親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 初体験☆ | main | 映画から学ぶ >>

テレビやゲームとの付き合い方

JUGEMテーマ:こどものお勉強 ”/(._. )カキカキ”


同居が始まって早くも半年以上たちました。

同居して初めに悩んだのはテレビの視聴時間。

今までは、私が選んだ番組しか見せていなかったため特に困ったこともなかったのですが、
パパの両親が寝る部屋のテレビにアニメばかりやっているチャンネルがあることを見つけて、
それからはアニメ漬けに・・・。

アニメならなんでもいいらしく、流れているアニメをひたすら見るのです。

私が快く思っていないことが分かると、私の目を盗んで見るように・・・。

あるとき、そんなに見たいなら飽きるまで見させよう、とほっといたら、5〜6時間見ていたこともあります。

義理の両親の部屋だし、マミーさんのようにテレビの線を抜くわけにもいかず、イライラして怒鳴ってしまったことも。


お姑さんに相談したら、
「今は、テレビが目新しいから見るだけで、そのうち飽きるんじゃない?」
と言われました。


そこで、見る時間だけ約束して、あとは何を見ていても見てみぬフリをすることにしました。

もちろん約束が守れないことも時々ありますが、最近は以前ほどテレビ漬けにはならなくなりました。

見る番組も、アニメばかりでなくクイズ番組を見たり、少し知的な番組も好きなのかな?という感じです。

テレビを買い換えてからは、見たい番組を予約してそれを見るように。

予約する際は、「ママが見たいから」と言って、さりげなく見せたい番組を予約したり(笑)


他にも、休みの日はなるべく外に連れ出して、テレビを見られない環境を作ったり。

こうなるまでに半年以上かかりましたが、時間が守れるようになっただけでも、かなりの進歩だなあと思っています。


うちの場合はゲームがないのでテレビでしたが、ゲームばかりして困る・・・という家庭も結構あるんじゃないかと思います。


ゲームやテレビを取り上げられないなら、うまく付き合っていく方法を模索していくことも大事なんじゃないかなと思います。

他にもっと面白いことを見つければ、ゲームやテレビの時間も自然と減ると思います。


うちの子の場合は、またボーリングにはまっていて、家でもおもちゃのボーリングで遊んでいます。

ストライクやスペアの計算方法も教えてスコアを計算させていますが、これで結構計算が速くなりました。


テレビも好きだけど、ボーリングも好き、サッカーも好き、本も好き・・・

好きがたくさん増えるといいなあ。


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育 
私の考え | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

テレビやゲームに関しては、ご家庭それぞれの考えもありますよね。
うちの話をさせていただくと、こちらって専門のチャンネルがあるので、平日は動物の事しかやらないアニマルプラネット、自然などの事を取り上げるディスカバリーチャンネル、そしてヒストリーチャンネルしかみない規則、ゲームは禁止なんです。
もっとも大きくなると、友達と遊んだり、習いごともスポーツもあるし、宿題も増えるので、見る時間がありませんけどね。
同居、大変じゃないですか?
私は出来ないですね〜。
ree | 2010/09/25 3:30 AM
reeさん
ディスカバリーチャンネルやヒストリーチャンネルは面白いですよね。うちは残念ながらうつりませんが・・・。
今はまだ宿題もないし、自由な時間が多いので、テレビにハマっているのかもしれません。
同居するといろいろありますが、子どもにとってはプラスになる部分が多いんだろうな〜と思います。
アロハ | 2010/09/29 12:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/194
この記事に対するトラックバック