親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 名スピーチで英語のお勉強♪ | main | お菓子作りから学ぼう >>

素敵なブログのご紹介

JUGEMテーマ:幼児教育

急に寒くなりましたが、皆さん風邪を引いてないですか?

私は、パパの風邪がうつったのか、なんとなく身体がだるくてPCから離れておりました。

が、前回書いた絵本プレゼントの締め切りが迫っているので、記事を書かなきゃ〜!と思い立ちました(笑)


ちなみに、まだ応募が少ないので、今記事を書けば当たる確立が高いかもしれませんよ!
締め切りは14日です。


というわけで、チルドレン大学の創立者マミーさんの前世ブログをご紹介しますね。


私が、早期教育に興味を持ち始めたのは1歳を過ぎた頃でした。

それまでも、ベビービクスに通ったり、読み聞かせを聞きに行ったりはしていましたが、
どちらかというと、それまではママ友を作るために行っていました。

いろんな情報を検索していくうちに、マミーさんの前世ブログにたどりつきました。

なんせ、タイトルが「学力は全米トップ0.1% 秘訣は幼児期の教」ですからね。

その頃はまだ、学校の勉強が出来る子が賢い子だと思っていた私ですから、こんなキャッチーなタイトルに惹かれないはずもなく(笑)


予想に反して、ブログでは「こうすればテストの点が上がる」といった具体策は何もなく、
子育ての本質について書かれてありました。

が、これが面白いんです!

一度読み始めると、次から次へと読みたくなり、ついつい寝る間も惜しんで読んでしまいました。

どの記事を紹介しようかな〜と思っていたら、今もまた読みふけってしまいました(笑)

その中でも、私が感銘を受けた記事はコチラです。


教育はお金じゃなくて親の気合!


心配しないですむ教育


できる人とできない人の違い



最近、教育格差が問題視されていますよね。

確かに、お金を払えばいろんな習い事にも行けて、最高の教育が受けられるかもしれません。

じゃあ、お金がない人は、あきらめるしかないのでrしょうか?

私は、マミーさんのブログと出会えて、親の気合があればいくらでも子供を教育することはできるんだ、という希望を抱けました。



前世ブログを読んだだけでも、かなりの学びはあると思います。

では、なぜチルドレン大学が出来たのでしょうか?




それは、知っているのと実践するのは違うからだと思います

例えば、ダイエットをしたことのある人ならだれでも、どうすればやせられるか知っています。

一日の摂取カロリーを減らして、運動してカロリーを消費すれば誰でもやせられます。

それでも、やせられない人が多いのは、実践できていないからです。
(ええ、私もそうです・・・)

知っていることと、実践することは違うんですね。



チルドレン大学に入学すると、実践できるようになるんです。

実際に、自分の手や身体、知恵を使って、子供と学べるようになるんですよね。

それは、他のチル大生の方のブログを読んでも分かると思います。


こないだ、名古屋のお友達に会った時、教育熱心なママ達は、習い事をいくつも掛け持ちしてるよ、
という話を聞きました。

幼稚園の後リトミックに行って、そのあと英語のプリスクールに3時間、子供が寝てしまうといけないので、夕食は買ってきたたこ焼きかなんかを食べさせて、車の中で着替えさせて、家についたらすぐに寝かせるとか。



たぶん、チル大に入る前の私なら、そんな話を聞くと不安になったと思います。

うちの子、何もしてないけど、大丈夫かな。
やっぱり、習い事させた方がいいのかな。

でも、今は心配していません。

むしろ、一番かわいい時期に誰かに預けっぱなしで一緒に過ごせないなんて、私は嫌だな〜と思います。

まあ、考え方は人それぞれなのでなんとも言えませんが、

マミーさんやチル大に出会えて、私が変わった点はこの4つです。


/佑犯罎戮匿看曚靴燭蝓⊂任辰燭蠅靴覆なる

⊆分の子育てに、少しは自信が持てる

子供だけでなく、自分自身も成長できる

せ勸蕕討楽しくなる


マミーさんのブログ、時間のある方は、ぜひ全部読んでみてくださいね。

それでも実践できない方は、やっぱりチルドレン大学がおすすめですよ〜。

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?


って、最後はチル大の宣伝みたいになっちゃいましたが(笑)
ちなみに、私2年ほど前に生のマミーさんにお会いしたことがあるんですよ〜。
生マミーさんは本当に素敵な方でしたよ♪


次回は、お菓子作りでの学びをご紹介しますね。
お楽しみに〜。


応援お願いします♪

 にほんブログ村 幼児教育


チル大 | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

もう風邪のほうは大丈夫なんですか?
教育は親の気合、って分かります!!
別に教育に関して熱心になれ、とは言わないけど、無関心な場合は子供もどれなりのレベルですよね。
押し付けるだけでも駄目だし。
その辺の匙加減が難しいかな。
ree | 2008/11/12 12:55 AM
reeさん
風邪は、たいしたことなくもう復活しました♪
確かに、「あれもやりなさい、これもいいから」と強制的に押し付けるのは、かえって逆効果ですよね。
うまく興味を持たせるように仕向ける、この変が腕の見せ所だと思います。
大きくなったら、自分の意思も出てくるから難しそうですね・・・。
アロハ | 2008/11/13 12:30 PM
あまり家で子どもと遊んであげたわけではないできの悪い親ですが^^;、
親が楽しそうにしていることは子どもも興味を持ってたみたい。
本読んだり音楽聴いたり、
でも一番楽しかったのは外で遊ぶことでしたねえ。

休みのたびにあちこちの公園へ行ったり山に登ったり、
一緒にキャッチボールをしたり。

自然に触れて手足、体中を使うこと、五感で感じることが一番だと思ってました^^。

それは、間違ってなかったと、今でも思ってます☆親が
anon | 2008/11/13 8:31 PM
風邪大丈夫ですか?週初めは嘘のように寒かったです
よね。

「教育はお金じゃなくて親の気合!」

うーん、色々考えてしまう言葉ですね。
朋 | 2008/11/14 10:39 AM
anonさん
外遊びって、ほんと大切だと思います。
雨が降ったり用事がある日以外は、休みの日はなるべく外で遊ばせてあげようと思いますが、入園前のようにつきっきりというわけではなくなって、遊んでいるのを立って見ているだけという事のほうが多いので、寒い季節は付き合うのがほんと辛いです(笑)

朋さん
風邪はもうほとんど治りました☆
教育に関しては、私もいつも気合が入っているわけではなく、何もせずに終わる日も多いのですが、親が楽しそうに学ぶ姿を見せれば、子供も学ぶことは楽しいと思えるんじゃないかなーと思います。

アロハ | 2008/11/15 4:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/65
この記事に対するトラックバック