親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 英語でお勉強 その2 | main | 一人で頑張らない >>

子供達に伝えていきたい事

JUGEMテーマ:反戦


8月6日は何の日かご存知ですか?
そう、広島の原爆記念日でしたね。

当然知っているという方もいれば、そういえばそうだったっけ?という方もいるかもしれません。

私は、広島で生まれ育ちました。
家族に被爆者こそいないものの、小学生の頃から毎年平和教育を受けてきました。

小学生の頃は、毎年8時15分に黙祷していました。
学校でも、はだしのゲンの漫画や映画を見たり、皆で折鶴を折ったり、生きたいという願いを持ちながら12歳で亡くなった佐々木貞子さんのお話を聞いたりしました。

それだけにはとどまらず、6年生になると、731部隊が中国人やモンゴル人にどんな事をしてきたかも、アニメで見せられました。
この時の映像は、気分が悪くなる子もたくさんいたほど強烈でした。

中学生になると、夏休みの宿題は原爆の被爆者の方々の手記を英語で読んで、感想文を書くことでした。
中学の修学旅行は長崎で、被爆者の体験談を伺ったり、平和公園を訪れました。

高校になると、高校生サミットが開かれ、海外からホームステイを受け入れ、平和について語り合うというシンポジウムが行われました。

高校の修学旅行では沖縄に行って、ひめゆりの塔に行ったり、防空壕に入ったりもしました。
沖縄の防空壕は、ろうそくを消すと自分の手も見えないほど真っ暗で、ここで身を潜めていた人たちのことを思うと心が痛くなりました。

というように、とにかく毎年平和学習を受けてきたのです。
私は、当然他の県でもそうだと思っていました。

ところが、大学で関西に行くと、平和に対する気持ちの温度差に唖然としました。
黙祷はおろか、原爆記念日や終戦記念日の日にちも怪しかったり、平和学習?そんなのあったかなあ?という感じでした。

一番ショックだったのは、
「アホやなあ」とか「頭わいてんちゃう?」という言葉にもなれてきた頃
「広島だけに、頭被爆してんちゃう?」
と言われたときでした。

皆は笑いましたが、私は笑えませんでした。
もちろん悪意があるわけではなく、あくまでもウケ狙いで言っただけなのですが、いくら冗談でもそんな言葉を口にするのは絶対にいけないと思いました。

私が子供の頃は、戦争体験者のお話を聞ける機会が何度もありました。
でも、被爆者も高齢化し、年々それを語り伝えられる人が減っています。

これからは、私たちが自分の口で子供たちに語り伝えていかなければならないと思っています。
「自分たちのような思いを子供たちにはして欲しくない」
「過ちを二度と繰り返して欲しくない」

という被爆者の思いを、後世まで残していかなければならないと思います。

私は、昨日息子と一緒に黙祷しました。
子供の頃は何とも思わなかったのに、なぜか胸が一杯になりました。

アメリカと日本が戦争をしていたこと、広島と長崎に原爆が落とされて、たくさんの人が命を落としたことも話しました。
息子はとても冷静に聞いてくれ、「かわいそうだね」とつぶやきました。

皆さんも、どうぞご家庭で平和について語り合う機会をお持ちください。

ちなみに、ある中学校の入試問題で、
原爆について記述するとき「ヒロシマ」とどうしてカタカナで表記するのでしょうか?
という問題が出ていました。
考えてみてくださいね。
(ちなみに模範解答のようなものはありませんでした)

あるアーティストが、被爆者の思いをこめて歌を歌っているので見てみてください。



マイコさんiromaさんが、原爆について記事を書いているので、ぜひご覧ください。

応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

社会 | comments(10) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

広島の方に比べたら、確かに小さい頃そんなに
戦争の学習をしてもらってないですね。

私は関西なので冗談でもそのようなことを言う関西人
がいると聞いて恥ずかしいし、情けないです。

小さい頃からもっと奥深く教えてもらった方が
戦争の恐ろしさ、二度としてはいけないことと
頭に刻み込まれるのかな。

大人の私でも平和ボケしてるぐらいで、
子どもに親がせめて一年に一回でも戦争の事を
話す日をつくることも大事ですね。
きーしー | 2008/08/07 7:22 AM
たとえ、口が滑ったとしても
そんな言葉を放つ関西人、
私も同じ関西人として許せません。
申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・

yuyu | 2008/08/07 12:01 PM
きーしーさん、yuyuさん

誤解を招いたかもしれませんが、
その言葉を言った関西の方が悪いということではなく、他の県でもちゃんと平和教育を受けていれば、軽はずみな言動を招かなかったのではと思っています。

そういう意味でも、平和学習は必要だと思います。
ちょっと書き方が悪かったと思います。
関西の方、気分を害されたらごめんなさい。
アロハ | 2008/08/07 5:49 PM
リンクありがとうございます。

>「広島だけに、頭被爆してんちゃう?」

これを言う人の神経が全くわかりませんが
きっと無知からくる無神経なのでしょうね。
きーしーさんと同じく、同じ関西人として
申し訳ない気持ちと、
恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

私も19の頃ロンドンのディスコで
ナンパされたフランス人に
「僕のハートは君に会えて爆発している〜」
「僕のハートはヒロシマだー」と
言われたことがありました。
本人に悪気はないと解っていましたが、
片言の英語で「そのジョークは好きでない」と
その店を去りました。
その当時私に英語力があればもっと言いようがあったんでしょうけど・・・
そういう意味でも英語力つける必要ってあるなぁ。

日本国内でも、こんな有様なので海外の人に伝える
のはなおさら難しくなるのかもしれませんが、
少しづつでも語り継ぐ心をつなげていきたいですね。
マイコ | 2008/08/07 6:32 PM
マイコさん

その言葉を言われたのは、4年間で一度だけ、しかも誰がどんな状況で言ったのかもまったく覚えていないのですが、言葉が与える影響って大きいなと思います。

そうそう、海外の人たちは
「原爆が投下された事で戦争が早く終わったのだ」
「原爆投下は正しかったのだ」
って考えている人たちがたくさんいるんですよね。

英語を学んでいる多くの子供達には、ぜひ自分の言葉で他国の人に伝えられるようになって欲しいですね。
アロハ | 2008/08/08 12:57 AM
初コメです。
幼児教育でブログを検索していて当たりました。

私も1児の母、広島出身です。
大学で東京に出てきて仲の良い関西人(奈良の人)に、
「原爆少女」といわれたことがあります。
ショックでしたね〜
自分のことをそう言われたことより、他県の人って原爆の事何もしらないんだなあ〜って思って。
しかし、私も関西人でした・・・偶然。

8/6、8/9、8/15と、
色々な思いを馳せてこの時期を迎えます。
せめて自分の子供には原爆の事と戦争のこと伝えていきたいです。
ムーンライト | 2008/08/14 6:56 AM
ムーンライトさん

コメントありがとうございます!
旅行に行っていて、返信が遅くなりごめんなさい。
「原爆少女」ですか・・・。
そう、ムーンライトさんのおっしゃるように、自分が言われた事よりも、同じ日本人として原爆や戦争に対して無知である事に対して悲しく思いますよね。

今日は終戦記念日だったので、戦争関連の番組を見て、また息子に戦争の話をしましたよ。
今帰省中なので、明日は資料館に連れて行こうかなと思っています。

今回は少し重いテーマでしたが、また気軽にコメントくださいね☆
アロハ | 2008/08/16 12:01 AM
今日は八月六日なのに、NHKしか終戦特番が見つからなくて、サイトを見て記事を読みました。私は徳島県に生まれ、ずっとここで暮らしています。原爆についての教育を特に受けてはいませんが、たまたま、はだしのゲンを、小学校四年で学校で読んでから、何ともいえない気持ちになったのを覚えています。ホタルの墓や、黒い雨もその頃読みました。語り継がなくてはならない、出来事だと凄く思うのに、テレビの報道は、最近少ないですよね。今日も、NHK以外は何もしていません。ここ数年、夜中寝静まった頃、少し見た位です。バラエティーもいいですが、私も子供が生まれたばかりの、新米の母親です。そう祖父母が元気な間にいっぱい話をきかせたいし、もっともっと、テレビで、早い時間に反戦や、特番をしてくれることを、望んでいます。世界ではまだまだ、原爆の理解は薄いけれど、唯一の被爆国である日本人でさえ、こんな様子では、悲しい事ですね。平和ぼけしすぎかも。
なつ | 2009/08/06 10:21 PM
なつさん
コメントありがとうございます♪

>もっともっと、テレビで、早い時間に反戦や、特番をしてくれることを、望んでいます。世界ではまだまだ、原爆の理解は薄いけれど、唯一の被爆国である日本人でさえ、こんな様子では、悲しい事ですね。

ほんとそうですね。
年々被爆者が少なくなり、戦争体験を直接聞く機会が減ってきているからこそ、そういう番組が組まれることが必要だと思います。

テレビじゃなくても、折に触れて戦争の話を子供達に話して聞かせてあげるといいと思います。
小さい子でも、結構真剣に聞いてくれますよ。
アロハ | 2009/08/12 7:21 AM
明日はヒロシマ原爆記念日ですね、
戦争を知らない世代ですが、この時期になると 平和教育とか 映画 ガラスのうさぎ 裸足のゲン など、思い出します。桜隊のことも、

心がいたたまれなくなる。実に悲しい出来事です。
みか | 2013/08/05 2:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/21
この記事に対するトラックバック