔法の鍵で、ノアの箱舟の世界に迷い込んだ子ども達。彼らも箱舟に乗れるのでしょうか?心温まるお話です。

評価:
アーサー ガイサート
こぐま社
---
(1989-11)
コメント:ノアの箱舟のお話が、素敵な絵とともに描かれています。子どもにも分かりやすくお勧めです。

評価:
ディック ブルーナ
福音館書店
¥ 1,680
(1999-11-10)
コメント:ノアの箱舟が、かわいらしい絵とともに語られています。おすすめです。

英語 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

子供って、興味があるかないかで、吸収力がかなり違いますものね。
アロハさんの、日本語もつけちゃえばいいっか〜、このくらいの気持でいた方が、ママも子供ちゃんもストレスにならなくていいと思いますよ。
ree | 2010/05/15 1:05 AM
reeさん
そうですよねー。最近は、英語習得というよりも、英語日本語関係なく、絵本の内容を楽しめたらいいかなーと思っています。
アロハ | 2010/05/17 12:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/180
この記事に対するトラックバック