親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

絵本から学ぶこと

JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪

今日は、チル大vol3の学びです。

先日、図書館で「ぞうのたまごのたまごやき」 という絵本を借りて読み聞かせをしました。 

このお話は、たまごのすきな王さまのうちに赤ちゃんが生まれ、お祝いに国中の人にたまご焼をごちそうしたいと思い、「ぞうのたまご」を家来に探させる・・・というお話です。


この本を読んでいる途中に、「象ってどうやって生まれるか知ってる?」と息子に聞いてみたところ、

「・・・たまごじゃないの?」という返事が・・・。

息子は、象は卵から生まれると思っていたのでした(笑)

読み終わってから「なーんだ」と言ったものの、よく分かっていない様子。


そこで、動物の図鑑を出して「ほ乳類は、卵じゃなくて赤ちゃんを産むんだよ。象はほ乳類なんだよ。」と教えてあげました。

他にも、卵を産むのはどんな生き物かなーって見てみたり。

図鑑を眺めるきっかけになりました。



それにしても・・・当然知っていると思ったことも、案外知らなかったりするんですね。(うちの子だけ?)


ちなみに、同じ人が書いた絵本で「おしゃべりなたまごやき」という絵本もおすすめです♪


たまごといえば、以前「あれこれたまご」を読んだときは、関西弁にはまりました。

この本はたまごが主人公なのですが、関西弁でしゃべるんです。

それにウケた息子は、しばらくの間

「・・・・やねん。」 とか「 ・・・やん。」とか、エセ関西弁をしゃべっていました(笑)

その時は気がつきませんでしたが、今思えば、そのときにいろんな方言に触れてみたら良かったかなーと思います。



もっと小さい子(2歳ぐらい)には、「たまごのあかちゃん」がおすすめです。

息子が小さいときによく読んでいました。

○○は卵から生まれるんだねー、といったようにお話を展開できるかな?と思います。

(その頃はチル脳じゃなかったので、ただ読み聞かせるだけでしたが・・・)


絵本は、ただ読むだけでも楽しいですが、何かのきっかけで興味を引き出すものにもなりますね〜。

(もちろん、読むだけでも楽しいと思います。
 毎回毎回、あれはどう?これはどう思った?と感想を求めるのは私は苦手なので)


たまごの絵本、他にも「たまごにいちゃん」シリーズや、「ぐりとぐら」、ばばばあちゃんシリーズの「あひるのたまご」なんかもあるし(他にも沢山あります)、たまごつながりで読み聞かせるのも楽しいかも!?



なんだか、たまごの絵本の紹介みたいになってしまいましたね・・・。

みなさんは、読み聞かせで何か工夫をされていますか?

何かアイデアがあれば、また教えてくださいね。





あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育





評価:
寺村 輝夫
福音館書店
¥ 1,260
(1984-01)
コメント:読んでいると、本当に象のたまごがあるような気がしてくるから不思議です。おもしろい一冊です。

評価:
とりやま みゆき
福音館書店
¥ 945
(2007-05)
コメント:たまごの口調が関西弁でおもしろい!自分も関西弁になりそうです。

評価:
神沢 利子
福音館書店
¥ 840
(1993-02-10)
コメント:2歳ぐらいのときによく読んでいました。たまごから、いろんな赤ちゃんがかえる様子を楽しめます。

絵本 | comments(2) | trackbacks(0)

たいせつなこと

JUGEMテーマ:オススメの本
 

なおみ先生の記事「親の接し方が子どもの問題行動の原因になるの? 3」 を読んで、

子どもはシンプルな現実が好き

という言葉になるほどーと思いました。


大人は、持っているもの(学歴とか名誉とかお金とか)に目を奪われて、その人自身が見えなくなってしまうときもありますが、子どもって着ているものとか持っているものとか関係なく、相手をありのままに見ることが出来ますよね。


私も、たまに自分をよく見せようとしますが、息子には見透かされていて、厳しく指摘されたりします。

また、自分が言っていることとやっていることが違ったりする時、子どもはそういうのもちゃんと見ているんですよね・・・。


だから、最近はいいお母さんでいよう、とか自分をよく見せようという気持ちはなくなりました。

(子どもは思った以上に賢いので、お見通しだと思います)


だけど、怒りすぎてしまったときや、自分の方針に迷ったとき、私は絵本を読むようにしています。

こないだたまたま借りた「たいせつなこと」という絵本がすごく良かったので、ご紹介しますね。

この絵本、書いてあることがまさにシンプル。

だけど、心に響く絵本です。

ちなみに息子に読み聞かせたときは「???」状態でした。

これは絵本ではあるけれど、大人に向けてのメッセージかなという気がします。


あとは、「おこだでませんように

これは、怒られる子どもの気持ちを代弁したような本です。

怒りすぎてしまったとき、ああきっと、子どもはこういう気持ちなんだろうなあと思いました。

これも、息子の反応はいまいち・・・。これも意外と大人向けなのかな?


最後は、「いいこってどんなこ?」

うさぎのバニーぼうやがママに尋ねます。

「いいこってどんなこ?」

これも、子育てがうまくいかないときなど、ぜひ読み聞かせてください。

自分にとってのメッセージのように思えます。



子どもを育てるからって、いろいろ難しく考える必要はない。

もっとシンプルに生きてみると、楽になれるかも♪



あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?





応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育




評価:
マーガレット・ワイズ ブラウン
フレーベル館
¥ 1,260
(2001-09)
コメント:書いてあることがシンプルなだけに、奥が深いです。大人の人に読んでもらいたい絵本です。

評価:
くすのき しげのり
小学館
¥ 1,575
(2008-06)
コメント:子どもの気持ちを代弁したような絵本。おこりすぎた時など、はっとさせられます。

評価:
ジーン モデシット
冨山房
¥ 1,260
(1994-11)
コメント:これを読むと、子どもを抱きしめたくなります。ぜひ親子で楽しんでください。

絵本 | comments(0) | trackbacks(0)

本の与え方

JUGEMテーマ:オススメの本


皆さんは、どんなタイミングでお子さんに本を与えていますか?

私は、今まで「自分が」 欲しくなった時に買い与えることが多かったです。

たまたま本屋に連れて行ったときに、息子が欲しいと言えば絵本を買ってあげることもありますが、近所の本屋さんは品揃えが少ないので、アマゾンで買うことが多い私。

特に、図鑑などは、誰かが紹介していたりすると欲しくなって買うのですが、肝心の息子は、自分から図鑑を広げて眺めることは少なかったです。


ところが、最近「こうすればいいんだ!」っていう事に気づきました。(今さらですが・・・)



最近の息子のマイブームは、日本地図です。

お風呂で日本地図を見ながら遊んだのをきっかけに、今度は特産品に興味を持つようになりました。

「栃木県で有名なものは何?」「和歌山県は?」

といったように、次々特産品を聞いてくる息子。

なじみのない県は、私も答えられません。



そんな時、たまたま見ていたドラゼミのHPで、資料請求すると特産品が載った日本地図がもらえると書いてあり、取り寄せました。

(そう、日本地図欲しさに資料請求したのです(笑))





これはこれで、くいいるように見つめていたのですが、

「大阪は何が有名かというと・・・たこやき!」

と言っている息子を見て、

ん?大阪の特産品ってたこやきなの?確かに有名ではあるけど・・・。

うーん、これじゃなんか物足りない・・・。



そこで、息子を連れて本屋に行って、日本について書いてある本を探してみました。

私的には、違う本がいいかなと思っていたのですが、息子が選んだのは

はじめてのにっぽんちずちょう」という本でした。

まあ、自分で選んだんだからいいか〜、と思って結局この本を買ってあげました。



この本、人口ベストテンや川の長さベストテンなんかもあるし、都道府県ごとの特徴がうまくまとめられていて結構良かったです。

簡単なクイズもついていて、答えの所にシールを貼るのですが、それも楽しそうにやっていました。




その時、「そうか、本を与えるのもタイミングがあるんだ」と気づいた私。

やみくもに買い与えるのではなく、興味を持った時に買ってあげると効果的なんだな〜、と。


そうえいば、以前読んだ「ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ」という本にも似たようなエピソードがのっていました。

子供の頃、家族で水族館に行ってすごく興奮していた次の日に、両親が魚の本をプレゼントしてくれてすごく嬉しかったのを今でも覚えている

といったエピソードでした。


チル大のマミーが、「子供が興味を持っている事に関する本を、そっと机の上に置いておく」と言っていたのも思い出しました。


賢い親は、本の与え方にも工夫があるんだな〜、と今さらながら気づいた私です。

だけど、子供が何に興味を持っているか、まずは観察することが大事ですね!


うちではこんな風にしているよ〜、とか何か良いアイデアがあったら、ぜひコメントお願いします♪


チル大には、賢いママがたくさんいます♪
私も毎日刺激を受けていますよ〜。

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?



応援お願いします♪

ログ村 幼児教育




評価:
---
昭文社
¥ 1,680
(2005-11)
コメント:名物や住んでいる動物、建物など都道府県の特徴が分かりやすくまとめられていてお勧めです。

評価:
アンドリュー・J. サター,ユキコ サター
インデックスコミュニケーションズ
¥ 1,575
(2006-03)
コメント:ユダヤ人は賢いといわれていますが、どんな育ち方をしているのでしょうか?その疑問に分かりやすく答えている本です。
絵本 | comments(7) | trackbacks(0)

絵本活用法 その3 クリスマス絵本から学ぶ

JUGEMテーマ:絵本紹介


 

上の写真は、韓国のイルミネーションです♪


気付けば、もう明日はクリスマスですね!
クリスマスといえば、クリスマス絵本ですね☆


息子が去年サンタさんにお願いしたのは、「サンタさんが出てくる絵本」。
なので、うちにもクリスマス絵本がいくつかあります。

なおみ先生おすすめの、「サンタクロースと小人たち」も大のお気に入りなのですが、もうひとつ
さむがりやのサンタ」も息子の大好きな本です。

この2冊は、クリスマスといわず一年中読まされ、さむがりやのサンタにいたっては、セリフを覚えるほど気に入っています。

でも、何かの拍子に、「ひでえ雪だ!」とか「いけすかない煙突だよ」とぶつぶつ言っている息子を見ると、うーん、これってどうなの?と思ったりもしますが(笑)


その中に、サンタさんが「あめにはさかえ〜」と賛美歌を歌っているシーンがあります。

私は、キリスト系の学校に通っていたこともあり、このシーンが出てくるたびに「あめにはさかえ」を歌っていたら、息子も気に入ったらしく口ずさむようになりました。


そこで、どうせなら英語で聞かせてあげよう!と思い、探してみたらJewelが歌っている賛美歌がありました♪






歌詞はこちらです☆

Hark the herald angels sing

Hark the herald angels sing
"Glory to the newborn King!
Peace on earth and mercy mild
God and sinners reconciled"
Joyful, all ye nations rise
Join the triumph of the skies
With the angelic host proclaim:
"Christ is born in Bethlehem"
Hark! The herald angels sing
"Glory to the newborn King!"

Christ by highest heav'n adored
Christ the everlasting Lord!
Late in time behold Him come
Offspring of a Virgin's womb
Veiled in flesh the Godhead see
Hail the incarnate Deity
Pleased as man with man to dwell
Jesus, our Emmanuel
Hark! The herald angels sing
"Glory to the newborn King!"

Hail the heav'n-born Prince of Peace!
Hail the Son of Righteousness!
Light and life to all He brings
Ris'n with healing in His wings
Mild He lays His glory by
Born that man no more may die
Born to raise the sons of earth
Born to give them second birth
Hark! The herald angels sing
"Glory to the newborn King!"



うーん、やっぱり歌手が歌うと素敵♪
私も、歌詞を見ながら熱唱してしまいました。


そして、息子にはキリスト教という宗教があって、教会で賛美歌が歌われていることや、賛美歌にはいろんな歌があること、世界には他にも様々な宗教があることなどを教えてあげました。


そして、「クリスマスってなあに」という絵本を読んで、クリスマスはイエス・キリストが生まれた日であることも話しました。


それから、「名画カード」の中にあったキリストの絵を見せて、キリストの生涯を簡単に説明しました。



・・・が、これが結構難しくて、

「イエス様には弟子がいて・・・」
「弟子ってなあに?」

「それで、弟子に裏切られて・・・」
「裏切るって?何?」

宗教の説明以前に、基本的な言葉がわからない息子でした・・・。


それから、クリスマスの由来も調べてみました。
このサイト、すごくわかりやすかったですよ!

クリスマスって何?


クリスマスカラーである緑は、ツリーに使われる常緑樹から神の永遠の愛やキリストが与える永遠の
命を象徴していて、赤はキリストが処刑されたときに流した血の色をあらわしているなんて、私知りませんでした・・・。


クリスマスは、子供にとってとても楽しい行事ではありますが、その背景にある歴史や宗教を学ぶことで、より豊かな一日が過ごせるのではないかな、と思います。


しんさんiromaさんも、クリスマスについて記事を書いています☆

ぜひご覧くださいね♪



ちょっと話がそれますが、こないだ留学のお世話をしているレイトンママさんから、思いがけず電話をいただきました。

レイトンママさんとは、面識はないのですが、mixiのコミュでカレンダーをプレゼントしてくださるということでちゃっかり申し込み、自分のブログもついでに紹介した私。

それがきっかけで、電話をいただけたのでした。

その時に、
親御さんの中には子供が英語さえ話せるようになればいい、と思ってらっしゃる方もいますが、それは違います。留学することで、文化の違いを肌で感じてほしい。」とおっしゃっておられました。

これには、私も大きくうなづきました。

そうなんですよね。
どんなに英語が流暢に話せたって、例えば「人種差別についてどう思う?」なんて聞かれたときに、
差別って何?って言っているようじゃ相手にされないですよね。

英語育児を始めたころ、私は息子をバイリンガルに近づけることが目標でした。

でも、今は英会話力よりも、話の引き出しが豊富にある子を育てたいな、と思っています。

現に、うちの姉は英語がまったく出来ない両親に育てられましたが、今はアメリカで英語を使って生活していますから、本人がその気になれば何歳からでも英語力は身につくのではないかな、と。

それでもチル大をすすめるのは、ママ自身が英語を教える教材だから親子で楽しく学べるし、ママ自身の英語力もアップするからです。



24,25日は500円で学べるチャンスなので、ぜひお試しくださいね♪

             ↓ 詳しくはこちらをご覧ください

クリスマスキャンペーンのお知らせ




応援お願いします♪
にほんブログ村 幼児教育

             
評価:
レイモンド・ブリッグズ
福音館書店
¥ 1,260
(1974-10)
コメント:息子の大のお気に入りの本です。ちょっとシュールなサンタさんが出てきて面白いです。

評価:
ディック=ブルーナ
講談社
¥ 840
(1982-10)
コメント:かわいいイラストとともに、キリスト誕生のお話がわかりやすく描かれています。

評価:
---
くもん出版
¥ 1,260
(2008-02)
コメント:世界の名画に分かりやすい説明が加えてあるので、子供に見せるときに説明しやすくておすすめです。

絵本 | comments(6) | trackbacks(0)

絵本をもっと楽しもう☆絵本活用法 その2

JUGEMテーマ:絵本紹介


韓国の話も書きたいし、クリスマスの話も書きたいのですが、とりあえず絵本シリーズの続きを書きますね☆


以前読んで、「これやってみたーい」と思っていた本がありました。

それが、「ばばばあちゃんのおもちつき」です。

ばばばあちゃんと子供達が、手軽に炊飯器で炊いたもち米をついておもちを作って、いろんなものをトッピングして食べる・・・というお話。

これ、すごくおいしそうなんですよねー。

が、もち米は買ったものの、やろうやろうと思いつつ、なかなか時間もなくてそのままに・・・。



という事で、お友達を誘って本当のおもちつきに参加しました♪


もち米はこんな風に蒸してあります。




蒸し立てのもち米はこんな感じです。




写真ではわかりにくいですが、まだ一つ一つ米粒が見えています。


そして、みんな交代でおもちをつきました。
息子も参加させてもらいました♪





もち米がおもちに変わっていく様子をそばで見られて、息子も少し感激したようです。

そして、つきたてのおもちは、やっぱりすごくおいしかったです!

が、食べるのに夢中になって、おもちの写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。

ここでは、あんこ、大根おろし、きなこ、納豆を用意してくれていました。

納豆をかけて食べたのは初めてだったのですが、すごくおいしかったです♪


実は、ここには以前TAMAさんと一緒に稲刈りもしに来たのでした。




息子は、稲を刈るよりも稲を運ぶほうが楽しかったみたいです。





稲を刈った場所は、こんな風になっていましたよ。





その後、お友達と棒で遊んだり、知らないおじさんに歌を歌ってもらったり、とっても楽しい時間をすごしました。




家に帰ってからは、ゆっかりんさんのブログで、もち米とうるち米の違いを学びました。
アミロースとアミロペクチンの違いが、すごく分かりやすくまとめてあるのでぜひご覧ください♪

私は、指を使って説明しました。

アミロースの時は指を一本ずつ出します。
「これだと、あんまり絡まらないよね。」

アミロペクチンの時は両手を出して、
「これだと指が絡まるよー!ネバネバー!!」といってくすぐると、息子はゲラゲラ笑っていましたよ♪


こんな風に、絵本から実際の体験へ学びを広げてあげると、子供っていろんな事を吸収していくんじゃないかな〜、と思っています。


詰め込みの知識じゃなく五感を使って得た学びは、きっとお友達との楽しい思い出とともに、ふとした瞬間に蘇るんじゃないかな、と思います。



絵本を読むだけじゃなく、体験するだけじゃなく、そこからちょっと深く学ぶだけで、勉強が好きになってくれるんじゃないかな、そうであったらいいな、と思っています。



ちなみに、家では簡単にもち米の粉でお団子を作りました。



もち米の粉に水を入れてこねて、お団子にしてゆでるだけです。

それに、きな粉とお砂糖をかけたら出来上がり☆




息子と私の分をそれぞれお皿に入れて、数えさせてみました。

すると、息子の分が8個、私が6個ありました。

そこで
「ママの方が2つ少ないけど、いくつくれたら一緒の数になるかな〜?」と聞くと、
「2個!!」
「じゃあ、2つ移動してまた数えてみて。」

当然、私が8個、息子が6個になります。

「今度は、ママの方が多くなったよね。いくつ移動したら同じ数になるかな?」
「・・・1個!」

今度は出来ました♪

いくつあげたら一緒になるか、これ、数を変えたら小学生でも意外と出来なかったりするんですよー。

こんな風に、日常に算数を取り入れてあげるだけでも、お勉強になりますよね。

五感を使った学び、ぜひ取り入れてみてくださいね♪




私のおすすめするチルドレン大学では、

12月24日、25日にお申し込みの方に限り500円で
     2週間(10コンテンツ)おためしいただけます!!

       
くわしくはこちらをご覧ください♪

            ↓
      クリスマスキャンペーンのお知らせ




応援お願いします♪
にほんブログ村 幼児教育


評価:
さとう わきこ,佐々木 志乃
福音館書店
¥ 880
(1998-09)
コメント:いろんな味のおもちを皆で作るのですが、どれもおいしそう♪読むだけでなく、試したくなる本です。
絵本 | comments(7) | trackbacks(0)

絵本活用法 その1 補足

JUGEMテーマ:絵本紹介


本当は違う本をご紹介しようと思ったのですが、今回は前回の補足の記事を書きますね。


前回、「サラダでげんき」をご紹介しましたが、子供に野菜を触らせると、いろいろな学びがあるんですよー。

例えば、じゃがいもやサトイモなんかは、洗うときに土がついていますよね。

「これは、根菜類っていって、土の中に実が出来る野菜なんだよ。
 だから、土がついているんだよね。
 他に、土の中に出来る野菜は、何があるか知ってる?」

って、子供に聞いてみます。

すると、「サツマイモ! レンコン!」など、洗ったことがある野菜を言ってくれます。

学校で、「これは根菜類です。」なんて習わなくても、普段の生活で覚えることが出来ますよね。

また、畑のそばを通ったときなどに、
「あ、白菜は土の上に出来てるね!」
などと、興味深そうに眺めてくれたりもします。

野菜を切るときに、野菜の切り方だって教えてあげられますよね。


もっと、詳しく知りたくなったら、こんなサイトを利用すると良いですよ。


やさい図鑑  
野菜が種類別に分かれていて、写真つきで見やすいです。


野菜辞典
野菜の栄養価や豆知識が載っていて、参考になります。


うちの子は、お絵かきもあまり好きではないし、ドリルのように机に座らせてお勉強めいた事をやらせようとすると、たちまち拒否します。

多分、私がお勉強モードになってしまって、「違う、これはこうやって書くんだよ。」などと、つい口を出してしまうからだと思うのですが・・・。

チルドレン大学に入学するまでは、3歳になったからひらがなを覚えて、ひらがなを覚えたら次は数字を書く練習をして・・・などと、順序良くいろんな事を教えていく事が良いと思っていました。

でも、そうではない、子供の興味に合わせてあげればいいんだ、という事を学び、ドリル類は一切やめ、通っていた幼児教室もやめました。

その結果、教えなくてもカタカナは自然に覚え、最近は漢字に興味を持つようになりました。

そこで、何か漢字を教えてあげようか?」と言ったら、昔購入した「こどもものしり図鑑」を引っ張り出してきて、
「野菜の漢字を教えて〜」と言われました。



・・・が!


「ごぼう・・・ってどうやって書くんだっけ?とうもろこし?ほうれん草?
か・・・漢字が分からない・・・。」


漢字に弱い私は、仕方なく辞書を引き引きノートを書いたのでした・・・。




こんなママでごめんね・・・と息子に謝りたくなった私でした。


チルドレン大学に入学すると、育児の考え方が変わって、子供と一緒に成長できますよ♪

あなたもチルドレン大学で学んでみませんか?


前回韓国に行けなかったので、今日からまた韓国に行ってきます☆
今度こそ、楽しんできますねー。


応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育

 


評価:
永岡書店編集部
永岡書店
¥ 1,050
(2004-12)
コメント:よく目にするものが、英語と日本語で書いてあるので、少し小さい子におすすめです☆
絵本 | comments(8) | trackbacks(0)

絵本をもっと楽しもう☆絵本活用法 その1

JUGEMテーマ:絵本紹介


先日、息子の幼稚園で劇の発表会がありました。
皆、すごく頑張っていてとってもかわいかったです♪




息子達が演じたのは、「サラダでげんき」という本をもとに先生が作った劇でした。

私は、このお話全然知らなかったのですが、小学校1年生の国語の教科書に載っているお話です。

小学生がいるお友達に教科書を見せてもらったのですが、やっぱり家でも読んでみたい、と思って図書館で本を借りました。

本の内容は、病気になったお母さんのために、りっちゃんという女の子がサラダを作ってあげるのですが、そこにいろんな動物が登場して「何々を入れるといいですよ」とアドバイスするというお話です。
(ちなみに息子は猫の役でした)


何度か読んでいるうちに、「このサラダ、家で作ってみようか。」という事になりました。

材料は

キャベツ
きゅうり
トマト
かつおぶし
ニンジン
とうもろこし
ハム
砂糖
昆布




です。

要するに、ただ切って混ぜ合わせるだけのサラダです。
これなら、息子にも作れそう!

というわけで、材料だけそろえ、息子に一人で作ってもらいました。




3歳前から包丁を使っている息子は、わりと楽々と野菜を切ってくれました。

ついでに、息子が切っているそばで、私は動物達のセリフを言って楽しみました。

そして、出来上がりがこちら。





ま、まあ見た目は微妙ですが、4歳児が作った料理としてはまずまずですよね?

シンプルな味付けですが、味もとってもおいしかったです♪


子供って、絵本が大好きですよね。
息子も、絵本を読んでもらうのが大好きです。

でも、ただ読むだけじゃもったいないですよね。

幼稚園で劇を演じたことや、こうしてサラダを作ったことで、絵本の思い出がより鮮明に記憶に残るのではないかな、と思っています。

何より、一人でサラダを作った満足感や、おいしいねと言ってもらえた喜び、こうした楽しい時間を過ごすことで、ますます絵本が好きになるのではないかな、と思います。

もっと小さいお子さんなら、包丁を使わずに、レタスをちぎったり、盛り付けをお願いすると喜ぶんじゃないでしょうか。

ちなみに、息子はサラダ作りにハマったみたいで、「今日もサラダでげんきのサラダ作るー」と言って、何度か作ってくれました。

もう少し小さい頃は、「しろくまちゃんのホットケーキ」にハマって、ホットケーキを混ぜるのが、息子の仕事でしたよ。

お手伝いの利点については、過去の記事をご覧下さいね☆


次回も似たような感じですが、その2を書きますね〜。


応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育



 

評価:
角野 栄子
福音館書店
¥ 840
(2005-03-10)
コメント:この本の通りにサラダを作ったら、本当においしかったです♪ぜひ読んで楽しんでくださいね。

評価:
わかやま けん
こぐま社
¥ 840
(1972-10)
コメント:定番なので、みなさんご存知だと思いますが、何度読んでも飽きない本ですよね。

絵本 | comments(14) | trackbacks(0)

最近ハマっている絵本

JUGEMテーマ:絵本紹介


今日は、記事を読む前にポチっとお願いします☆
私が使っているJUGEMの設定が変わり、絵本の表示位置がうまく設定できないからです〜。
お手数ですが、応援お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


チルドレン大学では、ただいまキャンペーン実施中!

10/1〜10/10までにチル大メンターの私を通じて入校された場合
通常Amazonギフト券2000円分のところ
なんと3000円分プレゼントしちゃいます♪

チルドレン大学って何?という方は、コチラの記事をごらんください☆


では、本題に入ります。


最近、私と息子がハマっている絵本・・・それは、落語絵本です。

今回も図書館で借りてきたので、たくさん紹介しよう!と思ったのですが、私が使っているJUGEMの設定方法が変わり、なんと3冊までしか紹介できないとか・・・残念です。



この落語絵本、大人の私でも思わずぷぷっと噴出してしまう面白さがあります。

どんな人が書いているのかなーと思ったら、コチラに載っていました。

鳥の島という本は読んだことがなかったのですが、これも面白そうですね。

このインタビューの中で、こんなメッセージがありました。



僕の子育て論が僕の言葉で書いてあります。

「頭をなでてそだてて、わるい人間になったものはいないんで、
笑い声のする家が、いちばんいいようです。」

とね。奥付のメッセージも、目を通していただけるとうれしいです。


普段は、書いている作者の気持ちなどあまり考えたことのなかった私ですが、
書き手のメッセージを受け止めて読み聞かせをすると、
また違った趣があるのかなあと思いました。



裏表紙にも注目してほしい。
『はつてんじん』の親子は、足並みがそろっていてそっくりだけれど、『じゅげむ』の子どもたちは足並みがばらばら

「ひとりひとりそれぞれの歩き方がある
というメッセージなんだ。

そうか・・・裏表紙までは見ていませんでした。

大人になって読み聞かせをすると、つい字ばかりを目で追ってしまい、細かい絵の描写まで見ていなかったりします。


たとえば、「しろくまちゃんのほっとけーき」という有名な絵本がありますね。
私の息子もこの絵本が大好きで、私も暗記するぐらい何度も何度も読みました。

・・・が、こんなに何度も読んでいたのに、気がつかなかったことがあります。

それは、

ホットケーキを作る時、食べる時、片付ける時にくまちゃんのエプロンが変わっていること

です。
きっと、汚れたからエプロンを変えたということなんでしょうが、私は全く気づきませんでした。

気づかなかったわー、という方は、ぜひ読み返してみてくださいね。


絵本を読んでいると、特に小さな子は同じページを見たがったり、読んでいる途中でページをめくったり、親が思うようには読ませてくれなかったりします。

私も、息子が小さいときは「まだ読んでるんだから、めくらないでよー」とよく言っていました。

でも、大人は目で字を追いますが、子供は絵を見て楽しんでいるんですよね。

続きが気になったり、好きな絵があったりすると、そこが見たくなるんですよね。

よく読み聞かせで、
「子供が最後まで話しを聞いてくれない」とか「じっとしてない」とかいう悩みがありますが、そこで読み聞かせをやめてしまってはもったいない!と思います。

その時期その時期の成長に合わせて、親子で絵本を楽しめるといいですね。



息子と私がお気に入りの落語絵本、以下に紹介しますね。
他にも面白い本がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいねー。


評価:
川端 誠
クレヨンハウス
¥ 1,260
(1996-03)
コメント:有名なお話、まんじゅうこわい。子供でも、話のオチがわかるらしく、何度も「読んで〜」と持ってきます。
Amazonおすすめ度:

評価:
川端 誠
クレヨンハウス
¥ 1,260
(1994-11)
コメント:人使いが荒くて有名なご隠居さん。怖がらせようとやってきたばけものたちでさえ、こき使います。おばけが怖い息子も、わはは〜と思わず大爆笑してしまう絵本です。
Amazonおすすめ度:

評価:
川端 誠
クレヨンハウス
¥ 1,260
(1996-12)
コメント:口がうまく、悪知恵が働く金坊とお父さんのやり取りが笑えます。息子より、私が大爆笑でした。
Amazonおすすめ度:
絵本 | comments(10) | trackbacks(0)

子供の疑問に答える本

JUGEMテーマ:オススメの本


前回のフィボナッチ数列の記事、よく分からないという声がチラホラ・・・。
私の説明不足ですみません・・・。
自分の言葉で分かりやすく説明できるとよいのですが、そこまでの理解が追いついていない部分もあり、うまく説明できません(悲)

コメントのところで、yuyuさんがサイトを紹介してくれたので、貼り付けておきますね☆

黄金比のいろいろ

自然科学観察コンクール

他にもないかなと思い、探してみたのがこちらです。

枝分かれはフィボナッチ数列

まつぼっくりの研究

目の感覚を利用しよう

少しずつでも勉強して、私も理解を深めようと思います。

でも、子供にはここまで完璧に教えなくても良いと思うんですよ。
フィボナッチ数列や黄金比が、身近にあふれてるよ、不思議だね〜
っていう程度でも良いと思っています。
学ぶことって楽しいと思えることが、まず第一ですから。


ところで、お子さんに「なんで?」って聞かれて答えに困った時ってどうしていますか?
どうやって調べていますか?

パソコンだと、いちいち立ち上げてネットにつなげるのに時間がかかりますよね。
ネットにつないでも、すぐに答えが見つかるとは限らない。
その間に、子供は飽きてもうどこかへ行ってしまう・・・って事はないですか?

そんなときは、やっぱり本が便利ですよね。
辞書みたいにさっとひけて、ついでに他のページも見ても楽しいし。

うちで使っている本を紹介しますね。


実は、以前も紹介したのですが、また紹介しちゃいます!
フィボナッチ数列も、分かりやすく写真つきで説明してありますよ〜。

目で見る数学―美しい数・形の世界
目で見る数学―美しい数・形の世界Johnny Ball 山崎 直美 さえら書房 2006-09売り上げランキング : 151307おすすめ平均 starstar美しい数学の世界へようこそAmazonで詳しく見る by G-Tools



まさに、子供の疑問に答える本です。
素朴な疑問と解答がたくさん載っていて、すごく参考になりますよ♪

親も子も「わかった!」 パパが教える科学の授業
親も子も「わかった!」 パパが教える科学の授業石森 愛彦 おすすめ平均 stars面白い実験は載ってないstars今更聞けない...けど、知りたい!!stars子供と向き合う本ですstars親が読むべき本starsこんな本がほしかったーAmazonで詳しく見る by G-Tools



夏休み前に、幼稚園で購入しました。
「セミはどうして鳴くの?」「スイカの種はどのくらいあるの?」といった、夏ならではの疑問に答える本です。

夏のなぜなにブック―子どもの100の疑問に答える! (別冊家庭画報―ワンダー夏の本)
夏のなぜなにブック―子どもの100の疑問に答える! (別冊家庭画報―ワンダー夏の本)武田 正倫世界文化社 2003-07売り上げランキング : 268406Amazonで詳しく見る by G-Tools


疑問に答えるというか、子供と一緒に眺めているだけで勉強になります。
いろんな用語が載っていて、見るだけでも面白いですよ♪

21世紀こども百科(全1巻) 〔第2版 増補版〕 (World watch)
21世紀こども百科(全1巻) 〔第2版 増補版〕 (World watch)羽豆 成二小学館 2002-07-01売り上げランキング : 17818おすすめ平均 starstar毎日見ているので高くない!starわからないことを調べるというより・・・starこどもの好奇心を満たす本Amazonで詳しく見る by G-Tools



科学について分かりやすく説明してあり、家庭で出来る実験も載っているので、科学が苦手な私でも楽しめます♪科学の師匠、yuyuさんもおすすめです。

21世紀こども百科 科学館
21世紀こども百科 科学館小学館 1998-06売り上げランキング : 10736おすすめ平均 starstarこの本を読んで育ちましたstar科学への興味が湧いてきますstarこどもも大人も楽しめる実験がいっぱいAmazonで詳しく見る by G-Tools




他にも図鑑は何冊かあるのですが、知りたいことがぱっと引けるので、結構便利ですよ♪
なるべく引っ張り出して、元を取ろうと思っています(笑)

もっと良い本があるよ〜、という方があれば、ぜひ紹介してくださいね。


一日一回、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

絵本 | comments(7) | trackbacks(0)

絵本コレクション

JUGEMテーマ:絵本紹介


皆さんのお子さんは、お気に入りの遊びがありますか?
息子が最初にはまったのは、電車でした。
当然、選んでくる本も、電車が登場する本ばかり・・・。

私としては、いろんな本を読んでほしかったので、買ってあげない事も多かったのですが、いつの間にかいろんな電車の絵本が集まっていたので、ご紹介しますね。

初めに与えた電車の本です。
シンプルだけど、繰り返し出てくる表現が子供にはうけるみたいです。

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)安西 水丸おすすめ平均 starsシンプルでかわいいところが好きですstars『2ヵ月からの読み聞かせ』stars「がたんごとん」でのりのりにstars絵本デビューしたての4か月の息子にstarsリズムがここちよいAmazonで詳しく見る by G-Tools


前からも後ろからも読めて、景色が変わっていく様子が楽しめます。

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう
でんしゃでいこうでんしゃでかえろう間瀬 なおかたひさかたチャイルド 2002-01売り上げランキング : 29884おすすめ平均 starstar運転手さんが見えないんです。。。。star「やまのえき」から「うみのえき」へstar電車好きの子には最高の1冊Amazonで詳しく見る by G-Tools


この本を読んで、一時期貨物列車の運転手になるという夢を抱いていました。

かもつれっしゃのワムくん (のりものえほん (8))
かもつれっしゃのワムくん (のりものえほん (8))関根 栄一小峰書店 1984-01売り上げランキング : 270525おすすめ平均 starstarお話のテンポが最高star何十回も読まされました。Amazonで詳しく見る by G-Tools


電車の絵本ではないですが、電車に乗ってお出かけする話です。
息子のお気に入りの一冊です。

こんとあき
こんとあき林 明子福音館書店 1989-06売り上げランキング : 6225おすすめ平均 starstarかわいいstarいつか訪れる別れの前にstarあきちゃんに・・・Amazonで詳しく見る by G-Tools


2歳ぐらいのころ、この絵本を読むと「しゅっぱーつしんこう!」とよく言っていました。

しゅっぱつ しんこう! (福音館の幼児絵本)
しゅっぱつ しんこう! (福音館の幼児絵本)山本 忠敬福音館書店 1984-01売り上げランキング : 92101おすすめ平均 starstar絵本ステップアップ期にstar列車の絵本starしゅっぱつ しんこう♪Amazonで詳しく見る by G-Tools


男の子が夢だった運転士になるお話です。
自分と重ね合わせて、物語を楽しんでいました。
しゅっぱつ しんこう! (のりものえほん (10))
しゅっぱつ しんこう! (のりものえほん (10))三田村 信行小峰書店 1985-01売り上げランキング : 60651おすすめ平均 starstar読み聞かせていて楽しいstarぼく うんてんしさん!!star運転手になれるよAmazonで詳しく見る by G-Tools


これは、電車のお話ではないのですが、ねずみたちが電車の列を作って学校に行くお話しです。ネズミ達がとってもかわいく、息子も気に入っていました。

ねずみのでんしゃ (ひさかたメルヘン 27)
ねずみのでんしゃ (ひさかたメルヘン 27)山下 明生ひさかたチャイルド 1982-10売り上げランキング : 123807おすすめ平均 starstarちゅうちゅう、ごうごう!starねずみの絵がかわいい、ほのぼのとした絵本star新年度にぴったりAmazonで詳しく見る by G-Tools


少し、長いかな〜と思いましたが、意外とくいついて聞いてくれました。
自分の英語の勉強にもなります。

The Little Engine That Could
The Little Engine That CouldGeorge Hauman Doris Hauman Grosset & Dunlap 1978-06売り上げランキング : 10015おすすめ平均 starstar発音のリズムに親しみ、アメリカを知るための必読書Amazonで詳しく見る by G-Tools


今は、最近購入したこどものともの「でんしゃがまいります」という本を愛読しています。アマゾンにはありませんでしたが、書店で見てみてくださいね。

他にも、トーマスシリーズはたくさん読みました。
図書館で借りた本も入れると、電車絵本は結構読んでるかも!?

でも、以前の私は、「電車オタクになってほしくない」という勝手な思いから、あまり電車をつきつめてあげられませんでした。
もっと、興味のあることを伸ばしてあげれば良かったなと反省しています。

今でも電車は好きなのですが、今の息子の興味は・・・天気予報。
将来の夢は、気象予報士だそうです。
次こそは、興味を広げてあげられるようがんばります。





読んでいただいてありがとうございます♪
一日一回、ポチっとお願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ


絵本 | comments(8) | trackbacks(0)