親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小さな国際交流 | main | 心臓移植に9500万円 >>

算数に最適な遊びとは

JUGEMテーマ:勉強のこと


姪と過ごした一週間もあっという間に終わり、昨日我が家に戻ってきました。

皆が英語、英語と言っていたら、
「英語って何?」と姪に聞かれ、Englishの事だよと答えたら、
「Eigoってeggに発音が似てるね〜!」と言っていました。

また、神社を見て「あれは何?」と姪。
「神社だよ。」と答えたら、
「Jinjya? Ginger!? Ginger bread!」(Gingerは生姜です)
と言っていました。
子供の視点って面白いですね。

さて、話は変わりますが子供に足し算や引き算を教えたいとき、どんな風に教えますか?
ドリルを使いますか?口で説明しますか?

うちの子は、「さあ、これをやりますよ〜」とドリルをやらせようとすると、
私が勉強モードになっているのを察知して、すぐ飽きてどこかに行ってしまいます。

そうなると私もイライラするので、ドリル類はやめてしまいました。
そこで、息子の好きな遊びでお勉強することにしました。

それは・・・お買い物ごっこです。
用意するものは、これだけ!

アンパンマン NEWぎんこうあそびセット
アンパンマン NEWぎんこうあそびセットトーホー 2008-02-25売り上げランキング : 6143Amazonで詳しく見る by G-Tools


そう、おもちゃのお金です。
これで、家にあるいろんなおもちゃを売り買いするのです。

そこで、
「これください。」
「はい、200円になります。」
「1000円お預かりしたので、おつりは800円です。」
なんて遊ぶだけで、足し算も引き算もお金の勉強も出来ますね。

応用としては、
「これ3つと、これ2つください。」
「100円が3つと、50円が2つで400円になります。」

こんな風にすれば、掛け算と足し算も出来ますね。

とはいえ、うちの子はまだおつりの計算なんてまったく出来ませんが、
お金の種類と100円玉を出した枚数で何百円になるか
(例えば、100円玉3枚で300円とか)はなんとなく、理解したようです。

このお買い物ごっこ、実は小学生にも応用できるんです。
私は家庭教師をしているのですが、5年生になってつまずきやすい単元って何だかご存知ですか?

もちろん個人差はあると思いますが、比較的皆が苦手なのが割合の問題です。
たとえばこんな問題。

「2000円で仕入れた商品に6割の利益を上乗せして定価をつけたが、売れないので定価の20%引きにして販売しました。利益はいくらになりますか。」

こんな問題をひたすらやらせていたのですが、なんだか面白くなさそうな顔をしています。説明しても、分かったような分からないような感じです。

そこで、お買い物ごっこで遊んでみることにしました。
使用したのは、おもちゃのお金とこれです。

名画カード 海外編 1 (1)
名画カード 海外編 1 (1)くもん出版 2008-02売り上げランキング : 133004おすすめ平均 starstarもう少し大きければ・・。Amazonで詳しく見る by G-Tools


俳句カード 夏 第3版―幼児から (2)
俳句カード 夏 第3版―幼児から (2)くもん出版 2008-01売り上げランキング : 53953Amazonで詳しく見る by G-Tools


ついでに、名画や俳句のお勉強も兼ねました。
遊び方はこんな感じです。

まず、仕入れ値は私が決めて、自分で値段を設定してもらいます。
そのときに適当に値段をつけるのではなく、仕入れ値の何割増しにするか設定させ、定価を計算させます。また、仕入れ値が合計いくらになるかも計算しておきます。

そして私が買い物に行き、「まけてくださーい」と言って、値段交渉をします。
「半額にしてください。」
「いや、それは無理です。」
「じゃあ、4割引で」
と言った様に押し問答し、自分がまけられる範囲で値引きしてもらいます。

こうして買い物が終わると、売り上げと利益がいくらになったか計算させるのです。
ここで割合が分かっていないと、赤字になったりするんですねー。

ついでに、赤字になった子には罰ゲームで尻文字をやらせました(笑)
罰ゲームをつけると、俄然子供はやる気になるみたいです。)

こうやって遊んでいると、いつもはイヤイヤ計算していた子供達が、目を輝かせて計算に取り組むんです。
そして、うっかり損をしてしまった時は、「くやしい〜。もう1回やりたい!」って、自らリクエスト。

ちょっとした工夫で、こんなに楽しく勉強できるんですね〜。
ちなみに、私もとっても楽しかったです☆

お買い物ごっこ、男の子にも女の子にもウケが良いので、ぜひ試してくださいね!

応援お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

算数 | comments(5) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

わあ!楽しい!
早速やってみよっと!
私は実家が食堂なんで
足し算引き算は、会計を手伝って身につけました♪
娘にもその店を手伝ってもらおうと画策中です(笑)
それにしても、
アロハちゃん、うちの娘の家庭教師もしてくれないかしらー
yuyu | 2008/08/19 2:18 PM
yuyuさん

実家が食堂なんですか〜。
小さい頃から、親の働く姿を見る機会があるのはとっても良いことですよね。
娘さんの家庭教師なんて、とんでもないですよ〜。
逆に、yuyu家の皆さんに、私がいろいろ教えてもらいたいです☆
アロハ | 2008/08/20 8:14 PM

お勉強モードでするより遊びながら学習した方が
自然と身につき、忘れないですね。
ウチもやってみます。
まずは百円玉、五十円玉など種類から覚えて
貰わないとダメですが。
きーしー | 2008/08/21 6:33 AM

GOOD IDEA!
そういえば、うちには「あんぱんマンレジスター」が
あるんだけど、本物のレジみたいに、
おつりまで計算しちゃうのよねー。困るわ。
やっぱ、暗算でやらせないとねぇ。

そんなこと言ってる親の私も、電卓やパソコンや
便利なモノにかこまれ、暗算能力、漢字書き取り能力、
著しく衰えてる気が…(あ、話脱線しちゃった。)

うちもやってみまーす。

Mayuみん | 2008/08/21 10:30 AM
きーしーさん

そうそう、うちも100円は分かるものの、他のお金の種類は怪しい感じです(笑)
でも、今のおもちゃのお金はかなり本物そっくりに出来ているので、結構役に立ちますよ〜。


Mayuみんさん

私も、自分の脳の衰えに驚くときがあります。
家庭教師のときに、子供と一緒に暗算して頭を使っています(笑)
やっぱり、暗算したり文字を書いたりしないと、脳も衰えるみたいなので、頑張りましょう!
アロハ | 2008/08/21 1:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/26
この記事に対するトラックバック
前々回、紹介したいわいさんちwebの 「にじいろかき氷やさん」に刺激を受け 今週末の地域のお祭りで「にじいろ綿菓子やさん」をすることにしました♪ まあちょっと着色料が心配なんですが 色つきザラメというのが売られているんですよ♪ いろいろ探した中で、一
にじいろ綿菓子や | フルタイムママの「地頭のいい子を育てよう」 | 2008/08/20 11:47 AM