親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< マザーグース活用法 その1 | main | 枠にとらわれない育児 >>

マザーグース活用法 その2

JUGEMテーマ:英語育児♪

昨日は、息子が通う幼稚園のお母さん教室で、プリザーブドフラワーを習ってきました♪

かなり不器用な私でも、それなりの作品が出来て結構楽しかったです。

来週結婚式があるから、服につけようかな☆

 


さて、前回の続きです。

どんな方法で、息子がマザーグースを喜ぶようになったか・・・。

実は、たいしたことはやってないんですが(笑)

それは・・・


マザーグースを演じる  ことです。


どういうことかというと、マザーグースに描かれている状況を再現するということです。




たとえば、

Bow wow wow  という犬が出てくる詩では、犬になりきって読むんです。

四つんばいになって、息子に向かって吠えるように「Bow wow wow! 」と言うと、息子は大うけ!(単純な性格ですから(笑))



2羽の鳥が出てくる There were two birds ・・・では、 二人で鳥のまねをして、石に見立てた

クッションの上を飛びながら読みました。



他にも、セリフがある詩では、セリフを言わせてみたり。

もちろん、再現が難しいものもありますが・・・。




そんな中、息子のお気に入りの詩はこれです。

Little Miss Muffet
Sat on a t
uffet
Eating her curds and
whey;
There came a great spid
er
,
And sat down beside h
er

And frightened Miss Muffet a
way



本当は、くもが来てマフェットちゃんが逃げるだけなのですが、クモがマフェットちゃんを捕まえてぐるぐる巻きにする、というアドリブを入れたら、息子はすっかりハマって、「もう一回やる!」と何度もやらされました。

その後、本を開くたび「クモのやつやりたーい」と言うように・・・。
(チル大で印刷したプリントを使うときもあるし、本も活用しています)

そう、この方法の欠点?は、同じのばかり読まされることです(笑)
でも、おかげで私は暗唱できるようになり、息子にも
「じゃあ、続けて言ってみて〜」と読ませることに成功しました。


そして、そんなにクモの詩が好きなら、クモの巣でも作ってみようか〜、ということで、昨日は毛糸を使ってクモの巣を作ってみました。




これ、割り箸を十字にして、毛糸を割り箸に巻きつけながらくるくる巻いていくだけ!
最初は私がやりましたが、途中からは息子が一人でやりました。

これは、四角形ですが、割り箸を六本にして六角形にしてもいいかも。

簡単なので、良かったらやってみてくださいね。


クモの巣アーティスト、なんて方もいるみたいですよ。
ブログを拝見しましたが、どれも素敵な作品でした。


トイレでマザーグースでも、リビングでマザーグースでも、要は楽しく学べるのが一番ですよね。


先日、たまたま見た地球教室という番組で、理科を習ったことがないカンボジアの子供たちにでんじろう先生が理科を教えていました。

その時の、子供たちの顔がとっても素敵だったんです。
不思議だなと思う気持ち、知りたいと思う気持ちで、笑顔がキラキラ輝いていました。
もちろん教え方も上手なのですが、私もあんな風に子供に教えられたらいいな、と思いました。

そして、思ったんです。
自分がどんなに良い方法だと思っても、息子の目が輝いていなかったらやめよう、と。

一度、マザーグースを読ませて録音してみたのですが、途中から息子が面白くなさそうにしていたので、やめました。

録音して自分の声が聞けるって楽しいかな、と思ったのですが、やらされてる感があってよくなかったみたいです。
(その後、日本語で適当にしゃべって録音はしていましたが)

どんな方法であれ、楽しく学ぶのが一番。
皆さんも、お子さんに会った方法で楽しく学んでくださいね。

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?




応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育





評価:
---
Outlet
---
(1997-10)
コメント:マミーさんおすすめの一冊で、絵も大きくておすすめです。

英語 | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

すごい上手〜!!
こんな風に出来上がると、コサージュなんか買ってられないですね。

蜘蛛の巣って、計算されたかのようにきれいに形が出来てるじゃないですか?
蜘蛛は大嫌いだけど、巣には感心しますね〜。
ree | 2009/02/20 10:11 AM
おお〜プリザーブドフラワーもクモの巣も素敵ですね☆

>理科を習ったことがないカンボジアの子供たち

これ判ります。
初めて見るものに好奇心いっぱいでキラキラしてみてますよね!

この気持ち、持ち続けられるといいなあと思います。
| 2009/02/21 11:46 PM
reeさん
コサージュ作り、楽しかったですよ〜♪
私でも出来たので、reeさんも機会があったらどうぞ☆

ななしさん
コメントありがとうございます。
どなたかな?
大人になっても、良い意味で子供の心を持ち続けられる人でありたいですよね。
アロハ | 2009/02/23 12:19 PM
プリザーブドフラワー素敵★
私むかしドライフラワーのアレンジの仕事してましたが、
プリザーブドフラワーって本当に生みたいなまま、
数年もつんだよね。
あ、直射日光と湿気には注意です。

演じるっていいですね!
マイコ | 2009/02/24 7:22 AM
マイコさん
>私むかしドライフラワーのアレンジの仕事してましたが
え〜!そうなんですか?
マイコさんって、なんかすごく器用そうですよね。
不器用でセンスも悪い私は、うらやましいです。
マザーグースは、いまだに同じのばかりやらされていますよ〜(笑)そろそろ先に進みたい・・・。
アロハ | 2009/02/26 3:52 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/90
この記事に対するトラックバック