親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< キャンペーンは今日まで! | main | 英語は誰のため? >>

小学校受験と子どもの教育

JUGEMテーマ:勉強のこと

ちょっとバタバタしていて、しばらくブログを放置してしまいました・・・。

先日小学校受験を経験し、無事に合格しました♪

都会と違い、競争率も高くないので直前までのんびりしていましたが、やはり試験が近づくと緊張しました。(子供より私のほうが緊張してました・・・)

といっても、試験対策としては直前セミナーに行ったのと、時々過去問をやらせたぐらいなのですが、ほかに無料問題があるサイトを見つけたのでご紹介しますね☆

(私はずぼらなので、全部やってませんが・・・)



お受験教室のサイトですが、無料で問題が見られます。
こんな問題できますか?



これも幼児教室のサイトですが、ゲーム感覚で問題が出来ます。
Child Labo


いろんな幼児教室の問題が無料で出来ておすすめです♪
小学校受験新聞


通信教育のサイトですが、無料問題もあります。
アウレア体験版


大体首都圏の学校向けの問題が多いのですが、受験セミナーでも似たような問題をやったので、どこの学校でも似たような問題が出るのかな?と思いました。


受験セミナーの問題は、少し難しめに作られてあったのですが、その中で息子が全然出来なかったのは、浮力の問題でした。

「この中で水に浮くものに丸をしましょう。」という問題で、野菜や果物、クリップやえんぴつ、お金など、様々なものが描かれていました。

浮力の問題は、実際にやってみるのが一番なので、家に帰ってからバケツにいろいろな物を浮かべてみたりしました。

それから、この本を借りて読みました。


「浮力」のふしぎ―うく・しずむ (ひとりできる楽しい実験―たしかめようかがくのふしぎ)
「浮力」のふしぎ―うく・しずむ (ひとりできる楽しい実験―たしかめようかがくのふしぎ) ジャック チャロナー 佐々木 勝浩 Jack Challoner

鈴木出版 1999-04
売り上げランキング : 1008761


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こういう問題は、普段からお手伝いをよくしていたり、水遊びをよくしている子なら分かるのかな?と思いました。


逆に、みんなが苦手だったという座標の問題(右から3番目、上から2番目のお花を赤色で塗りましょう、というような問題)は、息子は「簡単だった」と言っていました。

これは、ペーパーで特訓を重ねたからではなく、一時期はまっていたチェスや将棋で遊んでいたからだろうなあ、と思います。


そう思うと、何枚問題を解かせるか、というよりも、普段の遊びや暮らしの中で色々な経験をさせてあげることが大切なんじゃないかな〜と思います。


ところで、マミーさんのブログ記事はもうご覧になりましたか?

英語教育で迷わない方法

(続)英語教育で迷わない方法


賛否両論、いろんな意見があったみたいですね。

私は、いろんな意見があってもいいと思いますが、それを知った上で、自分はじゃあどういう教育を子どもに与えたいのか?どういう子を育てたいのか?と考える事が一番大事なんじゃないかと思います。

あの人がこう言ってたから、この人がこんな風にしていたから、という理由で早期教育や英語育児をして、こんな風にするんじゃなかった・・・と後悔した場合、誰に責任がありますか?


私もそうですが、ブログで情報を発信している人は、きっと良かれと思って書いていると思います。

だけど、その子にとって良い方法でも、他の子には合うかどうか分からない。
それを判断するのが親の役割なんじゃないかな、と思います。


まあ、えらそうにこんなことを書いている私ですが、受験の面接の時はたいした事も言えず、
自分は子どもをどう育てたいのか、いまだに漠然としているんだなあと実感した私です。


マミーさんはビジョンがあるから、昔のブログを見ても言ってることがぶれてないですよね。

受験セミナーでは、
「受験そのものが大切なのではなくて、受験を通して子どもと向き合ったり、子育てについて考えることが大切なのです。」

と言われました。

良かったらマミーさんのブログを読んで、お子さんの教育について考えてみてください☆


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育 

教育 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

合格、おめでとうございます!!
これから卒園まで忙しくなると思うけど、親子共々、体調に気をつけてくださいね〜。
ree | 2011/01/19 11:22 PM
アロハさん、こんばんは。御無沙汰しております。
息子さんの合格、おめでとうございます。
入学準備の喜びもひときわですね。
寒い日が続きますがどうぞお体お大事にお過ごし下さいませ。
Setsugekka | 2011/01/21 1:55 AM
reeさん
ありがとうございます!!
もうすぐ卒園だと思うと寂しいですが、残りの幼稚園生活を楽しんでほしいと思います☆

アロハ | 2011/01/22 8:47 AM
Setsugekkaさん
ありがとうございます♪
双子ちゃんも大きくなられたんでしょうね。
またお会いできる日を楽しみにしています。
アロハ | 2011/01/22 8:50 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/205
この記事に対するトラックバック