親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< はじめまして | main | 早期教育より大切なこと >>

チルドレン大学とは?

私のことは置いといて、チルドレン大学について説明します。

チルドレン大学
これを読めば、もう説明の必要はありませんあっかんべー

私は、2007年12月に入学(つまり一番始め)に入学したので、まだ受講者さんの声というのは聞けませんでした。

マミーさんのメルマガは全て読破するほどファンだった私ですが、チル大の説明文をちゃんと読んでいなかった(だって長いから・・・(笑))ため、
正直「マザーグースに35000円は高いなあ」という印象でした。

が、マザーグースから派生した学びを、mixiのコミュニティで分かち合うという新しい形の学習スタイルにすっかりはまってしまいました。

なぜって・・・私は一人でこつこつがんばれない三日坊主ママだからです。

おまけに、受講者さん達は優秀なママが多く、自分で調べたことよりも何倍も深い学びが出来るんです。

受講スタイルも、マミーさんから毎日一通ずつメールが届くので、「とりあえずメールを開こう」という気分になります。

これが、201日分一度に届いたら、きっと使いこなせずに終わっていました。
もちろん、出来ない日があっても、皆入学時期も進むペースも違うので、あせる心配もありません。

チルドレン大学の魅力は語りつくせませんが、
|膣屬出来る(受講者さんはチル大生と呼んでいます)
⊆分も勉強になる&学ぶのが楽しくなる
子供の興味が広がる
せ勸蕕討楽しくなる

といったところでしょうか。
自分が楽しんでいれば、子供も目を輝かせていろいろ聞いてくれます。

あなたもチルドレン大学に入学しませんか?

応援お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ








チル大 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/2
この記事に対するトラックバック