親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< キャンペーン終了 | main | 和久先生の講演会 >>

足し算の敏感期



お久しぶりです♪

あっという間に5月ですね!
うちの会社は、今日からGWです。

息子は幼稚園なので、私は自由時間♪
久々の一人の時間、何をしようかな〜、とワクワクしていたのですが、急にブログ書かなきゃ!と思いました。

そしたら、壊れて放置していたパソコンが奇跡的に動いたので、何かの使命が降ってきたのかな、と一人で感動しています。

ていうか、いい加減パソコン買えよって感じなのですが(笑)


息子は、数の敏感期から足し算の敏感期に移行しつつあります。


頂き物のプリントを突然引っ張り出して、やってみたり。 


          


自分で問題を出して、解いてみたり。


              


書けなかった数字も、いつの間にか書けるようになっていました。

ちなみに、上の丸がたくさんある絵は、スイカといちごだそうです。

私から見るとクラゲに見えるのですが、彼の絵は相変わらず謎・・・(笑)


それから、相変わらずボーリングにはまっていて、ボーリング行きたい!とよく言うのですが、
行くと時間もお金がかかる・・・。

というわけで、たまにカエルのミニゲームで遊んでいます。




このカエルにボールをあてて倒して遊ぶのですが、倒した数と残っている数で10の合成遊びも出来ますよ。

でも、息子は引き算はどうも苦手なようなので、焦らず見守ってあげようと思います。


どうして足し算に興味を持つようになったのか、あまり分からないのですが、数に興味を持った頃に、おこづかいを与えたのも良かったのかなと思っています。

おこづかいは、お手伝いをした日に10円あげています。


「何か買って〜」とねだられた時に、「自分のお小遣いで買ったら?」と言うと、
10円何枚で買えるか、だいたい計算できるようになりました。

そして、おこづかいで買える物は少ない、ということにも気がついたようです。

ちなみに、おこづかいを貯めて初めて買ったものは、





メロンアイスでした。

近くの公園に100円を握り締めて行き、一人で売店まで買いに行きました。

自分で買った、という行為だけでも、息子は嬉しそうでした☆


ただ、おこづかいを与えて失敗だったなーと思うのは、お手伝いを頼むたびに

「10円ちょうだい!」 とせがまれる事です。

お手伝いがお金と引き換えっていうのは、良くなかったかなあ・・・と。

どなたかいいアドバイスがあれば、教えてください。


で、ここまでの記事で何がいいたかったかというと、

子供が興味を持った時に適度に刺激を与えてやると、子供は学ぶことが好きになるんじゃないか

ということです。


自分がやらせたいことにばかり気持ちが向かっていると、子供がやりたい事が見えなくなります。

私も、頻繁にブログを書いていた頃は、息子のやりたいことより、自分のやらせたいことを優先させてしまっていた時がありました。

やらせたい事と、子供のやりたい事が合わないと、お互いイライラしますよね。

でも、やりたい事をやっている時が、一番子供の目が輝いている気がします。

ほったらかしでも過干渉でもなく、子供の興味に添って、適度な刺激を与えてあげるのが一番良いのかな〜、と思い始めた私です。






応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


評価:
---
友愛玩具
---
()
コメント:うちにあるのはこのカエルバージョンですが、3種類の遊びが楽しめるし、小さくて場所をとらないのでお出かけにも便利です♪

算数 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

子供達が帰宅してから、自宅にいる時はPCは調べ物意外触らないようにしてるんですよ〜。
なので学校に行ってる今、貴重なPC時間。

うちもお手伝いをしてお小遣いなんだけど、こう言う風に少額で買えるアイスやお菓子など、近くにあれば・・・といつも思ってます。
お小遣いをあげても使う機会がないと、なかなかお金に対して学べないですよね。
ree | 2009/05/01 11:41 PM
アロハさん

パソコン復活か!?と思ったら
奇跡的に動いたんですね^0^

算数の概念って
やっぱり遊びや欲しいものを買うっていう
身近な行為からつながって
いくのが自然でいいですね〜

おこづかいくれ〜!って
せがまれると、どうしようかなって
思いますよね(^^;

一日一回にするとお手伝い減っちゃうかな?

もしくは、表を作って
何回か(回数を決めて)手伝って
初めて10円とか♪

ハードル高くするとお手伝いを
嫌がっちゃうかしら(^^;
duke | 2009/05/06 12:44 AM
reeさん
>うちもお手伝いをしてお小遣いなんだけど、こう言う風に少額で買えるアイスやお菓子など、近くにあれば・・・といつも思ってます。

アメリカはないんですか?
以前アメリカに行ったときに、ガソリンスタンドの中のお店とかにコンビニみたいなお店があって、そこでちょこちょこお菓子を買ったような記憶があるのですが、もうないのかな?

dukeさん
>ハードル高くするとお手伝いを
嫌がっちゃうかしら(^^;
そうなんですよねー。
もう10円の味をしめちゃってるので。
でも、最近おこづかいのこと忘れてるみたいで、お手伝いしても請求されないので、あんまりあげていません(笑)
アロハ | 2009/05/11 12:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyakononbiri.jugem.jp/trackback/97
この記事に対するトラックバック