親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 悩んだときも読み聞かせ | main | 初体験☆ >>

子どもの好み

JUGEMテーマ:育児

息子の幼稚園は、先日1泊でお泊り保育に出かけました。

別れが辛くて涙ぐむ子もいる中、息子は・・・

  

満面の笑みで出かけていきました☆
(右側のピンクの帽子です。) 


最近、息子も好みが出つつあるんだなあ、と感じることがあります。

以前は、洋服や髪型、持ち物など私が勝手に選んでいましたが(息子は興味がないので)、

先日急に

「坊主頭にしたい。」 と言い出しました。

「ええっ?坊主ってつるつるだよ。知ってるの?」 

「うん。つるつるにしたい。」

とりあえず床屋に連れて行き、坊主だと直射日光が当たって暑いよ〜と言われ、結局スポーツ刈りにしてもらたのですが、本人は短くなって大満足でした。


またあるときは、幼稚園に持たせていたプーさんのタオルを見て

「このタオルいやだ。だってキモいもん。」

と言い出しました。キモいって・・・プーさんかわいいじゃん!


息子は入園前はトーマスが大好きで、トーマスの電車をコレクションしていたほどなのですが、
最近は

「トーマスのタオルいやだ。」とか「トーマスのコップいやだ。」

と言います。まだ使えるし、買うのもったいないんだけど・・・。


先日、帽子を買いに行ったときも、

「ドラゴンズの帽子が欲しい。」

と言い始め、私的にはもっとおしゃれな帽子がよかったのですが、結局買わされました。


私の好みと子どもの好み、結構食い違うことも多いです。

自分の好みと違うものを選ばれると、ついこっちの方がいいんじゃない?って口を出したくなるのですが、子どもの意見も尊重しないといけないし・・・。

そのためには、初めから選択肢を狭めればいい、と下のサイトに書いてありました。

節約時間 子どもの意見を尊重する


自分で決めた、自分で選んだ、っていう満足感が得られるといいんでしょうね。

まあ、選択肢を狭めるといっても、いろんなものや情報が目に入るようになり、なかなか制限するのも難しいんですけどね・・・(汗)


先日、6歳の誕生日を迎えた息子。

幼稚園のお誕生日会で頂いたカードに、将来なりたいものが書いてありました。

ワールドカップの影響で、てっきり「サッカー選手」になりたいんだろうと思っていたのですが、息子の夢は、なんと


「歌手になりたい」

でした!

子どものことって、分かってるようで案外分かってないものなんですね〜。


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育
育児 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

お兄ちゃんになって来てるんですね〜。
私は長めの髪より、スポーツ刈りとかの方が男の子らしくて好きです。
うちもね、最近プリンセス物はもういらないって。
ただ他のお友達に比べるど、随分遅かったですが。
ree | 2010/07/20 5:39 AM
reeさん
髪を短くするとあっという間に乾くので、夏は結構いいかも♪と思いました。
娘さんも、どんどん大人っぽくなってますね〜。
アロハ | 2010/07/23 10:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/192
この記事に対するトラックバック