親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 最近ハマっている絵本 | main | 英語厳選グッズ販売!チル脳倶楽部始動☆ >>

キャンドルナイト

JUGEMテーマ:こどものお勉強 ”/(._. )カキカキ”


今回も、お手数ですが始めににクリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


チルドレン大学では、ただいまキャンペーン実施中!

10/1〜10/10までにチル大メンターの私を通じて入校された場合
通常Amazonギフト券2000円分のところ
なんと3000円分プレゼントしちゃいます♪

チルドレン大学のキャンペーンページは、コチラをご覧ください。

チルドレン大学って何?という方は、コチラの記事をご覧ください。

チルドレン大学に関するお問い合わせはコチラから。

入校を決めました!という方はコチラのフォームからご記入の上、
プラチナチケットをゲットしてくださいね。

メンターを通じて入校されないと、プラチナチケット(ギフト券)がゲット出来ないので、ご注意ください。


では、今日の本題に入りま〜す。

今日は、パパが仕事で不在だったので、息子と二人でキャンドルナイトを楽しみました。




ひとつ火が消えちゃってますが(笑)

夕食のときに電気をを消してろうそくをともし、NPRでジャズを聴きながら飯を食べました。

NPRはチル大のマミーさんご推薦のアメリカのラジオ番組ですが、musicの所では素敵な曲がたくさん聴けるので、私は英語のかけ流しだけでなく、音楽も楽しんでいますよ♪

以前、チルドレン大学でろうそくについて学んだ時(Vol.36で出てきます)、
しばらくろうそくの明かりでご飯を食べていたのですが、

ロマンチックというよりは、
闇鍋ならぬ、闇ご飯状態で、パパに「おかずがよく見えないからやめてくれ〜」と反対されて、やむなく中断したのでした。


で、今回なぜまたろうそくを出してきたか・・・。

それは、少し前にアースという映画を見たからです。

DVDを借りてきて英語で見せたため、全部は理解できていないと思いますが、
広大な自然の中で生き抜く動物達の姿に、息子も何か感じるものがあったようです。

その中で、温暖化の影響で白クマが思うように獲物を捕まえられなかったり、果てしない距離を泳がなければならないというシーンがありました。

チルドレン大学でも温暖化について学ぶ機会があったので、息子には以前から温暖化の話はしていたのですが、やはり映像で見ると印象に強く残ったようです。

そこで、「もったいないからはじめよう」という学研のシリーズの本の中で、
「もったいないってなんだろう?」と「エネルギーがもったいない」という本を
読んであげました。

電気やガス、石油、私達はあらゆる資源を使って生活していること、
夜でも地球は照明の光でとても明るいこと、などが書いてありました。

そこで、ろうそくが登場したわけです。


以前、ろうそくについて学んだときは、廃油キャンドルを作っていました。
作り方はコチラです。

普通なら捨ててしまう廃油を、油固め剤を用意するだけでろうそくが作れるなんて、
とってもエコですよね。

多少、油のにおいが気になりますが、ぜひお試しください☆


ろうそくを灯したついでに、炎にわりばしをあてて、温度の違いを見てみました。




ろうそくの炎は、上のほうから外炎、内炎、炎心と分かれています。

それぞれ、3秒ごと割り箸にあててみた結果がこちら。




左から、外炎、内炎、炎心です。
炎心の温度が低い事がよく分かりますね。

ろうそくについてもっと知りたい方は、燃焼の科学というサイトが参考になりますよ☆


マイバッグ、マイボトルには取り組んでいる私ですが、エコライフとはまだまだ言えない暮らしをしています。

エコライフガイドを参考にして、もっとエコに取り組んでいこうと思います。

その前に、夜更かしをどうにかしないと・・・
明日から、早寝早起きに切り替えられるようがんばります☆


その他にも、温暖化やエコについて参考になる本やDVDをご紹介しますね。
「不都合な真実」 これは、ぜひ皆さんに見ていただきたい作品です。


評価:
無藤 隆,高橋 日出男
フレーベル館
¥ 1,995
(2005-11)
コメント:温暖化だけでなく、世界の様々な気象や環境について学べます。温帯や熱帯、寒帯など様々な土地の気候を知ることで、世界について興味を持つきっかけにもなると思います。

評価:
価格: ¥1,575
ショップ: 楽天ブックス
コメント:「もったいなーい」とどこからともなく寄ってくるおばあさん。今は、こんな口うるさい人が少ないので、逆に新鮮ですね。

評価:
デイビス・グッゲンハイム
¥ 2,830
コメント:温暖化を考えるなら、まずこれを見てください。確実に地球の環境が変わっているんだという現実を、まざまざと見せ付けられます。
理科 | comments(7) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

ちぃーーっす!

ろうそくの灯って
なんか落ち着きますよね〜(^^)

アロハさんも早起き、しましょ!
私、4時起きっす!(笑


ぽち

インターライフ | 2008/10/06 11:22 AM
もったいないから始めよう、面白そうですね。
キャンドルナイトは娘が怖がりなので、
なかなかまだ実践できてません。

親が意識を持って一歩一歩導くのが大切なんですね。
こつこつ行動してるアロハさんはえらい!


この前東大であったイベントで北海道
の流氷の現物を展示していたブースの人が
「地球温暖化が進むと
お魚の餌がつまった流氷が無くなるから
日本近海で魚がとれなくなるんだよー
電気はマメに消そうね」
なんて言ってくれたので、夜寝る時ようやく電気を
消すようになりました。
第三者からのアドバイスって
結構きくからありがたいです〜
マイコ | 2008/10/06 11:40 AM
キャンドルナイト・・・
お誕生日やクリスマスでもないのに、キャンドルをともすと娘が大喜びしそうです
その機会に、いろんなお勉強ができるといいですね
うちでもやってみます!
よっし〜 | 2008/10/06 12:53 PM
捨てる廃油から 新しいろうそくが出来ることを
目の前で体験したことは
きっと成長した時に 新しい発想をしてくれるんではないかと
とっても楽しみです。
☆⌒d(*^ー゚)b ぽち
ばんび | 2008/10/06 9:49 PM
うちは8月にストームでの停電でキャンドルのお世話になりました。
そして電気がある事の便利さを子供達は学んでくれたようです。
エコも子供達、結構協力してくれ、マザーアースを守ろう、って話、よくしてるんですよ。
ree | 2008/10/07 12:44 AM
ろうそくの炎ってなんか神秘的で好きです^^

廃油で作れるんですね〜!
勉強になりました♪
息子がもう少し手先が使えるようになったら
一緒に作ってみたいです。

アロハさんは、科学や数学を
よくご存知なんですね〜
私は思いっきり文系脳なので(^^;
着眼点が違って、とっても勉強になります♪

こちらにもいつも来てくれてありがとう♪
duke | 2008/10/07 12:44 AM
インターライフさん
4時起き!!すごいですね、見習わなきゃ〜。

マイコさん
私も、少し前に、魚の収穫量が減っていて
「さんまが一匹千円になる時代が来るかもしれない」という番組を見ました。
本当に、じわじわと影響がきていて怖いですね。

よっし〜
そうそう、子供はいつもと違う雰囲気で喜びますよ♪
でも、「ろうそくの明かりで本を読んで」って言われて、さすがにちょっと暗いなーと思い、電気をつけてしまいました・・・。

ばんびさん
そうですね、いろんな工夫ができる事を知ることで、自分で工夫して生活できる子になって欲しいなと思います。

reeさん
マザーアースって言葉、素敵ですね。
宇宙から見れば、地球は国境も争いもないとても美しい惑星ですよね。
以前、アメリカに行ったとき、ゴミの分別がなく、何でもごちゃ混ぜにして捨てていて驚きましたが、今は変わったのでしょうか?

dukeさん
いや・・・私も思い切り文系なので、理科や数学の知識はほとんどありませんよ〜。
でも、親が優秀でなくても、今は便利なネットがあるので(笑)時々、思い立ったことをコツコツ調べています。
チルドレン大学に入学すると、調べ方のコツや習慣が自然と身に付きますよ☆
(と、さりげなく宣伝してみました(笑)
アロハ | 2008/10/07 12:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/54
この記事に対するトラックバック