親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< キャンペーン終了♪ | main | 本の与え方 >>

ぜひ見てほしい映画



皆さん、風邪などひかれていませんか?
私は、おととい胃腸風邪にかかり、吐き気と胃痛でかなり苦しみました・・・。 

今日はもうだいぶ良くなりましたが、念のため仕事は休みました。

といっても、家にいると暇・・・(いや、寝てれば良いのですが)。


というわけで、普段はあまり見ないDVDを見ました。



マイケル・ムーア監督ってご存知ですか?


人によって好き嫌いがある監督だと思うのですが、社会への批判を、彼独自の視点で突いていて、

私は結構好きな監督です。

(いや、見た目はタイプではありません(笑))


アメリカの銃乱射事件を取り扱った

ボウリング・フォー・コロンバイン や

ブッシュ政権を批判する

華氏911

なんかは有名ですね。


今回、私が見た映画は、アメリカの医療問題を取り上げた 「sicko 」 という映画です。

タイトルが「シッコ」だけに日本での反響は薄かったようですが、これはぜひ皆に見てほしい作品だなと思いました。

(といっても、小さいお子さんには難しいと思いますが)


公式サイトは、こちらです。  「シッコ SiCKO」



アメリカはとにかく治療費が高い、という認識ぐらいしかなかった私は衝撃的でした。


アメリカの医療保険は、とにかく保険会社が儲かる仕組みになっているのです。

医療保険に加入していても、ささいな書類ミスや申告漏れを指摘され、保険給付が認められない。

「既往症」を抱えている人は、保険加入を拒否される。

保険会社の委員会の医師達は、拒否率を上げれば上げる程、自分の報酬は上がる仕組みになっている。

キューバでは5セントの薬が、アメリカでは120ドルで売られている、等。

同じ先進国でも、医療費が無料であるイギリスやフランスなどとは対照的でした。




貧しい人を切り捨てるような社会のあり方、自分たちさえ良ければいいという議員たち・・・

とても、胸が痛くなりました。



英語を勉強中の方は、英インディペンデント紙に掲載された記事を読むのもいいかもしれません。

記事はコチラからどうぞ。

といってもなかなか読めないと思うので、一部だけ抜粋しますね。

(あえて訳はつけませんが、気になる方はコメントくださいね)


Having the system run by for-profit insurance companies turns out to be inefficient and expensive as well as dehumanising. America spends more than twice as much per capita on health care as France, and almost two and a half times as much as Britain. And yet it falls down in almost every key indicator of public health, starting, perhaps, most shockingly, with infant mortality, which is 36 per cent higher than in Britain.


チル大でも世界のニュースが学べますが、飽きっぽい私は、他の刺激もほしくなる・・・

ので、こうして時々自分のためにも英語を貼り付けようかな、と思っています。



この映画の中で、「底辺に生きる人たちへの扱いが、その国のあり方をきめる

と言っている場面がありましたが(うろ覚えですが)、本当にそのとおりだと思いました。


ご覧になった方は、ぜひ感想を聞かせてくださいね。





チルドレン大学に関して、ご質問やご相談のある方は、コチからどうぞ。

チルドレン大学への入学を決められた方は、
コチラからプラチナチケット(アマゾンギフト券2000円分)を請求してくださいね☆




応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


英語 | comments(3) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

「ルポ貧困大国アメリカ(岩波新書)」お勧めですよ〜
こういう問題の構造的な部分が見えます・・・
友達の全国紙記者が国内の医療崩壊の取材をしてますが
彼も「日本はアメリカの真似ばかり。とんでもないことになっている」と・・・
映画は日本の近未来なのかと思うとゾッとします・・・
あ、私はマイケル・ムーア監督、見た目も好きよ♪
yuyu | 2009/01/16 5:29 PM
彼の書いた本が面白いですよね。
家族に重病人がいると、破産するって言われますからね。
保険も専門医では使えない事があるんです。
その保険を払えないから加入できない人達も沢山いる。
だからこそ、これからの医療問題を、オバマ氏がどう対処して行くのかが気になるところです。
ree | 2009/01/17 1:53 AM
コメント遅くなりました。

yuyuさん
いつもいろいろ教えていただいてありがとうございます。ご紹介の本、今度読んでみます。
ほんと、日本はアメリカの真似ばかり。
病気にならないよう気をつけるしかないのでしょうか・・・。

reeさん
>家族に重病人がいると、破産するって言われますからね。
そうなんですか。
お金が払えないで、病院から捨てられる人がいるという事実、とても驚きました。
私は無知なので、もっと勉強します(汗)
オバマさんの政策に期待したいですね。
アロハ | 2009/01/19 12:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/82
この記事に対するトラックバック
「プリズン・ブレイク」が2009年米放送分をもって終了。海外サイトでは、「プリズン・ブレイク」の後継番組の情報が。