親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 数の敏感期 | main | キャンペーン終了 >>

数と楽しく生活しよう

JUGEMテーマ:勉強のこと


先日は、息子のピアノの発表会がありました。
今月は、週末に何かと予定が入っていて忙しい・・・。

発表会といっても、まだピアノを始めたばかりでドレミぐらいしか弾けないのですが、
先生の連弾のおかげで、それなりに曲になっていました(笑)

最近は、ふざけてばかりで、まともに写真にうつってくれない息子です。

  
              



先日、虹色教室のなおみ先生に記事をとりあげていただきました。
数の敏感期、子供に何も働きかけないでも出てくるものなんでしょうか?

うちの子が数の敏感期になるまで、何もしなかったか、というとやっぱり意識して数は生活に取り入れてきました。


赤ちゃん時代によくやっていたのは、手遊びです。

この頃は、特に数なんて意識していませんでしたが、

「一匹の〜のねずみが〜穴の中〜落っこちて〜
 チュチュッチュチュチュチュチュッチュチュ 
 チュチュッチュチュチュチュチュッチュチュッチュ 大騒ぎ〜大騒ぎ〜」

という歌(一匹ずつ増えていく)なんかは、数がわかりやすい歌ですね。


幼児教室に通っていた頃は、先生がよく

数の暗唱ができることよりも、1が一つであるという概念がわかるほうが大事

とおっしゃっていました。

実際、2歳ぐらいのときは「1,2,3・・・」と数えている指と口が合っていないことがよくありました。



それから、おやつを食べているときに

「ひとつちょうだい」とか「ふたつちょうだい」と言って、よく息子のおやつをもらっていました。

子供って面白いな、と思ったのは、数なんてわからなくても、ジュースでもおやつでも、絶対多いほうを選ぶ、という事です。
(食い意地が張ってるうちの子だけ!?)



1,2,3、とまともに数が数えられるようになったら、
「2、4、6、8・・・」

と数えてみたりもしました。
数え方を変えると、とたんに分からなくなるみたいでしたが(笑)


それから、ハムやスライスチーズを食べるときは、半分に折って
「これが2分の1だよ〜」
「もう半分に折ったら?4分の1〜!」と言って遊びます。

うちの子の場合、折り紙よりも食べ物のほうが食いつきがよかったです。
(やっぱり食い意地が張ってるだけ!?)


それから、以前記事にした算数遊び
これは、ほんとおすすめですよ〜。


あとは、絵本ですね。
以前、知識の種まき という記事で紹介しました。



それから、お風呂に入るときはペットボトルと計量カップを持ち込んで、

「さあ、この計量カップ何杯で、ペットボトルがいっぱいになるでしょう!?」

と言って、お湯をはからせたりもしています。
これで、量の概念も分かるかな〜、と期待したりして。



こないだ、家庭教師先のお宅で、小学校6年生の全国学力テストの問題を見せてもらったのですが、その中に

「この中から1kgの重さのものを選びなさい。」
「この中から150c屬量明僂里發里鯀びなさい。」

という問題がありました。

普段の生活の中で、ちょっと意識して重さについても触れてあげると良さそうですよね。


最近はじめたのは、おこづかいです!
といっても、お手伝いをしてくれた日に10円あげるだけですが。

一時期よくしてくれたお手伝いですが、最近はやったりやらなかったり。
お手伝いが定着してほしいな〜、と思ってはじめました。

おこづかいをあげると言ったら、息子は目を輝かせて、

「10回やったら何円?」と聞いてきたので、
「2回やったらいくらになる?」と聞き返したら、
「20円!」
「9回やったら?」
「90円!」
「じゃあ、10回やったら?」
「100円!」
「じゃあ、100回やったら?」
「1000円!」

100円はともかく、1000円がなぜ分かったのか不思議でした。
(偶然かもしれません)

その後も、1万回やったら?10万回やったら?と質問され、
「100万回やったら、1000万円!」と興奮気味でした。

ていうか、100万回やる前に死んじゃうけどね(笑)

でも、お金の価値が分かってない&特に欲しいものがない息子は、
やっぱり毎日はお手伝いができないのでした・・・。

定着させるのは、難しいですね。


だけど、こんな風に楽しく学べるようになったのも、チル大のおかげです♪

お得なキャンペーンを利用して、チルドレン大学で学んでみませんか?


応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育













 
算数 | comments(9) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

数字の取り入れ方がすごいね。
今息子が分数をやってるけど、たまーにつまづいてるんですよ。
そっか・・・こう言う風にやっておけばよかった、と読んで後悔しました。
娘は算数が弱いので、ちょっと真似してみますね。
ree | 2009/03/20 11:29 PM
ピアノ、うちも二人とも習ってました。
発表会、楽しいですよね!
自分が出るのも誇らしいだろうし、緊張するだろうけど、いい度胸だめしになりますね。
うちは個人の先生だったので、高校生さんまでの演奏が聴けたので、良い勉強になりました。

息子さん、可愛いっ☆

記事でアロハさんのブログ、紹介させていただきました。
なにかありましたらおしゃってくださいね。
anon | 2009/03/21 6:14 PM
こんにちは♪お久しぶりです。
数のこと、わがこもとっても今興味がでてきたみたいなので参考になります。数字をみるとなんでもかぞえたがるのって面白いですね。
体操で跳び箱によじのぼってジャンプするっていうのを
やってるときもかぞえはじめちゃって「後ろの子まってるよ〜」って。

ピアノ個人の先生にならってますか?
息子もやりたいんですよね〜どうやってみつけたんですか?(って近所じゃないのにね〜)そのうち評判とか耳にはいってくるものかしらん。
そらまめ | 2009/03/21 8:30 PM
はじめまして
私にも数の概念を子供に教えるのでとっても苦労した経験が有ります
難しいですよね
「何でも良い、ただ覚えれば良いんだ・・・」
というのは簡単なんですが
自分が「数の概念の本質」をどこまで理解しているかを考えると頭が痛くなってしまいました
自分が子供のころにはそんなこと考えなかったのですがね
・・・
良いんじゃないですかね
子供の時には「身体で覚える」でも
「難しいことは大人になってからでも良い
何でも良いから取り敢えず身体で覚える」
それで子供は大きくなっていくんじゃないですかね
とその昔子供を前にして思いました
・・・
もしかしたらそのときに自分が一つ成長したのかもしれませんがね(笑)
のほほん | 2009/03/24 11:38 AM
スライスチーズ,我が家でも早速
やってみます^^

息子は食いしん坊なので
食べ物や飲み物のほうが注目しそうです(笑)

アロハさんみたいに
算数を生活に取り入れるように
親の私も勉強しなきゃ(^^;

またいろいろ教えてくださいね☆
duke | 2009/03/25 8:31 PM
昨日は、ど〜も!!
広島のMickyです。(で、分かるかな??笑)
たどり着きましたよぉ〜♪
すごいすごい!!アロハさん!!!!!
早速、数学ゲームで、感激しまくりです。
しかも、家庭教師なさってるんですねぇー。
なるほどぉ〜。このゲームは間違いなく面白そう。
目を輝かせて食いついてくる姿が目に浮かぶ様です。
Micky | 2009/03/27 10:30 AM
コメント遅くなってごめんなさい!
reeさん
小学生でも、工夫次第でいろんな遊びが出来ますよね。
いろいろ考えるだけでも楽しいので、ぜひお試し下さい♪

anonさん
ブログのご紹介ありがとうございます!
またお邪魔しますね☆

そらまめさん
ピアノは個人の先生に習っていますよー。
もともと私が習っていた(といっても、大人になって始めたのでド下手です)先生のリトミックに通っていて、流れでそのままピアノも習っています。
良い先生に出会えるといいですね。


アロハ | 2009/03/29 11:09 AM
のほほんさん
コメントありがとうございます。
>「難しいことは大人になってからでも良い
何でも良いから取り敢えず身体で覚える」
深いお言葉ですね。
確かに、身体で覚えた事のほうが、後々になっても長く覚えているような気がします。なんでも楽しみながら学べるのが一番ですよね。

dukeさん
細かい分数までは分かっていませんが、何分の1ぐらいは分かったかな?って感じです。
ぜひ、チーズでお試し下さい(笑)

Mickyさん
突然お邪魔して大騒ぎしたのに、暖かく出迎えてくれてありがとうございました!
時々帰省するので、ぜひまた遊んでくださいね!
またブログのほうもお邪魔しますねー。
アロハ | 2009/03/29 11:13 AM
PC調子悪いんですねえ。
うちのメインPCは、もう7年選手ですよ。
一度壊れてハードディスク交換したんです。

なんとなく動作が怪しい今日この頃。ヒヤヒヤもんです^^;

サブのノートはWindows2000で、もっと古いです。
でもこっちのほうが中にあまり入ってなくて動きが速いという(爆)
anon | 2009/03/29 12:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/95
この記事に対するトラックバック