親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 子供達に伝えていきたい事 | main | お話作り >>

一人で頑張らない

JUGEMテーマ:子育て情報


皆さん、毎日子育てお疲れ様です。
あなたの周りには、子育てを手伝ってくれる人はいますか?

私が息子を産んだときは、「とにかく自分で育てたい!」という思いが強く、
始めこそ母に頼ったものの、なんでも自分ひとりでやろうとしました。

おむつがえ、入浴、授乳、寝かしつけ、哺乳瓶の消毒、掃除、洗濯、食事の支度・・・。
当時パパは忙しく、家に帰れるのが夜中という状態だったので、必然的に子供の世話は私一人に降りかかりました。

ゆかりのない土地での子育て、当然友達もいません。
私は、息子が寝てしまうとほっとするとともに、すごく孤独を感じました。

生後2ヶ月ぐらいから子連れで夫の実家を手伝い始めたので、少し社会とのつながりは持てたものの、息子を預けることに抵抗を感じていた私はほとんど誰にも預けることなく、一人で子育てをやり遂げよう!と思っていました。

だけど、自分の手で育てるんだ!と意気込めば意気込むほど、なぜかイライラしたり孤独になって、パパに八つ当たりする日々が続きました。

そこで、私は他の人を頼ることにしました。
息子を連れて、子育て支援センターや子育て相談、ベビービクスに通ったり、お姑さんやお舅さんに抱っこしてもらい、少しの間見ていてもらったり。

自分が求めれば、話を聞いてくれたり、手を差し伸べてくれる人はたくさんいたのです。
それに、多くの人に合わせるうちに、息子の人見知りも少なくなりました。

私は、周囲の協力なしに、母親一人で子育てをするのは無理だと思っています。
また、多くの人から刺激を受けたほうが、コミュニケーション能力の高い子に育つと思っています。

参照  みのる園長の「愛と勇気の子育てコラム」

今まで、日々の取り組みについて書いたりもしましたが、私は一日中子供と向き合ってあれこれ教えているわけではありません。

一応仕事もしているし、フラダンスやピアノを習ったりして、自分の時間も大切にしています。

一日中子供と一緒にいてイライラするぐらいなら、時々は誰かに頼って息抜きをすることも大切だと思っています。
私は、お舅さんに時々預けていますが、孫と二人で過ごすことでかわいさが増したらしく、最近ではすっかり孫バカになっています(笑)

周りに見てくれる人がいなければ、子育て支援制度を利用するのも良いと思います。

他にも、習い事の無料体験に行ってみる(先生が相手をしてくれるから(笑))のもいいし、託児つきの美容院に行くのもいいかもしれませんね。
公園や子供を遊ばせられる施設に行ったり、お友達と存分に遊ばせてあげるのも良いと思います。(疲れて早く寝てくれるしあっかんべー

私は、いろいろな場所に出掛けた事で何でも話せるママ友ができ、チルドレン大学に入学して仲間が出来てからは、孤独だと感じることはなくなりました。
むしろ、楽しくて時間が足りない・・・寝不足で体が辛いのが悩みです(笑)

子育てで孤独を感じている方は、ぜひ周りを見渡してみて下さい。
きっと、世話を焼いてあげたいと思っている人がいると思いますよ。

子育てで悩んでいる方は、リョウさんのブログが参考になりますよ♪

今、眠い目をこすりながら、オリンピックの聖火の灯火式を見てきました。
オリンピックが始まったら、また寝不足になるわー・・・。

応援お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ







育児 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

リンクありがとうございます^^

<自分が求めれば、話を聞いてくれたり、手を差し伸べてくれる人はたくさんいた

ほんとそうなんですよね。
助けてくれる人なんて必要ないよ〜って顔をしているから
どんどん孤独になっていく。

アロハさんのように早く気がついて求めることが
子どものためにもなるんですよね。

じゃあどうして求めることに抵抗を感じたり
ひとりで背負い込んでしまうのかと考えると
そこにはやっぱり「べき」「ねば」の思い込みが
たくさん詰まっているなあ、と思います。

子どもたちにはそういう思い込みのない
自由な人生を歩ませてあげたいなあ、と思います。
リョウ | 2008/08/09 6:26 AM
とても共感しました!私もそうでした・・。
産後も実家に帰らなかったのでとてもしんどかったです。
プリスクールにきてくださるお子さん達の第一歩はママが「こどもを任せて気持を切り替えてリフレッシュしてくださる」ということもとても大切で、不思議とずっと子どものことだけ思って心配を一杯されていると・・・。お子さんも泣いていたりするんです!!
母子の以心伝心なのでしょうか。
いつも不思議に感じるほどです。しかしママが吹っ切れてお買い物に行かれたり習い事をされたりして お迎えの時間にこられると こどもも自分の時間を楽しんで
過ごしていたりするんです。おやこの絆ってそんなところにもみえるんですよね。

ママリフレッシュ私も賛成です
schoolmama | 2008/08/09 9:02 AM
リョウ

育児書とか見ていると、
「こうしなければいけない」みたいに思いがちだけど、子供も個性があるように、子育ても人それぞれで良いんです。
自分も子供も幸せなら、それだけで十分ですよね。

schoolmama

私も、預けること始めは不安でしたが、今では
「あー、もうお迎えじゃん!早いなあ」
という感じで、すっかり子供のことは忘れています(笑)
自分が楽しんでいれば、子育ても楽しくなりますよね。
アロハ | 2008/08/09 5:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/22
この記事に対するトラックバック