親子でのんびり家庭教育@チルドレン大学

早期教育には興味津々、でも3日坊主ののんびりママがチルドレン大学と出会い、
好奇心旺盛な息子と一緒に、勉強中。
日々の学びや、子育てのほのぼのエピソードを紹介します。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

積み木で楽しく遊ぼう☆ ボーリング編



新型インフルエンザ、ものすごい勢いで広がり、関西の学校は一週間休校になった学校もたくさんありますね。

個人的には、弱毒性だし、そんなに騒がなくても大丈夫なんじゃないかな〜、とのんびり構えています。

ご心配な方は、インフルエンザ情報サービスというサイトを見つけましたので、ご覧くださいね。


学校が休校になるということは、子供が家にいるというわけで・・・。

ずーっとおうちにいると飽きますよね〜。

私は自分がお出かけ大好きなので、お休みの日はいつもどこかへは出かけているのですが、
先週末はあいにくの雨。

天文台に行く予定もなくなり、息子も今日はお外行きたくない、というので久々におうちで一日過ごしました。


うーん、何して遊ぼうか?

「じゃあ、積み木でボーリングして遊ぼう!」 と私が言うと、

「えーやだよ、だってボーリング場では機械がピンを立ててくれるんだよ。
 自分でやるの面倒くさいじゃん。」

「めんどくさいって・・・。(何様だよー) じゃあ、変わりボーリングをして遊ぼうよ。」

「何それ?じゃあ、ママがやってね。」

というわけで、あまり乗り気じゃない息子の変わりに私が積み木を立てました。

始めはこんな風に・・・。







息子も、楽しんでいたので、お次はピンを高くしてみました。




だんだんのってきた息子は、ついに自分でも組み立て始めました。

建物みたいな形。



ボーリングというより、もはやオブジェ?




これは、以前作ったものですが、これもボーリングのつもり。




いくらボーリングが好きだからといって、ボーリング場ばかり連れていくのは芸がないですよね。

こんな風に、子供の好きなことと組み合わせて遊ぶと、おうちでの積み木遊びも楽しくなるかも!?

それにしても、やっぱり子供の方が発想が豊かだなあ・・・。



チル大のママたちも発想が豊かですよー。

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?




応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


知育 | comments(3) | trackbacks(0)

和の行事を楽しもう



週末は、 友達の結婚式で実家に戻っていました。
とってもかわいくて幸せそうな友達を見て、私も幸せな気分に♪
高校卒業以来初めて会った友達もいて、同窓会気分でかなり盛り上がりました☆
やっぱり同級生っていいですね。

息子は近所の子と遊んだり、叔母の家のそばで椎茸や土筆をとったり、梅を見たり、春を感じることが出来ました☆

最近また寒くなりましたが、梅がきれいでした。




椎茸おいしかったです☆




つくしは少ししか取れなかったので、こっちに戻ってから
「もっと食べたい!」と息子に言われたのですが、公園に行く暇がないので
「幼稚園の遠足で探しておいで〜」とごまかした私・・・。





さて、昨日はひなまつりでしたね。

うちは男の子なので、雛人形もありませんが、やっぱり行事は楽しみたいですよね。

そこで、息子と一緒に折り紙で雛人形を作りました。




参考にしたのはこのサイト

おりがみくらぶ


このサイト、アニメーション付で、折りかたがよく分かるのでおすすめです!
そして、わりと簡単に折れるものが多いんですよね。

少し前までは折り紙に見向きもしなかった息子も、楽しんで折れました。


それから、「和の行事えほん」で、ひなまつりについて少しお勉強しました。

今度、はまぐりで貝合わせをやってみたいな〜、と思っています。

こちらのサイトで、本格的な作り方が見られますよー。

まあ、とてもまね出来ませんが、見るだけでも楽しめますよ。



絵本では、アウレア通信で紹介されていた「もりのひなまつり」を読みました。

アウレア通信教育って、実はどんなものかよく知らないのですが、私はとりあえずメルマガだけとっています。
メルマガは無料なので、興味のある方は購読してくださいね☆



そして、夜はももいろ寿司を作って食べました。
(画像はyahoo動画からとりました。動画が見られるので良かったらどうぞ)




これ、黒豆と一緒に炊いたごはんに、合わせ酢を混ぜるとごはんがピンク色に変わるんですよー!
といっても、劇的に変わるわけではなく、ほんのりでしたが、息子も感激していました。

が、なぜ色が変わるのかは不明・・・。
誰かご存知でしたら教えてください。(自分で調べろよ!って感じですね)

黒豆の成分と酢が反応するのかなー、と息子と話しながら食べました。(適当だな〜)
作り方も簡単なので、ぜひお試しくださいね。


ひなまつりの由来 なんかも、少しずつ勉強していきたいな、と思います。


小学校受験にも年中行事対策なんてあると思いますが、そんな事のためではなく、日本人として生まれたからには、四季を感じたり、季節の行事を楽しんだりしたいな〜と思います。


私は、子供を英語漬けにして、ただ英語を話せるようになることだけが国際人だとは思っていません。

やっぱり、自国の文化を知って、伝えていけるような人になってもらいたいな、と思います。


が、私が日本の行事に詳しいかというと、決してそんなことはなく・・・(汗)

今まで、何気なくすごしてきた部分が多いので、これから少しずつ息子と勉強していこうと思っています。


なにかおすすめの本やサイト、イベントなどありましたら、ぜひ教えてくださいね♪

あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?




応援お願いします♪

にほんブログ村 幼児教育


評価:
こいで やすこ
福音館書店
¥ 840
(2000-02-10)
コメント:ねずみおばあさんが、森の子ねずみ達のためにお雛様を森に運ぶ、かわいいお話です。

評価:
高野 紀子
あすなろ書房
¥ 1,680
(2006-06-26)
コメント:日本の代表的な行事について、わかりやすく説明されていておすすめです。

知育 | comments(5) | trackbacks(0)

紙作りから学ぼう

JUGEMテーマ:子供と一緒に遊びまくる━━d(。ゝω・´)━━!


ご訪問ありがとうございます。
今回も、先に応援お願いします♪


にほんブログ村 幼児教育





幼稚園に通っていると、春によく絵本の定期購読の紙をもらってきませんか?
息子が通っている幼稚園でも、いろんな会社のパンフレットを頂きました。

でも、いいなあと思う絵本のセットには、たいてい1,2冊持ってる本が混ざってる・・・。

というわけで、私は絵本ではなく学研のキッズサイエンスを注文しました。
このセット、値段も安いし結構楽しめるんですよー。

12月号は、かみづくりセットでした。





作り方は簡単。
大きめのペットボトルに水を500mlぐらい入れて、付属のパルプをはさみで切ります。
その上にでんぷんのりを載せて、ペットボトルに入れます。



そして、パルプがとけるまで振ると、水が白くにごります。



トレイの上に流して水を切ったら、ビーズや絵の具など好みでアレンジして・・・




タオルではさんで乾かした後、窓に貼って1日乾かしたら出来上がり!

・・・が!


出来上がりの写真を撮ろうと思ったのに、すでに息子が飾りもはずし破いていました(悲)



せ、せっかく作ったのに、なんで破いたの〜??

「・・・だって、やりたかったから」

まあ、気持ちは分からないでもないけどね・・・。

これ、破らずに切手を貼ればはがきとして使えるんですよ。

今度作ったときは、破らせないで、どこかに手紙を出そうと思います☆




紙、と一言でいってもいろんな紙がありますよね。


和紙が出来るまで や 段ボール箱のできるまで なんかを見るのも面白いですね。



紙といえば、お札も紙ですよね。

国立印刷局のキッズコーナーは、お札の作り方や歴史が見られるので面白いですよ。

お札の原図が、工芸官という人の手書きだったのは初めて知りました。



もう少し大きい子なら、お金の流れや金融の話をしてあげるのもいいですよね。

お小遣いを与える前に、世の中のお金の流れを把握しておくといいかもしれません。

キッズマネーステーションでも、会員になるとお金に関する情報がたくさん見られますよ♪



手先が器用な子なら、紙工作も面白そうです。



紙といえば、広辞苑は約1万語を新たに追加したが、辞書の厚みが変えられないため、
薄くて丈夫な紙を作るために、紙にチタンを入れたそうです。


まだ何も作ってはいませんが、下にあげた牛乳パックの本も面白そうな工作がたくさん載っていましたよ☆

紙だけでも、いろんな学びがありますよね。


ちょっと話は変わりますが、お金つながりという事で書いてみます。

mixiのコミュで小学校受験の話題が出ました。
その中で、こんな意見が。

「現在は子どもの時が大事と煽られ
幼児期に高い英語教材や幼児教材を買い、塾に行き、
高い授業料の小中学校に行って、
いざ、大学!って時に、親にお金がないなんて悲劇も多々あると
現在は言われてます。 」


皆さんは、この意見どう思われますか?

私は、チルドレン大学に入っていなかったら、まさにこの道をたどっていたかも・・・と
ぞっとしました。

反論でも良いので、ぜひ意見を聞かせてくださいね。




チルドレン大学に入学すると、いろんな情報に惑わされて次々と教材を買ってしまう(過去の私)という無駄遣いがなくなりますよ〜。

賢いチル大ママたちの意見も聞けるし、少しずつですが、本当に必要なものかどうか見極められるようになってきます。


あなたも、チルドレン大学で学んでみませんか?


評価:
宮下 英雄
少年写真新聞社
¥ 1,995
(2004-03)
コメント:ちょっと準備は面倒ですが、面白くてためになりそうな工作がたくさん載っていておすすめです。
知育 | comments(12) | trackbacks(0)

砂絵から学ぶ

JUGEMテーマ:幼児教育


いつもありがとうございます。
今回も、先に応援お願いします☆



 にほんブログ村 幼児教育




今日、プリスクールのハロウィンイベントの話題を書こうと思ったのですが、ビデオカメラで写真を撮ったため、うちの古いパソコンではSDカードを認識できず画像がアップできませんでした・・・。

PC音痴の私には、そういう場合どうすればよいのか分かりません(悲) 
ということで、もしかして期待されていたらごめんなさい。


ちなみに、イベントでは透明の手袋にポップコーンやキャンディーコーンを詰めて、

魔女の手を作ったり(ほんと手に見えるんですよ!)、ドライアイスで蒸気がもくもくとあがったお鍋の

中にジュースを入れて魔女のジュースを作ったり、子供だけでなく私も大感激でした!

スクールで撮った写真がアップされたら、また紹介しますね〜。




ということで、話題を変えて・・・。

今日、息子と砂絵を作りました。



作り方は簡単。

砂絵セットを買ってきて、シールをはがして順番に砂を載せていくだけ。

多少砂がバラバラこぼれますが、幼児でも簡単に出来ますよ☆


でも、これだけで終わるのはつまらない・・・。

ということで、砂絵について調べてみました。



砂絵と聞いてまず思い浮かべるのは、砂曼荼羅ですね〜。





私が初めて砂曼荼羅の存在を知ったのは、ブラピの「セブンイヤーズインチベット」でした。

修行を積んだチベットのお坊さん達が一週間ほどかけて作る砂曼荼羅。

苦労して作りあげる作品は見事なものですが、お経を唱えると壊してしまいます。

「あ〜・・・もったいない!」というのが正直な感想です。



このサイトに作り方が載っていますよ〜。

砂曼荼羅には、石英質の石が使われているから、キラキラ光ってきれいなのですね。

写真を見るだけでも、本当に気の遠くなるような作業だというのが分かります。


砂曼荼羅だけではなく、バター彫刻というものもあるんですね。



こちらも素晴らしいです。


ところで、どうして砂曼荼羅は壊すのでしょうか。



チベットでは、寺院や団体が何らかの発願をし、その成就を願って執り行なう儀式の中で砂曼荼羅が作成されます。
僧侶たちは瞑想の中で本尊の浄土(曼荼羅)を観想すると同時に、砂曼荼羅という物質的な浄土をも制作します。
精神と物質の二つの曼荼羅が完成したところで、儀式によって本尊(今回の場合は観音菩薩)を曼荼羅に招き祈願をします。
無事に祈願が終わったところで、本尊には再び本物の浄土にお帰りいただき、
制作した砂曼荼羅は一粒一粒の砂にもどして川に流します。

砂曼荼羅を壊すという行為には「すべては無常であり、空である」という仏教の教えが表現されているのです。


無常・・・万物は生滅流転し、永遠に変わらないものは一つもないということ。

無常と聞いて思い出すのは、

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」

ですね。

桜のようにはかないものを美とする日本人は、知らず知らずのうちに仏教の教えを受け継いでいるのかもしれませんね。


ダライ・ラマやチベットについて学びたい方はコチラ
イベントや講演もあるようです。


砂絵ではありませんが、一度行ってみたいのは島根の仁摩サンドミュージアムです。
砂時計や砂のオブジェが、魅力的です。


香川には、銭形砂絵というものもあるのですね〜。
ライトアップされた写真がとてもきれいです。


もう少し大きくなったら、グラスサンドアートにも挑戦してみたいです☆


こうしてみると、砂絵だけでもたくさんの学びがありますね〜。



すべては無常であるという言葉にあるように、変わらないものは一つもない。

とどまっているものなんて何もない。

人間は、欲張りな生き物だから、「もっと〜だったらいいのに」って、常に不満を抱いているようなところがありますよね。

子供に対しても、「もっと礼儀正しくなってほしい」「もっと賢くなって欲しい」と、自分の理想を追い求めてしまうところがあります。

でも、大事なことは、頭がいいとか悪いとかお金があるとかないとか、そういうことではないのですよね。

青い鳥にあるように、理想ばかりを追い求めていると、目の前にある幸福に気づかないまま過ごしてしまうかもしれません。

人生ははかないからこそ、今ある幸せを感じながら、縁があって出会えた人達を大事にしていきたいな、と思いました。

まずは、つまらない事で怒ったりしないで、パパと息子にもっと優しくしないといけないな〜、
と反省した私です・・・。

 


評価:
---
角川ヘラルド・ピクチャーズ
¥ 3,416
(2005-11-25)
コメント:登山家とダライ・ラマの交流を描いた素敵な映画です。物語だけでなく、美しい風景や音楽も印象的でした。10年程前の公開当時に見て以来、見ていないのですが、また見たくなりました。
Amazonおすすめ度:
知育 | comments(4) | trackbacks(0)

五感を使って遊ぼう その2



今回は、五感を使って遊ぼう その2です。
前回の記事を読んでいない方は、ぜひ読んでみてくださいね。

今回は、ぶどう当てゲームをやってみました。

まず、見た目がよく似ている2種類のブドウを用意して・・・
(左2つが同じ品種のブドウです。よく見ると形が違いますよね)




目隠しして、一番左のブドウを食べます。




そして、目隠しをはずして、においをかいでから残り2つを食べてみます。




さあ、どっちのブドウが同じ種類か分かるかな?
結果は・・・

はずれ〜!

これって難しいのかな?と思い私も挑戦してみると、最初に食べたブドウと2番目に食べたブドウの味の比較は出来るのですが、3番目のブドウを食べると、
「あれれ?どっちの味と一緒なの?」って分からなくなるんです。

私たち親子が味覚音痴なだけでしょうか?
でも、よく芸能人が、高いワインを当てるクイズで間違えたりしていますよね。
人の味覚なんて、意外といい加減なのでしょうか。

聴覚の遊びとしては、
子供に見えないように、何かを持って音を出してみるというのをやってみました。
ビニール袋や手をたたく音、積み木を鳴らす音、カスタネットの音、飲み物が入ったペットボトルを振る音、いろいろやってみると面白いですよ。

息子は、よく耳にする音はすぐに分かりましたが、単行本をパラパラとめくる音は分かりませんでした。
あと、おせんべいを食べて、「さあ、何を食べているでしょう?」というのも分かりませんでした。
やはり、普段あまり耳にしない音は分からないのですね。

あと、これはまだやっていないのですが、2人の人が同時に話しかけて、なんて言っているか聞き取るっていうのも楽しいと思いますよ。

嗅覚の遊びに関しては、目をつぶって鼻をつまんで何かを食べて、何を食べたか当てるというものです。鼻をつまむと、意外なぐらい味が分からなくなりますよ〜。

そして、最後に視覚の遊び
これは、時計や鏡を反射させた光を身体に当てて、
「ほ〜ら、光を捕まえてごらん」と言って、光を目で追わせるというもの。



授業中、時計を反射させて先生の顔を照らしていたのを思い出しますねえ。
(こんな事してたの私だけ!?)

実は、先日食育の講習会に参加したのですが、そこでこのような遊びの一部を紹介してくれたのでした。
目で見て、触れて、嗅いで、会話をしながら味わう。
食事にも、五感を鍛える要素がたくさん詰まっているのですね。

でも、わざわざこんな遊びをしなくても、簡単に五感を鍛える方法があるんです。
それはなんでしょう?



それは、外遊びをすることです。
このサイトに以下のような文章が載っていました。

五感の力を伸ばすには、風のそよぎや、雨や土、木々や草花など、いろいろなものの違いを肌で感じとることです。人や自然とかかわる体験が、子どもたちの感性を豊かにしていきます。
感性の豊かな発達には、遊びは欠かせません。自然の中で、子どもたちがからだのすみずみまで動かす機会を、大人はたくさん保障してやることが大事です。


以前、自然の中で遊ぶ大切さという記事を書きましたが、五感力を育てるにも、やはり外遊びが欠かせないのですね。

だんだん涼しくなって、過ごしやすい季節になるので、たくさん外で遊びましょう♪


一日一回、ポチっとお願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
知育 | comments(13) | trackbacks(0)

五感を使って遊ぼう その1



五感力」って、何かご存知ですか?
五感力とは、視覚や嗅覚などの五感の能力を高める事だそうです。

このサイトに、以下のような記事が載っていました。

現代人は、視覚優位の感覚から、他の感覚が疎かにされている。
よって、嗅覚、聴覚、味覚、触覚などの感覚器官が退化し、自己の危険回避能力、集中力や洞察力などの能力も同様に低下している。

五感力が低下し、欠如すると感覚だけでなく、脳の活性化や鍛錬にも深く変わっている。
現に、五感力の低下している子供達や若者達の多くでは、脳の認知にも異変が生じている。

確かに、テレビやネットも視覚に訴えてくるので、視覚の情報に頼っている部分は多いかもしれません。脳に影響が出たら、大変ですね。

五感力を鍛えるには、どうしたら良いのでしょう。
そこで、こんな遊びをしてみました。

本当は、ダンボールなどの箱に穴を開けると良いと思うのですが、ちょうど良い箱がなかったので、ブロックが入っていたかばんを使いました。

息子には、目をつむってもらい、かばんに何かを入れます。





「中を見ちゃだめだよ〜」と言って手を入れさせ、何が入っているか当ててもらいます。
「さあ、中に何が入っているか当ててみて!」








「・・・たまねぎ!」
「当たり〜!」






日ごろのお手伝いの成果か、野菜は全部当たってしまいました。
うーん、これじゃつまらない・・・。

そこで、息子が普段遊ばないものを入れてみました。
「これ、な〜んだ?」

「・・・綿菓子!」

息子が綿菓子と答えたものの正体は・・・














結婚式のメッセージベアでした〜。
綿菓子よりだいぶ硬いと思うのですが、やっぱり触ったことのないものって分からないものなんですね。

こうやっていろんな物に触れて遊んでいると、触覚が鍛えられるかな?
とひそかに期待する私でした。

次回は、残りの五感を使った遊びを紹介します♪


次の記事も読んでみたいな〜と思ったら、ポチっと押してください☆
コメントいただいた方は、コメントバック&応援させていただきます♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

知育 | comments(6) | trackbacks(0)

手を使った遊び

JUGEMテーマ:幼児教育


以前記事に書いたように、私は家庭教師をしているのですが、
息子はその間どうしているかというと・・・教えている子のお母さんに遊んでもらっています。

その中に幼稚園の先生がいるのですが、いつもすごく上手に遊んでくれるんです。
今回も、工作が苦手な私には全く思いつかないような作品を作ってくれたので、ご紹介しますね。

これ、なんだと思います?

ジュース


ジュースなんです。
ちなみに、中身は細かく切ったストローや、粘土、折り紙などです。
かわいいですよね!

他にも、紙で作った時計や、ノート、アイス、ストローと折り紙で作ったお花など息子と一緒にいろいろ作ってくださり、こんな素敵なお店屋さんが出来ました!

お店屋さん



すばらしいですね!
モンテッソーリにもあるように、手を使った遊びって脳の発達にとっても良いそうですよ。

参照 家庭から始まるモンテッソーリ

せっかくなので、教えていた子も参加させてお店屋さんごっこをして遊びました。

「May I help you?」
「One apple juice and two notebooks, please.」
「Which color do you like?」
「Green.」
「Seventy yen, please.」
「Here you are.」
「Thank you. Have a nice day!」
「You too.」

こんな風にやりとりすれば、英語の勉強にもなりますね☆
ちなみに、お買い物は中1の英語で出てきますよ〜。
(中1の教科書では、ハンバーガー屋さんが出てきます。)

お買い物ごっこが終わった後、なんとなくもったいないので重さ比べをしてみました。

右と左、どちらが重く見えますか?

重さ比べ1

重さ比べ2




実は、どれも同じ重さなんですね〜。(ちなみに19gでした)
量がぜんぜん違うのに、重さが同じなのは質量が違うんだよ〜・・・なんて語ってみましたが、息子はいろいろ積み重ねて重さをはかるのに夢中で全く聞いていませんでしたたらーっ

まあ、楽しかったからいいか〜。
皆さんも、身近なものでいろいろ作ってみてくださいね。

応援お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ




知育 | comments(2) | trackbacks(0)