親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 英語学習と外国語なまり | main | 天高く馬肥ゆる秋に思うこと >>

暦を学ぶ

JUGEMテーマ:秋の楽しみ


今日は、まず始めにお知らせから・・・。

以前の記事でちらっと紹介したキッズマネーステーションさんですが、その後会員になりまして、私のブログを紹介して頂けることになりました♪

コチラで紹介されています☆

私のところ、「家庭教育のエキスパート!アロハさん」って書いてある〜。
そんなたいそうなブログではありませんが、嬉しいです。
このサイト、会員になると役に立つ記事がいろいろ読めるので、皆さんもぜひ登録してみてくださいね♪
私も、おいおいお金に関する記事を書こうと思っています。

では、今日の話題です。

先日、お友達の家族と一緒に芋掘りに出かけました。
いろいろ探したのですが、どこも遠かったので、以前行ったぶどう狩りの所へ行きました。

息子は芋掘りは、初体験でした。
もう葉は刈ってあって、掘る前はこんな感じで、周りの土を掘っていきます。



私も久々に芋掘りをしましたが、意外とすんなり抜けなくて結構真剣に掘りました〜。



そのあとは、お決まりの外遊び。
以前と同じように、楽しく遊びました♪



そんな中、ふと見ると息子が近くに咲いている彼岸花を摘んでいて、
「これ、持って帰る〜。」と言っています。

私は、お友達のママに
「彼岸花きれいだねー。そういえば、お彼岸っていつだっけ?」と聞かれ、
「・・・そろそろだと思うけど・・・。あれ、いつだっけ?」
その後、一緒に行ったお友達のパパにも聞いてみましたが、
「うーん、23日は秋分の日だよね。お彼岸はいつだったっけ?」

結局、大人三人とも分からなかったのでした。
パパさんに「調べてブログに書いてよー」と頼まれたので、調べてみることにしました。
(Yちゃんのパパ、読んでね〜(笑))

このサイトに以下のように記述がありました。

彼岸とは昔のインドの言葉で パーラミター(波羅蜜)の漢訳である到彼岸を
意味します。到彼岸とは彼岸にいたることで 彼岸とはむこう側の岸 すなわち 悟りの世界 仏の世界を意味します。
反対に悩みと苦しみのこちら側の世界を
此岸
と呼びます。

彼岸って、仏の世界だったのですねー。知りませんでした。

彼岸は 春と秋の年二回行われ 
春は彼岸の中日 春分の日をはさんだ前後 三日間の一週間 
秋は 秋分の日をはさんだ前後 三日間の一週間です

あ、やっぱり今がお彼岸の時期だったのですね。

こうして考えてみると、私って暦の知識が全くないわー、という事に気がついたので、ついでにいろいろ調べてみました。

二十四節季については、こちらのサイト。

太陽は見かけ上、天球を1年で1周します。このときに太陽が移動していく通り道を天球上にあらわしたものを黄道(こうどう、おうどう)といいます。二十四節季とは、この黄道を24等分して、それぞれに名前を付けました。節季とはその24区分した15日間を指したものです。

ふーん、なるほど。
私、夏至とか冬至がどうやって決まっているのか知りませんでした。
このサイトのThat's GAKU(雑学ですね)のところ、気象用語とかも載っていて、
結構勉強になりますよ〜。

こよみのページっていうサイト、これはすごくいいです!

暦から、月食や日食のシュミレーションまで出来て、見るだけでも楽しめます。

暦くん

このサイトは、面白いです!
干支から、年齢を計算するっていうのもあるので、年が気になる人の干支を聞いたら、
年齢が調べられちゃうかも!?

平均余命が出せるので、試しにやってみたら「あと56年」でした。
まだまだ生きれるのね、私☆

うたるんの占い

マヤ暦をベースにした13の月っていうのがあるみたいです。
「銀河の署名占い」っていうのもあって、楽しいですよ♪

ちなみに私は、
「白い水晶の魔法使い」
White Crystal Wizard
「私は共存させる力をもとにして、受けとめて育む力をコントロールすることを担う」
− 明言 −
私は受容性を普遍化することを魅惑するために捧げる。
私は協力という水晶の音で永遠の出力を封印する。

うーん、なんか分かったような分からないような!?
占い好きな方は、ぜひやってみてくださいね。

こうして調べてみると、暦も面白いですねー。
今からちゃんと勉強して、「今日は、寒露ね。」なんて言える様にがんばろう。


私も、暦に弱いわ〜という方は、ぜひポチっと押してくださいね♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


国語 | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

彼岸花からお彼岸を学ぶ、いいですね〜。
私の実家は田舎なので、お彼岸は本家へ行ったりなんだり忙しかったです。
前記事で・・・
英語の訛り、これ泣かされます。
ここは南アメリカからの移民が多いから、彼らの英語も聞き取り難いし、フロリダで生まれ育ったお年寄りの英語も聞き取り難い。
州が違えば訛りもありますからね〜。
日本人、中国人、韓国人の英語もそれぞれ違ってて、結構分りやすいんですよ〜。
ree | 2008/09/23 1:04 AM
こよみのページ、お気に入り登録しちゃいました♪
ちょうど、娘の七五三の日にちを悩んでいて・・・
でもこれで調べて大安がわかったので、日にちを決めました♪
タイミングばっちりでたすかりました!
ありがとうございます〜☆
はちみつカフェ | 2008/09/23 8:36 AM
ちぃーーっす!

ほんと面白いサイトですね〜
暦くん、なかなかおもしろいっす!笑

ぽち!
インターライフ | 2008/09/23 9:22 PM
お彼岸なのでお墓参りをしてきました(^^)

占い、私もやってみましたよ!

「黄色い磁気の戦士」
Yellow Magnetic Warrior
「私は引きつける力をもとにして、銀河の意識(知性)をコントロールすることを担う」

− 明言 −
私は大胆さを引きつけることを問うために統一する。
私は目的という磁気の音で知性の出力を封印する。


わかったようなわからないような?ですね(笑)
anon | 2008/09/23 11:57 PM
暦といえば・・・
前に調べたことがありました♪
岡田芳朗先生にお話しをうかがったことも♪
岡田先生ってこの方↓
http://www.athome-academy.jp/archive/culture/0000000138_01.html

あと国立国会図書館のこのページ
http://www.ndl.go.jp/koyomi/index2.html

JSTの「時を計る」
http://jvsc.jst.go.jp/live/monosashi/time/ta_010.htm

またこのへんのことも書きますね♪
取り急ぎ、ご参考に・・・
yuyu | 2008/09/24 9:52 AM
ああ、大事なことを忘れてた・・・
家庭教育のエキスパート!
いやん、まさにその通りよ〜♪
いつも参考にさせていただいてます♪
yuyu | 2008/09/24 11:03 AM
お盆に比べて お彼岸って気にしないで生活することが多いですね。
我が家は両親の墓参りがありますから お彼岸は意識していますが
知らなくても そんなに支障はないですものね。
彼岸花って不思議ですね。
本当にお彼岸の時前後にだけ咲くんですものね。
☆⌒d(*^ー゚)b ぽち
ばんび | 2008/09/24 6:40 PM
reeさん
私たちが、東北弁が聞き取りにくいように、やっぱりアメリカでも訛りがあると聞き取りにくいんですね。
韓国なまりや中国語なまりの英語って、どんなのでしょう?やっぱりアジアだから、聞き取りやすいのかな?

はちみつカフェさん
お役に立ててよかったです♪
七五三楽しみですね〜。

インターライフさん
暦くん、ぜひいろいろ遊んでみてくださいね!

anonさん
私も、秋分の日にお墓参り行ってきました〜。
先祖は大切にしないといけませんね。
占い、いまいち理解できないんですよね。
頭が悪いのかな・・・。

yuyuさん
わー、ありがとうございます♪いつもながら、引き出しがたくさんあって素晴らしいです☆
yuyuさんの知らないことを探すほうが難しそうだわ〜。
がんばって勉強します!

ばんびさん
コメントありがとうございます♪
彼岸花、注意してみると近くにもたくさん咲いていました。普段ぼんやりすごしているので、もっと注意していろんなことに目を向けようと思います。
アロハ | 2008/09/25 3:00 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/48
この記事に対するトラックバック